カテゴリー: 関節「可動域」改善法(JO)

右肩甲骨違和感と痛み|関節「可動域」改善法 (20代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

元々美容鍼で来院されていた患者様です。

日頃、デスクワーク業務で頚から肩にかけて硬くなりやすく、出張も重なり右の肩甲骨周囲が違和感から痛みになったとの事でした。

お身体を診させて頂いたところ、前側の胸の筋肉部分、腋下、右腕全体が硬く、腰背部の筋肉の緊張が原因で肩甲骨の動きに制限かけてしまった結果、背部の痛みとなったようでした。

関節の動きをつける治療と筋肉を弛める治療をして結果的に背部の痛みが軽減されました。

全体的にお身体を弛めて可動域をよくするためにも1週間に一回、 関節「可動域」改善法 を定期的に続けて頂く予定になっております。

デスクワークなど長時間の同じ姿勢は身体に負担をかけやすく、血流の循環も悪くなったり、内臓機能の低下にも繋がりますので筋緊張を定期的に弛めてあげることで心身ともに休まると思います😌

このような症状でお困りの方は一度、 関節「可動域」改善法 をお試しください😊

ジストニア患者様からの口コミをいただきました

カテゴリ:ジストニア

痙性斜頸(頚部ジストニア・右回旋)の診断を受けて丸2年になります。昨年(2019)の4月から当院で開始された「関節可動域改善治療法」の施術を受け始め、1周年の記念(?)の書き込みです。

同様の症状をもつ方の参考になれば幸いです。(長文です(^^;)
===
ネット検索をしては落ち込んでいた時に週1回のペースで針治療を受け始め、何よりアップ・ダウンのある状態を理解していただけることからくる安心感に支えられた約10ヵ月を経て、昨年4月、院長先生に勧められて「関節可動域改善治療(JO)」を受け始めました。

ジストニアは脳神経の誤作動による症状だと言われているのに、関節?しかも脚?腕?・・・と初めは少し戸惑いました。

でも、人によって症状もその要因も異なるジストニアの治療経験のある先生が、私の首の反応を見ながら色んな関節を動かして「ポイント」を探り、治療を施してくださるのです。

針治療とJOとを並行して受けるようになってから、ハッキリと状態が改善してくるのを感じ始めました。

今は1-2週間に1回治療に通っており、多少のアップ・ダウンはありますが、この半年間は“マイルド”な状態が続いています。
※3ヵ月に1回、病院でボトックス注射も

(歩き方が変わった事が、昔履いていた“踵のすり減った”靴を履いてみてよく分かりました。←その靴はポイしました^^)
===
正直なところ、時間(とお金)は掛かりますが、じっくり身体の状態と向き合うことが大切だと感じています。

堂島針灸接骨院の先生方も事務の方も、皆さん、本当に温かい方々ですので、安心して治療を受けられると思います。

美容鍼と、体のバランス改善(21歳 女性)

カテゴリ:美容関連

美容鍼関節可動域(JO)を受けさせて頂いています。

以前から気になっていた美容鍼に挑戦しようと思った時、HPを見て、鍼治療を行っているこちらに伺うことを決めました。

受ける前と後で、肌のハリ・明るさが全然違います。少し気になり始めていたほうれい線や、目の下のくすみも気にならなくなりました。何より、知人にほめられるのが嬉しいです。

今は、月1回を目安に受けるようにしています。

関節可動域の方は、美容鍼の際に“そり腰で、腰が痛い” と相談したところ、紹介して頂き、受け始めました。

座っていても、立っていても、ずっと右側の腰・股関節が痛く色んなエステ・マッサージに行っても治らずあきらめていた所でした。
しかし、回数を重ねるごとにどんどん体が軽くなり、今ではもう全く痛みを感じなくなりました。本当に嬉しいです。

気づいたら、そり腰も改善されていて驚きました。

今は肩こりを中心に、全身を診て頂いています。
効果が実感できる為、週一回通わせて頂いています。
スタッフ皆さんの人柄の良さも、頻繁に通える理由の一つです。
いつもありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

左肩の痛み(90代 男性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

自転車で転倒してから、左肩の痛みが治らず

ジンジンという痛みに悩まされておられました😥

痛みで力も入りにくく、物を持つのも不自由な生活となっておられました。

鍼灸治療」と、「関節(可動域)改善法」を合わせて受けていただき、今ではすっかり痛みもなくなり元気に生活されています😊

ご年齢とは思えないくらいお元気です✨

これからもしっかりサポートしていきます❗

お尻が痛くて立てない|坐骨神経痛(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

坐骨神経痛のため、当院の関節「可動域」改善法針治療を受診されています。

慢性的に痛み、しびれがキツく、立ってる事もやっとです。

施術としては、腰、お尻の筋肉を緩める治療と太ももの外側を緩める治療をしています。

そして最後にお尻の深部に針を刺して坐骨神経を刺激して痛みを取る治療をしています。

(患者様の声)

