カテゴリー: 首・肩・背中・上肢の症状

頸椎症(50代/女性/会社員)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

お風呂に入ってる時に首を動かして痛めた患者様です。

当院の鍼灸治療と関節「可動域」改善法を受診されています。

針治療では患者様の筋肉を緩めるように行い、関節「可動域」改善法では首の関節をゆっくりと動かす治療を行なっております。

(患者様の声)
痛みが来た時と全然違います!
スッキリしました!
ありがとうございます。

寝違え(30代/女性/自営業)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

朝起きたら首に痛みがあり、次の日吐き気がするぐらいの痛みがあるとのことで、当院に受診されました。

関節「可動域」改善法を受診されています。

治療は首の筋肉を優しく緩めてゆっくりと可動域を広げる治療を行っております。

慢性的な首肩凝り(30代/女性/会社員)

カテゴリ:その他の慢性病

今回の患者様は、だいぶ前から首と肩が硬くなり、ひどくなると頭痛もでるということで来院されました。

かなり慢性的で、普段デスクワークというのもあり、お身体全体がガチガチになっている状態でした。

施術メニューは真頭皮針を受けられています。

1回目の治療後は、少しお身体が軽くなり、普段よりぐっすり眠ることができたと仰ってました。

針治療を合計5回され、ガチガチだった首肩の症状もだいぶ柔らかくなり、1ヶ月空けても柔らかい状態を保つことができておりました。

少しでも長く良い状態を保てるよう、入浴、ストレッチ、適度な運動なども意識して頂いております。

一旦治療は終了となっております。

奥様の勧めで受診|肩こり・足の張り(50代/男性/会社員)

カテゴリ:その他の慢性病

◆治療内容
肩こり・足の張りの症状で鍼灸・真頭皮針治療を受診いただいてます。

◆スタッフコメント
お仕事が毎日忙しく、昔から肩こりは当たり前だと思っていたが奥様の勧めで鍼灸治療を受診されたとのこと。

治療後は、身体がほぐれてやわらかくなっています。

月1回ほどしか治療できず、いつもカチカチになって来られるので、少し刺激を多めに施術。あとはスッキリされるようです(^^♪

お忙しいとは思いますが、コリを溜めないように・・治療にお越しくださいね(^^)

◆治療のご意見・ご感想
明るい雰囲気で良いと思います
治療の効果は、徐々に良くなってくるので気長に治療していきたいと考えています。

左肩の痛み|パーキンソン病(50代/男性/会社員)

カテゴリ:パーキンソン病

パーキンソン病の症状で来院されている患者様です。

現在、主に左肩上肢に筋肉のこわばり、少し震えの症状がでており、首と肩と胸部も硬く姿勢が前傾姿勢に少しなっております。

それに伴い、五十肩の症状を発症、夜間痛もあるということでした。

左の肩を挙げようとすると痛みと硬さで可動域も制限されておりました。

治療は真頭皮針関節可動域改善法(JO)を受けられております。

治療を始められて3ヵ月程で、五十肩の症状の一番ツラい夜間痛はなくなっております。可動域もだいぶ改善され、お好きなゴルフも楽しんでできているとのことでした!

今後は五十肩の予防とパーキンソン病の進行をとどめれるように治療を全力で頑張らせて頂きたいと思います!

いつまでもお元気でお仕事とゴルフができるように頑張りましょう!

首、肩、腰の痛み(70代/女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

日頃身体を動かす事が好きな患者様です。

身体は慢性的にカチカチになり痛みがでます。

当院の鍼灸治療と関節「可動域」改善法を受診されております。

鍼灸治療では、全身の筋肉を緩める治療を行い、関節「可動域」改善法では身体の可動域を広げる治療を行なっております。

(患者様の声)

治療後はいつも身体が柔らかく、楽になります!

