小児鍼灸治療

当院では大正14年から初代院長の前田喜代松翁の時代から小児の病気に取り組み、難病である小児まひ、けいれん発作、ひきつけ、麻痺、発熱・・に取り組み効果をあげてきました。当院独自の「新脳針療法」により、今までの治療では治らないとされていた脳室周囲白質軟化症(PVL)をはじめとした子どものてんかんや、運動機能の遅れや学習障害(LD)知的障害などの難病の患者様を積極的に受け入れて治療しています。

子どもの画像

子供の病気の特徴は症状が急に現れ、それが思いがけない病気に発展するケースがあります。発育が遅いと思っていたら脳に障害があった・・などということもあります。子供は日々成長していますので、早期に治療を開始されることをおすすめします。

小児鍼灸治療の種類

小児はり

皮膚針療法(刺さないはり)・・・生後40日から

小児鍼灸

新脳針療法(脳神経を施術する刺す針)・・・体重が4~5キロを目安に

小児鍼灸治療は、生後40日目から(刺さない小児はり)開始でき、夜泣き、かんむし、キーキー、夜驚症、夜尿症(おねしょ)などの症状からPVL(脳室周囲白質軟化症)小児てんかん、発達障害(自閉症、アスペルガー症候群その他の障害を含む広汎性発達障害)、発達遅滞(知的障害、精神発達障害、学習障害LD)などの症状を治療することができます。

子供のからだは常に成長し発達し続けています。
したがって子供の病気もその発達や成長の過程に応じて変わってきます。
お子様の症状や発達段階により脳神経への刺激量とポイントを決めていきます。

小児鍼灸治療はこのような症状に対応しています

小児はり療法(皮膚を刺激する刺さない針)

生後40日より治療できます

『前田式小児はり』と称し、当院初代・前田喜代松翁は「もぐら針(MOLE針)」を用い、発達障害など小児のさまざまな症状を治療してきました。

もぐら針の画像
もぐら針の画像

当院が開発した「もぐら針」の「手」による小児はりの刺激は、くすぐったい反面とても気持ちがよく、皮膚に与えられたこの快適な刺激は脳へ伝えられたあと、運動系、知覚系、自律神経系、免疫系、内臓系などへ伝えられ、子供の発育と成長に大きな効果をあげています。

小児はりの治療効果

  • 血流を促進
  • しっかりした筋肉を作る
  • 自律神経の調整、運動神経の発達促進
  • 免疫力の増強
  • 成長ホルモンや副腎皮質ホルモンの調整
  • 幸せホルモン「オキシトシン」の分泌促進など
子どもの画像

小児鍼灸療法(脳神経を施術する刺す針)

体重が4〜5キロを目安に治療できます

小児新脳針治療

「子どもに鍼治療を受けさせるのは怖い・・」と思われる親御様も多いと思いますが、髪の毛ほどのごく細い針を使用し、痛みを伴うものではありません。また「新脳針」は脳の神経細胞のネットワークを広げ細胞を活性化させるため、発達障害のお子さまの成長を促すことが期待できるのです。副作用がないことも大きな長所といえます。

頭部を中心に「新脳針」をして(症状と経過によって手足や身体の必要な部分にも刺します)0.7ミリアンペアの微弱電流(トントンと小鳥がエサをついばむような心地よい刺激)を注入することで神経線維の発達を促し神経ネットワークを広げ、障害された部位の遅れを取り戻し「想像力」「認知力」「コミュニケーション力」「表情力」などが豊かに育つよう、精神面・運動面から成長を促進する治療です。

小さなお子様の脳はまだまだ未発達ですので「新脳針」治療はさまざまな脳神経に関する病気をお持ちのお子様に非常に有効と考えられています。

小児鍼灸適応症

  • 脳室周囲白質軟化症(PVL)
  • てんかん、結節性硬化症
  • 広汎性発達障害 (自閉症スペクトラム・自閉傾向・アスペルガー症候群)
  • 発達遅滞(精神面・運動面)、言葉遅れ
  • 多動、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)
  • コミニュケーションの不足
  • 脳性マヒ(低酸素脳症)発育不全
  • 小児ぜんそく、気管支炎、アレルギー、花粉症
  • キーキー声、奇声、かみつき、夜鷲症(やきょうしょう)
  • チック症、どもり(吃音)
  • 目(斜視、視力低下)、鼻(鼻炎)、耳(難聴)の諸症状
  • 便秘、下痢、食欲不振
  • 夜泣き、かんむし
  • おねしょ(夜尿症)
  • 虚弱体質、偏食、不眠

病名のわからない方もお気軽にご相談ください。

小児治療に当院独自の「新脳針」療法!