治療後は痛み、しびれが消えて、体が軽くなります❗️

座るのも立つのもしんどかったのに楽です❗️

ありがとうございます😊

少しずつ出来ることが増えてきた|PVL(脳室白質軟化症)(4才 男児)

カテゴリ:脳質周囲白質軟化症(PVL)

症状は両足の麻痺、歩行困難、立位困難 のあるPVLの患者様です。

当院の関節「可動域」改善法を受診されている患者様です。

経過としては、足関節は柔らかくなってきており、独歩は恐怖心もありまだ難しいが伝い歩き、手を添えながらの歩行は可能になり、立位も壁に手をつきながらでは1人で立つことが可能になった。

この調子で治療していきたいと思います。

(患者様の声)

出来ることが少しずつですけど増えてきて、うれしいです😃

この調子で1人でも歩いて欲しいです😊

ありがとうございます✨

肩を動かすと痛みがでる(40代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

子育てにより慢性的に左肩甲骨の周囲に 痛み出る患者様です。

当院の関節「可動域」改善法を受診されています。

施術として、肩甲骨の周囲の筋肉を緩め、関節の可動域を広げる施術を行なっています。

(患者様のお声)
施術後は身体が軽く、肩甲骨の痛みが無くなります。
痛みが出ないように定期的通いたいと、思います。
ありがとうございました😊

腰痛(49歳 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

朝、着替え中に腰の違和感を感じ、しだいに痛みへと変わってきたため、急きょ診察して頂きました。
症状の説明とそれに対する治療の説明もわかりやすく次回の治療のタイミングもてきせつでした そのような中で治療と回復は順調に進んでいったと思います。
日常生活での体に負担のかからないアドバイスや回復方法なども頂けたので 参考にしとり入れたいと思います。
ありがとうございました。

治療法はこちら

よく笑うようになった(2才 女児)

カテゴリ:小児の難病・その他

生後3ヶ月を過ぎても首がすわらない、表情が乏しい、発語なし、側弯…などの気になることがあり、病院にて診察を受けると 染色体の異常によるものと診断。

何とか治療法はないものかと、当院の小児鍼灸を受診

📝1回目の治療後、とてもよくねむった

📝 4回目治療後、とても目がよく合うようになり、よく笑うようになった

📝 11回目治療後、目を開けて眠っていたのが閉じている時が出てきた

📝 12回目治療後、コロコロと寝返りをするようになり、よく笑うようになった

現在(関節「可動域」改善法)も併用して治療継続中です。
これからも更にいろいろな事ができるように頑張りましょう😊

慢性的な痛み(40代 女性)

カテゴリ:その他の慢性病

腰痛、首肩凝り、足のむくみ等、慢性的な痛みがある患者様

当院の関節「可動域」改善法を受診されています。

施術としては、首、肩甲骨、骨盤、足首の関節の動きを良くする治療とハイボルテージによる電気療法を行っています。

(患者様の声)

一度治療に来てから身体の軽さが全然違います!
週一のペースで通います。
ありがとうございました😊

多系統萎縮症、左手の震え(70代 女性)

多系統萎縮症(MSA)と診断

歩行困難、呂律が回りにくい、手足の震え、顔、下肢の浮腫、痛み、便秘…など

たくさんの不調があります。

お一人で自由に体を動かすことが困難で、20メートル先のトイレに行くにも1時間くらいかかるとのこと…

最近は左手の震えが特にキツくなっています。

当院の「真頭皮針(しんとうひしん)」療法を施し、体全体にも鍼治療をさせてもらっています

関節「可動域」改善法も一緒に受けてもらい、出来る限り体を動かすようにしています

治療後は体が動きやすくなり、車椅子の足台に介助なく自分で置くことができるようになられます

進行悪化しないよう、出来る限りの治療で頑張っていきましょう

先天性異常(2才 女児)

先天性異常による発達障害があり、当院の鍼灸治療関節「可動域」改善法を受診されています。

首がまだ据わってなく自由に身体を動かすことが難しいです。

施術としては、首と足首と骨盤の動きと寝返りの練習をしています。

(患者様の声)