1週間に一回メンテナンスしないとしんどくなります。

この調子でしっかり治療させていただきます(^^)

四十肩(40代/女性/主婦)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

今回の患者様は、3か月程前に右腕を挙げようとすると痛みが肩にでて、可動域に制限がかかってしまい、洋服を着たり、髪をくしでといたりする動作に支障があるということでした。

治療メニューは関節可動域改善法(JO)を受けられています。

週2の治療を1ヶ月、週1の治療を1ヶ月、現在2週に1回の治療となっております。

最初の1ヶ月で痛みはほぼ取れました。

可動域に関してはすぐに完全にスムーズに動くようになるというのは難しく、2ヶ月目終わった頃に日常生活ではまったく支障のでない程度になってきました。

3ヶ月目になると肩の可動域制限はほぼなくなってます。

現在3ヶ月目は身体の全体のバランスを整える、身体全体の柔軟性をつけるために2週に1回程度通院していただいてます。

もっと関節の動きを良くして、柔軟性をつけ、再発防止のために、治療を頑張りましょう!

新規患者様からのお問合せ(2021年10月)

カテゴリ:その他の慢性病

10/1 脊髄小脳変性症と3年前に診断。歩きにくく,話しにくく,文字が書きにくい。失禁も月に2回くらいある。便秘もある。
10/1 SCD診断
10/1 20代でメージュ症候群になり、一時は治っていたのですが、今年6月に再発しました。
10/1 脊髄小脳変性症と診断されている。脚のふらつき、字が書きずらい、呂律が回りにくい
10/3 チック症(首ふり、顔のひきつり)とADHD(落ち着きがなく人の話を聞いてられなく集中力がない、大声)があります。
10/4 夜泣き “夜泣き、かんむし
10/4 口のジストニア
10/4 肩こり 肩凝り 首痛い 背中のはり
10/4 肩凝り、首コリ、目眩、食後に胃が動いてないような時があります
10/4 腰痛
10/4 歩きにくい、呂律がまわらない、字が書きにくい
10/8 広汎性発達障害
10/8 自閉症スペクトラム、構音障害(扁桃腺肥大)があります。
10/8 自閉症 喃語のみで単語がまだ出ない、じっとしているのが苦手、睡眠障害
10/8 肩こりがひどいです
10/9 脳梗塞後遺症
10/11 慢性肩こり・左肩の痛み
10/11 腰の椎間板ヘルニア
10/11 パーキンソン病(PD)
10/13 自閉症スペクトラム(ADHD)、知的障害有り
10/13 PVL・てんかん
10/15 慢性肩こり・左肩の痛み
10/15 右耳あたりから肩腕にかけての痺れ痛み、右腰から脚にかけての痛み
10/15 字を書くときに力が入り過ぎて、上手く書けない。手が強ばり痛い。
10/15 パーキンソン病で、手足の震えは少ないですが、足の張りと腰の曲がり、歩行困難になりつつあります。
10/15 1年前の5月頃から急に左臀部に痛みを感じました。脳神経内科ではパーキンソン症候群の可能性があると言われました。
10/16 橈骨神経麻痺
10/17 吃音
10/18 チック症、かんのむし、神経過敏
10/18 腰痛
10/20 痙性斜頸
10/20 知的障害
10/20 2016年パーキンソン病と診断され、左上下肢のこわばりがあり特に歩行状態が不安定で遅くなっている。
10/20 2019年1月に突然発症した、喉のこわばり、それに伴ってえずいてしまう症状
10/20 脊髄小脳変性症という病気を患い、歩行、言語、日常生活などがやりづらくなりはじめています。
10/20 PD 2年前頃より右指の微かな震えが始まりました。
10/20 自閉症のグレーゾーンと診断。コミュニケーションが苦手
10/20 体がだるく、日常がつらい
10/21 PD
10/21 脊髄小脳変性症
10/23 MSA ふらつき、片足上げが出来ない。多系統と診断されました
10/23 抗体陽性視神経炎
10/23 痙性斜頸
10/24 書痙 右手が10年以上前からペンを握るのに苦慮しています。
10/27 腰椎椎間板症
10/29 PVL
10/29 両肩両腕腰の痛みしびれ
10/29 チック 兄弟・チックと吃音

