カテゴリー: 小児の難病・その他

孫のチック症治療に伺いました。【口コミ投稿より】

カテゴリ:小児の難病・その他

孫が鼻を鳴らすチック症にかかり、悩んでました。
25年位前、下の娘の体が弱く困っていた時、大阪で有名な針治療されてる先生にかかっていた事を思いだし、さっそく連絡しましが、その当時の先生(お父様)はお亡くなられて、今は娘さんが院長先生でこちらで鍼灸院をされています。

さっそく孫を連れて伺いました。院長先生に治療していただき、針治療していただいている時痛いところがあったら言ってね、先生の所は痛い治療はしないからとおっしゃられ、孫も安心して治療していただいています。
何回か通ううちに、少しずつ改善され、4ヶ月過ぎた頃にはほとんど症状が無くなりました。
今は月1回になり、本当に感謝しています。

エキテン口コミ投稿より
https://www.ekiten.jp/shop_713602/review/

脳室周囲白質軟化症(0歳 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

脳室周囲白質軟化症の〇〇くんは、身体が全体的に固く、特に左側に緊張が見られましたので、まずは刺さない針”小児針”治療で身体全体を刺激していきます

小児針3回目終了後
色々手足を動かしてくれるようになった。
手をグーパー出来るようになったとの事。

5回目後
ズリバイしかけている。背中が柔らかくなってきている。
小児針開始から5ヶ月、身体も大きくなり、首も完全に座ってきました。

身体全体を柔らかくし、運動機能促進を目指していよいよ鍼灸治療スタートです

針治療2回目
身体全体の動きが出てきて、喃語もよく喋るようになりましたとの事

更なる改善を目指して治療継続中です

 

てんかん(10歳 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

二歳半の時に発作が起こり、七歳頃までに四回てんかん発作あり。

それ以降、てんかんの発作は無いものの、出来る学習と出来ない学習との差が激しく発達の遅れも気になって、、との事でご来院されました。

先ずは脳波を落ち着かせ、減薬、発作ゼロを目指して針治療スタートです

 

初診時は、初めての事でビックリしたのか針も嫌がっていましたが、二回目からは色々お話しながら上手に受けてくれています!

四回目終了後、はっきりとは分からないが、少し雰囲気が変わってきた気がする!とご両親からのお声をいただきました

十回目、日によって調子の波があるが、少し集中力出てきたとの事。

十一回目、てんかんの検査で脳波に異常なしとの結果が出ました

 

更なる改善を目指して継続治療中です

 

脳室周囲白質軟化症/PVL(0歳10ヶ月 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

切迫早産にて出産され、保育器に約2ヶ月入っていました。

成長と共に「四肢や体幹の緊張」がみられるようになる。

その為に
・寝返りが出来ない
・首がすわらない
・指しゃぶりが出来ない
・追視をしない
・体が反り返る

と体の発達の遅れや固さが気になり、当院に来院されました。

治療の方針としては、筋緊張を緩和し「お座り」や「寝返り」の獲得を目指し針灸治療をスタート

治療2回目
腕から手の緊張がやわらぎ、動きが良い時がありました!

治療6回目
眼の動きが変わり、追視する様子がみられる。目が合う

治療9回目
細く弱い泣き声だったのが、大きな声でからだ全体を使って泣けるようになる。

治療13回目
手を口元まで運び自力で指しゃぶりをするようになる

治療20回目
脚の緊張がましになり、オムツを替えるときに動きが滑らかでした!と、お話しされていました。

 

治療に来院された際には、その都度気になる点を伝え、ご自宅でも出来る簡単なリハビリテーションや遊びの中で動きを獲得出来るような方法を提案させていただきました

現在は、寝返りが8割程は自力で可能となり、次なるステップに向け継続した治療を受けていただいています

針灸治療」のあとは筋緊張も緩和し、リハビリテーションや動きの練習を効果的に行うことが出来ます

 

難治性てんかん(12歳 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

1歳10ヶ月頃から「てんかん」の発作があらわれ、服薬による治療で発作の頻度はおさえられていたようです。

ところが、ここ数ヶ月は発作の頻度が徐々に多くなり、就寝前や外出中と毎日発作を起こす状態

病院で相談したところ薬の量がたくさん増え、その事に不安を感じたことから、他の方法がないかと探し当院の「新脳針治療」を見つけた!とのことでした。

抗てんかん薬も服用しつつ、発作を抑え回数を減らす目的で針灸治療を開始。

初診治療後
治療後はぐっすりと眠り、毎日続いていた発作が止まっています!