堂島針灸接骨院に通ってから10回目です。

笑うよになったり、座ろとしたり、寝返りをするようになって来ました。

この調子で変化して欲しいと思います。

私自身も次回針治療を受ける予定です。

ありがとうございました。

多系統萎縮症による腰痛(50代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

当院の関節「可動域」改善法を受診中

仕事の関係と多系統萎縮症の症状もあり

慢性的に腰痛がある患者様です。

特に立ってる時や座ってる時が痛みがあるそうです。

施術としては、股関節と骨盤の調整を行い腰椎(腰の骨)の動きを良くする施術を行なっています。

(患者様の声)

施術後から身体が動かしやすく腰痛が緩和しました。

日常生活の細かい動作を教えて頂きありがとうございます

次回も予約を取り受診したいと思います。

パーキンソン病による両手のこわばり・歩行がぎこちない(60代 男性)

カテゴリ:パーキンソン病

<患者様の声>

いつも大変お世話になっております。
2月24日もお世話になりました。

24日の午前中に、ホテルから大阪城まで散歩した時には、左腕がこわばっていて
スムーズに振れなかったのですが、治療後にホテルに戻って、廊下を歩いていたら
左腕がほぼ普通に振れていることに気付き、嬉しくなって、部屋に戻らずに
また散歩に出かけてしまいました。

札幌に戻ってからは、自宅階段の昇降が昔に戻って早くなり、
家内から「足どりが軽くなったね」と言われました。

治療の成果が出てきており、院長先生はじめスタッフの皆様には感謝の気持ちで一杯です。

————————————
パーキンソン病を1年前に発症
現在お薬の調整中とのこと。
「真頭皮針」集中治療関節「可動域」改善法を併用され、治療開始から5回目
治療継続中 経過良好~

ジストニア患者様のお声(40代 女性)

カテゴリ:ジストニア

ジストニア患者様のTwitterより

ここ数日、気を抜くと首を右に持っていかれる(手を使わずに自力で瞬間的なリリースは可)のだが、針灸院で、筋肉が柔らかくなっていることを指摘されると、良くなっているんだな、と脳が認識する…

この、信頼する人から指摘されて脳が認識するというのを繰り返すのが、自分にはいい感じだと再確認

 

これからもずっと応援しています

慢性的な首、肩こり、頭痛の悩み(40代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

慢性的な首、肩こり、頭痛の悩みがあり、当院の関節「可動域」改善法と局所針を受診されている患者様です。

治療としては首の周りと肩関節の周りの筋肉を緩めるのと可動域を広げることを行い、身体のバランスを整える様に骨盤を調整しています。

日常生活注意点などを説明して身体の改善を目指して治療しています。

(患者様の声)
2回の治療で頭痛がなくなりました!
この調子で他の悪いところを治していきたいです。
ありがとうございました。

日常生活で肩も上げれない•••四十肩(40代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

当院の関節「可動域」改善法と局所針を受診されている患者様です。

治療としては肩関節の周りの筋肉を緩めるのと、可動域を広げることを行い、筋肉の深部を緩める為に局所針を行っています。

(患者様の声)
まだまだ肩は上がらないが、少しずつ可動域が広がっています。
この調子で頑張りたいと思います。

左肩関節の痛み(90代 男性)

自転車で転倒してから左肩の痛みが取れない…

運動痛もあり、生活に支障が出ておられました。

鍼(真頭皮針)治療と、関節「可動域」改善法の両メニューを受けていただいています

現在、10→2レベルまで痛みがなくなりました。

これからもスタッフ一同、しっかりサポートさせていただきます

事故後の首〜背中のシビレ(32歳 女性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

交通事故をしてから首〜背中にかけて痛みとシビレがひどく、手にもシビレが出て、腰も痛くて夜も十分な睡眠が取れてませんでした。

小さいお子様の子育てをしながら、辛い毎日を過ごされています。

JO(関節「可動域」改善法)を併用で治療を行っておりますが、治療8回目でようやく背中のシビレが軽くなってこられ、10回目の治療で体全体が軽くなったとのこと

しかし、事故後の痛みやシビレは一旦良くなっても再発することもありますので、しっかり治療しておきたいですね

治療継続中です。

頭痛(30代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

1日中パソコン仕事でデスクワークをされてる患者様です。
夕方くらいになると目の奥が痛くなり、それを我慢していると頭痛がするとの事で来院されました。

首の状態を見た所、とても硬いところがあったため、当院の関節「可動域」改善法にて可動域を付け筋緊張を緩和したところ、目の前が明るくなり頭痛も解消しましたととても明るい表情で帰って行かれました

多系統萎縮症による歩行困難|歩行困難、喋りにくさ(50代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

歩行困難、喋りにくさがあり、当院の関節「可動域」改善法を受診されています。

少しでも日常生活が過ごしやすい状態を目指して治療を行なっています。

治療は足首と股関節の調整と、骨盤のバランスチェックを行っています。

(患者様の声)

