堂島針灸接骨院ブログ

授業も楽しく受けられています|発達遅滞(6歳 男児)

「言葉の遅れ」と「コミュニケーション能力」を気にされて小児鍼灸治療に来られました。(2年前から当院に来られているお子様)

症状
・言葉の遅れ(単語は出る)
・コミュニケーションが取りにくい

経過
初診の頃は、こちらが質問しても殆ど反応する事がない状態で、返事もしてくれませんでした。言葉も一方的に単語を話すだけでコミュニケーションはなかなか取りづらかったです。

治療を始めて2年、現在は、簡単な質問であれば返してくれますし、「はい」と返事もしてくれます言葉も単語だけではなく二語文、三語文と出ています昨年から小学生1年生になり授業も楽しく受けられている様です

 

▲