治療3回目
発作は起こるが、毎日ではなく頻度が減ってきている。

治療8回目
針治療のあとはテンションが高くなりやや興奮気味となる。

治療10回目
治療後の調子はいいが、2日が限界でそれ以降は発作が起こりやすい。

治療11回目
4日間発作が起こらず過ごせています。

治療12回目
1週間発作なしで過ごせました。
久しぶりに学校へ行けてやや疲れが出た。

治療16回目
1週間は調子よく過ごせるようになってきた。疲れすぎたり、興奮すると発作が起こりやすい。

治療20回目
2週間くらいは安定し始めている。
病院で薬の量を再度調節してもらった。

 

現在は、薬と針灸治療の両方でからだの状態や発作を抑え学校へも通えています。

スポーツに勉強に積極的に取り組んでもらえる様、しっかりとサポートしていきます

 

起立性調節障害(15歳 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

2ヶ月前に食事中にけいれんを起こし、クリニックを受診したところ「起立性調節障害」との診断を受けたようです。

主な症状としては
・不眠
・朝が起きれない
があり、学校への登校も辛い日があるようです

自律神経の調節を目的に針灸治療をスタート

治療2回目
初診日のあとは2ヶ月振りによく眠れた。
学校へも登校することができた!と初回から嬉しい変化が!

治療3回目
夜中に何度か目が覚めたが、基本的には眠れています。

治療6回目
ある程度、眠れる日が増えてきているが、不安定ではある。

治療10回目
夜は眠れているが、日中に疲れてウトウトしてくる。イライラすることが多い。
はじめは交感神経が優位にはたらき、感覚が敏感になることで、針も痛がっていたが、過敏に反応することが無くなった。

治療15回目
全体としては落ち着いてきたが、学校に行くと疲労が大きい。

治療16回目
学校へも普通に登校し、クラブや勉強にも励んでいる。寝つき、眠りともに安定してきて、心にも余裕が持てている。

 

<治療の進め方として>
睡眠がうまく取れないうちは、治療間隔を詰めて自律神経を落ち着かせることを第一に考えていきました。
次に、睡眠がある程度取れるようになってからは、治療間隔も少し抑え、体の回復を促す針灸治療を行っていきました。

現在は治療は終了しており、元気に学校生活を過ごされているようです(^-^)v

 

口コミ【しんきゅうコンパスより】脳室周囲白質軟化症(PVL)

カテゴリ:小児の難病・その他

息子は早産で産まれ、脳室周囲白質軟化症(PVL)と診断されました。
生後半年頃から発達の遅れが目立ちはじめ、目線が合わない、寝返りが出来ない等、その頃からこちらの病院でお世話になりはじめました。
治療をはじめてすぐに効果を感じたのは目線。しっかりと目があうようになり、斜視もなくなりました。それからは表情もすごく豊かになりました。
今は2週間に1度のペースで通っていますが、これからも継続的に通い続けたいと思います。
現在2歳10ヶ月。つかまり立ち、つたい歩き、歩行器(PCW)での移動。
お喋りは健常児と同等。認知は1歳半程度です。

 

その他の口コミはこちら

脳室周囲白質軟化症(PVL) 1歳5ヶ月 男児

カテゴリ:小児の難病・その他

早産で産まれ、約2ヶ月保育器に入っていた◯◯くん。

来院当時は9ヶ月(修正月齢6ヶ月)で主な症状として
・四肢の緊張
・首がすわらない
・目が合わない(追視しない)
といった事が気になると来院されました。

はじめは「四肢の緊張の緩和」を目標に針灸治療をスタート。

治療3回目
手の緊張が少しましで、動きに幅が出てくる。

治療5回目
眼の動きが良くなり追視する。目が合う。

治療9回目
体幹の緊張が緩和され、しっかりと呼吸が出来てきた。泣き声が大きく出せるようになる。

治療13回目
うつ伏せでの首の動きがよくなり頭の入れ換えが自力で出来る。短い時間顔をあげられるようになる。

治療30回目
脚が柔らかくなり、オムツを替えるときも緊張が少なく膝もよく曲がる。

治療37回目
肘もうまく使い手を口に入れたり、指しゃぶりが自由に出来てきた。

現在は週に1回のペースで「首すわり」や「寝返り」の獲得を目指し治療を継続中です

 

夜尿症(7歳 女児)

カテゴリ:小児の難病・その他

生まれた時から毎日夜尿、かんしゃく、睡眠時の歯ぎしりがあるという事でご来院されました。

週に1回のペースで治療開始!

1回目の治療後、毎日あった夜尿が週に3日に減りました

その後、かんしゃく、歯ぎしりは大分マシになり、あとは夜尿は週6日続いている状態でした。

そして治療13回目の後、1週間夜尿が無かったとご報告を受けました

それから現在まで夜尿もなく、○○ちゃんも自信がついたのか、毎日楽しく過ごせているとの事でとても嬉しく思います

 

▲