当院は初代・前田喜代松翁にはじまり、創業90年を過ぎた歴史のもと、「新脳針療法」により、小児のさまざまな病気・症状に対して積極的に治療を行ってきました。 脳神経の伝達物質(ドーパミン、セロトニンなど)を活性化させ、ホルモンバランスを整え、自律神経の働きを良くすることで、お子様の持つ本来の力を引き出して強化・調整します。

お子様の成長を信じ、少しでも症状が改善するように私たちと一緒に治療を続けてみませんか?
病名のわからない症状の方はお問い合わせください。

治療の流れ

治療時間は約40分です。(初診時は約1時間かかります)

STEP1 問診

STEP1 問診の画像

お子様の身体の状態を詳しく聞き、実際に身体を診て治療方針を決定します。

▼

STEP2 小児鍼灸治療(刺す針 新脳針療法)

STEP2 小児鍼灸治療の画像

大切なツボや神経を選んで針を打ち、必要なポイントに0.7mAの微弱電流を注入します。
必要に応じてお灸もします。

▼

STEP3 小児はり治療(刺さない針)

STEP3 小児はり治療の画像

皮膚刺激をあたえて脳神経を活性化させます。
心地よい刺激は子供達が大好きな治療です。

わくわくポイントスタンプ!

STEP3 小児はり治療の画像

いつも針治療をがんばって受けてくださるお子さまのために
「わくわくポイントカード」が新登場
スタンプを10個ためるとお楽しみのプレゼントがもらえます(●^o^●)♪

当サイトまでたどりついてこのページをご覧いただいているお母様、お父様、保護者の皆様へ

当院では発達障害・発達遅滞のお子様の治療に積極的に取り組んでおり、様々な症状を持つお子様と接する事が多いのですが、まず全てのお母様・お父様にお伝えしたいです、「毎日本当にお疲れ様です・・!」と。

(このサイトをご覧いただいているという事は、お子様の成長に何かできないか?と悩んでおられるとお察しいたします。)

毎日手探りで、色々な不安を抱えながら、お子さまと全力で向き合っておられるお母様・お父様の御苦労は本当に大変なものだと思います。お話しをお伺いしていると、周りの理解を得られない場面もよくあるようで、定型発達のお子様以上に紆余曲折を乗り越えて日々本当に頑張っておられると思います。

当院ではお子様の治療はもちろん、そのようなお母様・お父様の抱える悩みやストレス、不安などもしっかり受け止め、寄り添えるように努めております。少しでも「ホッ」と心がほぐれて「何でも相談できる」と思っていただける・・、そんな院を目指して、スタッフ全員でお子様の成長を応援させていただきます。

どうかお子様の成長を信じて、一緒に治療に取り組んでいきませんか?

お子様の発達が少しでも促進されて、将来の社会生活が送りやすくなるように、治療してみませんか?ご不安なことがありましたら、どんな小さなことでもご相談ください。

堂島針灸接骨院 スタッフ一同

発達障害の治療の画像

使用する針について

当院では主に中国針を使用しています。(お子様には小児用の中国針を用います)
中国蘇州にて日本人の体質に合ったものを特別に注文しているので、しなやかで痛みも少なく治療効果も高いと考えます。
その他にも、より細い針(日本針)をご用意しておりますので「鍼は初めてで不安・・・」という方も安心して受診していただけます。

消毒について

当院で使用する針はオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)にて、132℃ 20分の殺菌・消毒を行っております。
(厚生労働省、WHOの基準通りに行い、感染症の心配はありません)

※特別専用個人針(ご希望により有料で用意いたします)

氏名・有効期限を記入した専用ケースに入れて「殺菌」「消毒」をしっかり行い、厳重に「管理」し「保管」します。
一般使用の針に比べて、刺入時の痛みが少なく、精神的・肉体的にリラックスした状態で治療を受けていただけますので、より一層の治療効果が期待できます。

専用ケースの画像

※ディスポ針[使い捨て針](ご希望により有料で用意いたします)

ディスポ針の画像

当院では、どんな症状でも相談していただき、健康になっていただけるようにお手伝いさせていただきます。

▲