一般(こり・痛み・しびれなど)鍼灸治療

鍼灸治療につきましては、他では治らなかった慢性的な肩こりや腰痛、関節の痛みなどを、当院の鍼灸治療で変化や効果があったというお喜びの声を頂いています。初診時にはカウンセリングを行い、患者様の痛みや不調を解消していただけるよう、治療計画に基づき鍼灸治療を行います。

こり・痛み・しびれなどの一般疾患の症状の緩和・完治から、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・ジストニア・小児のPVL・てんかんなどの難病と呼ばれる症状まで、幅広く対応しております。

鍼灸のイメージ画像

鍼は伝統的な中国医学(東洋医学)療法のひとつです。3000 年以上の歴史があり、人間本来がもつ免疫力を高める治療方法です。
病気になる前、身体は必ず何かしらの信号を出します。それは、「首・肩こり」や、「だるさ」「頭痛」など人それぞれです。この「病気ではないが健康でもない状態」つまり病気になりつつある状態を東洋医学では「未病」と言います。

この時点では「病」はまだ浅いところにいるので、治療による改善はみられやすいのですが、我慢して放っておくと「病」は深いところにいってしまい、治りにくいばかりか、更に大きな病気を引き起こしかねません。

鍼やお灸を使ってツボに刺したり、温めることによって、病気の治療・緩和・予防ができます。

未病の症状

首〜肩〜背中〜腰のコリ、痛み、頭痛、不眠、倦怠感(重だるさ)、頭痛、冷え、便秘、食欲不振、吐き気、手足のしびれや違和感・・・ 等

また、鍼灸治療は、筋肉の痛みや凝りをほぐし、内臓や自律神経やホルモンの働きと全身のバランスを調整、新陳代謝や血液循環を促進、免疫力を強化、体質を改善、自然治癒力を引き出します。

鍼を打つと、眠くなったりだるくなったり、重いような、ズーンとした感じを受けることがあります。(めんげん)といい鍼が人体に良い刺激を与えている証拠です。 また、人によってはポカポカ温かく感じたり、心地よく感じたりします。これが鍼灸治療の特徴です。

お灸治療のイメージ画像

鍼灸治療には薬のような副作用はありませんが、針を打つと一時的に眠くなったり、だるくなったり、ズーンとした重さを感じることがあります。
このような状態のことを瞑眩(めんげん)といい、身体にいい刺激を与えられている証拠(好転反応)です。人によっては、ぽかぽかと温かく、心地良く感じたりもします。これが鍼灸治療の特徴です。

また、丁寧な施術を心がけておりますが、針が毛細血管に触れることにより内出血が起きる可能性がございます。内出血による青あざは約3~10日程で薄くなります。内出血により症状が悪化することはございませんのでご安心ください。

お子様との治療イメージ画像

当院の鍼灸治療はお一人お一人の
症状をよくお伺いし、やさしく丁寧に治療
しますので鍼灸治療が初めての方でも大丈夫です。

治療の流れ

鍼灸治療時間は約 45 分となります。(症状により個人差があります)
※初診時は問診(カウンセリング)をさせていただきますので約 1 時間 30 分かかります。
※個々の症状により、治療内容は変わりますのでご了承ください。

STEP1 問診

STEP1 問診の画像

お身体の状態を詳しく聞き、実際にお身体を診て治療方針を決定します。

▼

STEP2 鍼灸治療

STEP2 鍼灸治療の画像

全身に鍼を打ち、必要なポイントに 0.7mA の微弱電流を流します。必要に応じてお灸もします。

▼

STEP3 吸玉・遠赤外線治療

STEP3 吸玉・遠赤外線治療の画像

吸玉治療遠赤外線療法はリンパの流れをよくし、毛細血管を広げて全身の血行を促進します。

▼

STEP4 次回ご予約・お会計

STEP4 次回ご予約・お会計の画像

患者様の治療計画をご説明し、次回の予約とお会計で終了です。

料金について

各治療料金については料金表からご確認ください。

【鍼灸割引回数券】 通院される患者様へ

継続して通院される方に向けて割引回数券をご用意しております。

詳細はお問合せください。

※回数券は紛失防止のため当院でお預かりいたしますのでご安心ください。

回数券の画像
▲