※上記は10月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

首が右に傾く|痙性斜頸(20代・男性)

カテゴリ:その他の難病


ペインスケールを紹介いたします
📝

【症状】
勝手に首が右に傾く
右肩が上がる
右首に力が入る 
など 痙性斜頸の症状でお困りの患者様

【通院内容】
約2ヶ月
鍼灸・真頭皮針治療を受けていただいてます

【治療回数】
5

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
進行悪化が防げている

⚫︎心の状態
気持ちが明るい!

初診の後、1週間ほど首の症状が楽だったとのこと😊現在、治療をはじめて5回目ですが、「鍼灸治療後は首だけでなく、身体全体が楽」だというお話もしていただきました😊

現在の通院ペースは週1回ですが良い状態ですので来月からは2週に1回のペースに間隔を空けていきます😊

○○様のお身体が、良い状態が続くように、また、日常生活が過ごしやすくなるよう、引き続きサポートいたします❗️💪

四十肩の痛み(40代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

肩の痛みで当院の関節「可動域」改善法と鍼灸治療を受診されております。

関節「可動域」改善法では、肩の可動域を広げる治療をし、鍼灸治療では、身体の筋肉を緩める治療を行なっております。

(患者様の声)

初診時よりも可動域がかなり広がり、後ろに手が回るようになっております。

この調子で改善していきたいと思います。

右肩の痛み(40代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

今回の患者様は、目の前のものをとっさに取ろうとした時に右の肩を痛めて、そこから段々肩の関節の動きが悪くなり、腕をあげたり、後ろに動かしたりがスムーズにできなくなってしまったということでした。

痛めてから1ヶ月以上経過している状態で来院されました。 

施術メニューは「関節可動域改善法(JO)」を受けられています。

1週間に一回の治療を始めて1ヶ月たった頃は、痛みはなくなり、可動域も上がってきてるが、まだ怖さがあるのとたまに急な動作をした時に痛くなりそうになる状態でした。

2ヶ月目、2週に一回の治療で、とっさの動きの痛みはなくなり、怖さもなくなったということでした。

現在3か月目、2週に一回の治療後、可動域はほぼほぼ正常に近くなり、痛みは完全に消失、本人さんも大分ラクになってるということでした。

引き続き今度は1ヶ月に一回の治療で、しっかりまた硬くならないように関節の動きをつけていく治療をしましょうとお話してます😌

頭痛(70代 女性)

カテゴリ:その他の慢性病

頭痛の為、当院の関節「可動域」改善法と鍼灸治療を受診されております。

鍼灸治療では、自律神経を整えるツボと血流の循環を良くする為にお灸の治療を行っております。

関節「可動域」改善法では首と肩甲骨の動きを良くするようにアプローチしております。

(患者様の声)

季節の変わりで体調を壊しやすかったですけど、ここ最近はかなり体調がいいです。

薬も飲まないで生活できております。

ありがとうございます。

機能性発声障害(20代 男性)

カテゴリ:その他の難病

今回の患者様の症状は、声を思うようにだすことができない、喉元が締めつけられるような感じ、首肩がとても凝る、不眠があるということでした。

施術メニューは「真頭皮針」を受けて頂いてます。

一回目の治療後、首肩周りが少しラクになったと仰っておりました。

治療間隔は週一のペースで治療しております。

4回目の治療後は、首肩ほぼ前の様な症状はなくラクに過ごせた、喉元の締めつけ感はない、声もだしやすい、そしてぐっすり眠れているということでした。

とても良い流れで症状が改善していってると思います!

