交通事故後の治療

「鍼灸整骨院」では、労災、自賠責、任意保険などの交通事故による保険での施術が行えます。自己負担額は0円です。

整骨治療の画像

整骨治療

物理療法(低周波や索引)と手技による治療法です。

鍼灸治療の画像

鍼灸治療

鍼や灸を用いて治療し、
症状によりマッサージや吸い玉もします。

整骨治療、鍼灸治療いずれも自賠責保険で受診することができます。

交通事故治療の手順

交通事故後すぐに病院で検査・診断・治療をしてもらいます。

ご本人様が相手方の保険会社に連絡をし、当院で治療を行う承諾を得ます。

▼

どのような治療法(整骨治療or鍼灸治療)で進めていくのかご相談させていただきます。

▼

事故直後に行かれた病院での診断結果に基づき、どのような症状でどのような治療が必要かを確認します。

▼

ご本人様に合った最善の治療を行います。
生活指導や自宅でできる運動法などのアドバイスも行い、サポートさせていただきます。

▼

症状がなくなり、治療が終了した後も保険会社と連絡をとり、きちんと対応いたします。

交通事故治療の代表的な症状「むちうち」について

交通事故による外傷は、主に打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などがあります。
その中で、もっとも代表的な傷害で賠償上の問題を多く含むのが「むちうち(損傷)症」です。
これは俗称で正式な診断名は「外傷性頚部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」あるいは、軽いものでは「頚部捻挫(けいぶねんざ)」となります。

むちうちはどうして起こる?

人間の首の動きの正常範囲は、一般的に前後方向ともに60°程度とされています。 その運動範囲以上に伸びたりした場合、首の周辺の組織(軟部組織、骨を囲んでいるじん帯など)が伸びたり切れたりしてむちうちの症状がでるのです。

「むちうち症」の症状には個人差があり、事故状況や、被害者の体質・年齢などによっても違ってきます。
事故に合われた方で次の事柄が、一つでも当てはまるものがあれば、信頼できる病院・整骨院で診断を受けることをお勧めします。

むちうちのイメージイラスト
  • 首、肩、頭部の痛み、鈍痛
  • 首の痛みとその周辺(頭部、肩、腕、手など)の放散痛
  • 肩、腕、手などへのピリピリした神経痛
  • 首の可動制限、こわばり
  • 吐き気、おう吐

交通事故・後遺症のQ&A

Q.整形外科などの病院で受診していても接骨院にかかる事ができますか?

はい、できます。ご相談ください。

Q.交通事故の場合、あとから出てきた症状もみてもらえますか?

はい、できます。ご相談ください。

Q.交通事故にあって検査を受けたけど異常なしでした。治療しなくてもいいですか?

いいえ、事故直後に症状がなくてもあとから症状がでてくる場合もあります。
しっかり経過観察をして治療する必要があります。ご相談ください。

Q.交通事故でけがをした場合、鍼灸整骨院で治療をうけることはできますか?

はい。自賠責保険適用で治療費は0円です。
(鍼灸治療に関しては手続きが必要な場合があります。当院にご相談ください)

▲