治療後、自宅に帰宅した時に階段が上りやすくなっていました。

主人にもちょっと良い感じやなって言われました。

この調子で頑張りたいと思います。

脳室白質軟化症(PVL)による足首の固さ|尖足、立位困難(2才 男児)

カテゴリ:脳質周囲白質軟化症(PVL)

当院の関節「可動域」改善法(JO)を受診されている尖足、立位困難の患者様です。

初診時は足首固くて動きがかなり悪かったです。

施術としては、足首の調整と下肢の筋肉を緩める手技を行っています。

(親御様からの喜びの声)

初めは足を反らす事もできなかったんですが、

今、親が動かしても簡単に足首を動かす事が可能になっています!

この調子で歩行まで行けると嬉しいです。

ありがとうございます

PVLのお子様(2才 男児)

PVLと診断され、当院を受診されています。

言葉おくれ、歩行困難、下肢の緊張があります。

在位(お座り)はできるのですが、ハイハイしないでお尻でズリズリと移動してしまいます。

真頭皮針関節「可動域」改善法の両方を、週に一回受けて頂いてます。

前回、パパ、ママ、アンパン…などの言葉がはっきり出るようになりました

四つ這いにさせるとすごく嫌がっていたのが、手を前に出し少しずつハイハイするようになってきました

真頭皮針では、腰回りも意識してアプローチしています

この調子で頑張っていきましょう〜

 

坐骨神経痛(30代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

整形外科でMRI検査をしてもらったところ、「椎間板ヘルニア」と言われ注射と、お薬で治療をしてもらったが薬が合わず来院された患者様です。

患部の筋緊張の緩和施術と関節の可動域を付けるようにしていきました。

2週間ほどは変化が見られなかったが、その後、下肢のしびれや痛みも少しずつ改善し、日常生活も改善しつつ長時間のデスクワークも出来るようになってきたととても喜んでいただいております

脳室白質軟化症(PVL)による歩行困難 、足首の固さ(2才 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

立位困難、歩行困難のため、当院の関節「可動域」改善法を受診されています。

施術としては立位練習と下腿を動かし筋肉と関節を緩め手技を行っています。

(お母さんの感想)
まだ独歩は難しい伝え歩きや手を繋いでの歩行はできるよになりました。
この調子で良い方向に体が動いてくれると嬉しいです。
ありがとうございました

脳室周囲白質軟化症PVLの経過(2才 男児)

脳室周囲白質軟化症(PVL)と診断され早めの治療をと、当院を受診されました。

症状は、言葉おくれ、下肢の硬さ、立位困難、お尻で移動します。

「真頭皮針」「関節可動域改善治療」との併用で治療継続中です。

先日、なんとハイハイしました

また、「パパ」「ママ」などの単語がでて、喃語もどんどん増えてます

最近すごい成長を見せてくれてます

治療開始は泣きますが、治療中はおとなしく受けてくれてます

この調子で頑張って行きましょう

生理痛(30代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

生理痛がきつく特に腰部の痛みがつらくお薬を飲んでも楽にならないとご相談がありました。

こういった場合、骨盤のバランスが崩れている場合が多く、正しく整えてあげると痛みが解消する場合があります。
この患者様も、生理の2週間前からJO施術を始めた所、痛みが随分楽になった!ととても喜んでいただきました

パーキンソン病による歩行困難(40代 男性)

カテゴリ:パーキンソン病

パーキンソン病による歩行困難の患者様です。

施術としては下肢の柔軟性と可動域をつける治療を行なっています。

(患者様の声)

初めに比べて足どりよくなり歩行しやすくなりました。

最近は歩く距離まで長くなりました。

ありがとうございます。

歩くと痛みで歩けない|股関節痛(50代 女性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

歩いてる時につまずき股関節を痛められ、当院の関節「可動域」改善法を受診されている患者様です。

施術として骨盤と股関節の調節、腰の筋肉の緊張をとる施術を行っています!

(患者様の声)

歩行時の痛みはほぼなくなり、少し股関節を広げるとまだ少し痛みがあります。

症状が悪化しないように通院して行きたいと思います

歩く時あんなに痛かったのに・・・|股関節痛(50代 女性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

歩いてる時につまずき股関節を痛められ、当院の関節「可動域」改善法を受診されている患者様です。

施術として骨盤と股関節の調節、腰の筋肉の緊張をとる施術を行っています!

(患者様の声)

歩行時の痛みはほぼなくなり、少し股関節を広げるとまだ少し痛みがありますので、症状が悪化しないように通院して行きたいと思います。

▲