この調子で良い状態が定着してくるよう、治療間隔を空けてもう少し、治療を続けていきましょうとお話してます。

新規患者様からのお問合せ(2021年9月)

カテゴリ:ジストニア

9/1 てんかん 3歳男児の症候性部分てんかん、発達障害
9/1 痙性斜頸 “ペンや箸を使うときに震え、不快感がある。学生時に痙攣性発声障害、現在も声を出しにくく、しんどいです。
9/1 発達遅れ ADHD、ASDの病院で診断を受けています。チックもあります。処方薬を服薬しています。
9/3 喉の痛み “以前、上咽頭炎を患った際の症状であった喉の痛みや鼻づまり、ひどい肩こりが再発。その際にかかっていた鍼灸院では自律神経の不調もありと診られた。
9/4 発生障害 過緊張性発声障害か内転型痙攣性発声障害の疑い
9/5 パーキンソン病(非典型) 震えは無いのですが、筋肉の強張りがあります。
9/8 発達遅れ 発達はズリバイ、一人座りまでで、今後ハイハイやつかまり立ちができるようになってほしいです。もちろん最終的には歩けるようになってほしいです!またバイバイなどの動作もなく、知能面での発達も気になっています。
9/8 発達遅れ 発達障害に理解のある鍼灸を検索し、こちらに辿り着きました。
9/8 肩こり・頭痛
9/10 発達おくれ 現在1歳5ヶ月ですが、ずりばいしかできません。1歳半検診では7ヶ月相当の発達と診断されました。療育やリハビリ訪問を受けていますが今のところ改善が見受けられません。
9/10 脊髄小脳変性症(SCD) ふらつき・めまい(特に歩行時)。現在、兵庫医大に通院・経過観察中です。
9/11 てんかん 20歳頃にわかりましたが、側頭葉複雑部分発作、てんかんがあります。薬で殆ど落ち着いておりますが、現在も月経前になると少し発作がおこります。
9/11 脊髄小脳変性症(SCD) 脊髄小脳変性症の2020年8月に診断。現在の症状 歩きにくい・呂律がまわらない・字が書きにくい・箸が使いにくい等”
9/12 パーキンソン病(PD)
9/12 発達遅れ  語彙力、認識力、会話の成立が難しいところがあります。
9/15 パーキンソン病(PD)
9/17 痙性斜頸 病院(神経内科)で、痙性斜頸と診断されました。ボツリヌス療法(注射)と説明があり、早く症状改善をしたかったので、今年1月と4月に注射を打ちました。あまり改善がなく辛い毎日です。
9/18 脳室周囲白質軟化症(PVL) 30週で産まれ脳質周囲白質軟化症と診断され、色々検索しているときいつもでてくるので気になってます!
9/18 脊髄小脳変性症(SCD) 主人は19年前に脊髄小脳変性症と診断され、ゆっくりと進行してきました。遠方なため、可能ならばその日に2回、お願いできればと思います。
9/22 発語なし
9/24 痙攣性発生障害
9/25 自閉症 ここ2週間ほど、昼夜問わず眠たいようで明らかに今までと違う違和感があります。
9/27 脳室周囲白質軟化症(PVL) PVLからの脳性麻痺。痙性四肢麻痺。低緊張。身体全体のつっぱり
9/27 ジストニア 顎が上に上がり、首が痙攣をしている。
9/29 肩こり デスクワーク仕事、自身の姿勢の悪さからか、肩こり、背中のはりが慢性的にあり、常にしんどいです。少しでも解消できればと思っています。

※上記は9月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

肩、首の痛み(20代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

日頃からパソコン作業などで同じ姿勢を取る事が多い患者様です。

当院の関節「可動域」改善法を受診されております。

施術は徒手療法と電気治療を行なっております。

(患者様の声)

肩、首の痛みが軽減しました!

教わった体操をしっかりやって予防したいと思います!

ありがとうございます。

腰痛・首肩こり(47歳 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

当初は、接骨治療のみ受けておりましたが(※現在接骨治療は休業しております)今は鍼灸治療も受けています。

コロナの影響でテレワークがメインとなり腰、肩が以前に比べてきつくなりましたが定期的に治療を受けることでかなり改善されキープできていると思います。

体のコンディションを保つためにも これからも定期的に通院しようと思っています。

頭痛 首肩凝り(50代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

普段は立ちっぱなしのお仕事だそうですが、慣れないパソコンでの事務作業もあり、眼精疲労からの頭痛や、首肩凝りもひどく、ついには耳鳴りもされるとのことで、鍼灸しかない❗️と、当院を受診されました。

治療後はずいぶん軽くなったとの事ですが、定期的に治療されることをお勧めしています👍

遠⾚外線療法(サンビーマー)について

カテゴリ:その他の慢性病

遠⾚外線療法(サンビーマー) は、
当院の鍼灸治療時に使用しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

親子で治療〜😊(6才 男児)

コミニュケーションが取りにくい、思ったことを上手く言葉に表現できない…などが気になり通院されてます。

H君、治療中は一人で大人しくいつも眠ってしまうので、肩こりや腰痛がお有りのお母様も一緒に治療させていただいています😊

予約状況により、親子で隣同士のベットにご案内することもできます🤗

首の痛み(30代 男性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

◆治療内容
関節「可動域」改善法(JO)
朝起きたら首が回らないくらい痛みがあったとのこと。
首の筋肉を緩める+関節の動きを良くする治療を行いました。

◆スタッフコメント
首の痛みはほとんどゼロになりました
痛みがなくなって良かったです
また痛みがでた際はいつでもご来院お待ちしております(^^)

◆治療のご意見・ご感想
ありがとうございます。

右手小指の痺れ(40代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

今回の患者様は、「最近デスクワークでの仕事がとても忙しくなり、それから右手の小指背面側にシビレがある💦」ということでした。

治療メニューは関節可動域改善法(JO)を受けられています。

元々肩こりなど自覚症状はないとのことでしたが、実際触ってみると肩から胸部までガチガチに凝り固まっており、姿勢も少し前傾姿勢がつよく、筋肉が固まりやすい状態でした。

右腕も全体的に筋肉がパンパンに張っておりました。

一通り簡単な検査をし、頚や手首などの問題ではなさそうな結果だったので、ガチガチに固まってる筋肉をしっかり緩め、ストレッチもさせて頂きました😊

治療後は、だいぶ軽くなった!と喜ばれていました。

2回目来院された時に状態をお聞きすると、前回の治療後3日、4日は痺れもなかったそうですが、週末になってくるとまた少し痺れが気になってきたということでした。

何回か間隔を空けすぎずに、治療して筋肉が緩まるのがある程度定着すればラクになると思いますので、身体が良い状態が定着するまでは治療を頑張りましょう👍

首肩こり、腕の痛み(40代 女性)

カテゴリ:その他の慢性病

◆治療内容
2週に1回のペースで受診されております。
お仕事でパソコン作業が多いため、いつもお身体が硬いです。
全身の筋肉を緩めて、関節の可動域を広げる治療を行っております。

◆スタッフコメント
治療後は身体が軽くなるとのことで、嬉しいです(^^)
お仕事でパソコン作業が多いので、しっかりメンテナンスを行っていきたいと思います。

◆治療のご意見・ご感想
いつもガチガチの状態なのにていねいに施術をしてもらえるので
帰りは体がすごく楽になります。

後頭部から肩にかけての痛み(40代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

今回の患者様は、月一回必ずメンテナンスで来院される患者様です。

施術メニューは、関節可動域改善法(JO)とプチ針(局所針)を受けられています。

今回は仕事がいつもに増して忙しかったそうで、ずっとパソコンとにらめっこだったそうです💦

疲労も重なり、後頭部から肩にかけてかなり張っていました。

痛みもあるということで、先ずは肩甲骨と胸椎の可動域をつけ、後頭部~首の可動域をつけ、胸部のストレッチ、最後に残った硬結に対して局所的に針をしました。

終わった後は大分軽くなり痛みもとれたと仰って下さいました😌

定期的にメンテナンスもして下さってるので、比較的すぐに弛みやすくなってます。

定期的にメンテナンスもとても大事なので、しっかりケアしていきましょう。

左肩の痛み(40代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

◆治療内容
鍼灸・真頭皮針治療+関節「可動域」改善法(JO)
鍼灸では痛みの抑制と筋肉を緩める治療を行っております。
関節「可動域」改善法(JO)では、筋肉を緩めて可動域を広げる治療を行っております。

◆スタッフコメント
痛みはあるが、可動域はかなり広がっています。
現在、各週で通院
治癒を目指して治療を行いたいと思います。

◆治療のご意見・ご感想
痛みの状態が 治療をすることで どうなっていくのか・・・という先の話が聞けたので 頑張って通えているし 家でも 体を動かさなきゃという気持ちになっています。

腰痛・首肩コリ(50代 男性)

カテゴリ:その他の慢性病

◆治療内容
鍼灸・真頭皮針治療
慢性的な腰痛、首肩こりがある患者様です。
大事なポイントには電気を流し、背中と腰にお灸を置いています。

◆スタッフコメント
初診時と比べると身体がやわらかくなっています
この調子で身体の不調をどんどん治していきたいと思います。

◆治療のご意見・ご感想
治療後、全身が軽くなり、ぐっすり眠れる

五十肩(50代 男性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

今回の患者様は、半年前から肩に痛みが段々でてきて、とっさの動作時や夜寝てる時に同じ体勢が続くと痛みがでるということでした。

施術メニューは関節可動域改善法を行っております。

肩もある程度の高さまで挙げると、痛みとロックがかかり挙がらない状態でした。

治療序盤は、施術後可動域があがり、痛みも軽減するのですが、1週後はまた元の状態に戻る状態でした。

なんとか頑張って治療を続けていき、今はだいぶ痛みもなくなり、肩の動きにスムーズさがでてきております😊

本人さんも大変喜んでおりました😌

あとは可動域制限がまだありますので、関節の動きをだしていくような治療をしていきたいと思っております。

あともう少し頑張りましょう❗

走るだけでなく、階段も駆け上がることができるように(63歳 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

当初は妻の通院の為 自分 は、妻の施術中は待っている状態でしたが、妻の様子をみて自分もと思い 針灸を受けたところ、

数年も走ることができなかったのが、
走るだけでなく階段も駆け上がることができるようになり、
肩も両肩に鉄のプロテクターを着ているようでしたが、かなり軽くなりました。

お陰様で日々がかなり楽になり、堂島針灸接骨院の前田院長初めスタッフ皆さんのお陰です大変感謝しています。

首の痛み(30代 男性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

今回の患者様は、首の凝りがひどいのと痛みもあるということでした。

普段からパソコン作業、スマホで作業が多くかなり慢性的に首肩の凝りや痛みが常にあるそうです。

今回治療メニューは真頭皮針を受けて頂いています。

💬 1回の治療でだいぶ首の可動域がでて、ラクになったと仰ってました。

💬 3回目の治療では完全に慢性的にあった頑固な凝りもとれ、痛みもないと仰ってました。身体全体の調子も良いそうです。

1ヶ月に一回はメンテナンスという形で真頭皮針をして身体の良い状態を保っていきましょうという形になっております。

腰痛、首・肩のこり(40歳 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

もともと接骨施術で治療を受けていましたが、 4月より鍼治療にしました。

わりと低体温だったのが、 治療を続けることで+1℃近く改善されました。

また、週1もしくは2週に1回のマッサージ治療が、今は月1回程のペースになっていますが、以前の腰痛はかなりなくなり体調が良くなりました。

吸い玉が特にお気に入りです。

肩関節の痛み|四十肩(40代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

先日、肩に徐々に痛みがでて、肩が上がらなくなった患者様です。

当院の鍼灸治療を受診されております。

肩関節周囲の針治療を行い、肩関節の周りの筋肉を緩めています。

そして最後に、可動域を広げる治療を行っております。

▲