カテゴリー: 脊髄小脳変性症

仕事をする事が出来る様になりました|脊髄小脳変性症(40代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

2年位前に来院され、脊髄小脳変性症を発症してからは4年位になる方です。

📖症状

・ふらつき
・歩きにくい
・喋りにくい

📖経過

来院時から大きな進行はなく、最近は仕事をする事が出来る様になりました😊仕事は立ち仕事なので、以前より疲れる事は有るようですが治療で改善出来ている様で順調です‼️

脊髄小脳変性症(30代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

2年前より脊髄小脳変性症の症状が発症されました

📖症状

・ふらつき
・喋りにくい
・字が書きにくい
・腰痛

📖経過

治療を継続するにつれて、腰痛が改善し歩き易くなりました😊治療間隔を空けると腰痛が出てきて調子が悪くなる様で、現在は1週間に1回のペースで通院されています!

多系統萎縮症、左手の震え(70代 女性)

多系統萎縮症(MSA)と診断

歩行困難、呂律が回りにくい、手足の震え、顔、下肢の浮腫、痛み、便秘…など

たくさんの不調があります。

お一人で自由に体を動かすことが困難で、20メートル先のトイレに行くにも1時間くらいかかるとのこと…

最近は左手の震えが特にキツくなっています。

当院の「真頭皮針(しんとうひしん)」療法を施し、体全体にも鍼治療をさせてもらっています

関節「可動域」改善法も一緒に受けてもらい、出来る限り体を動かすようにしています

治療後は体が動きやすくなり、車椅子の足台に介助なく自分で置くことができるようになられます

進行悪化しないよう、出来る限りの治療で頑張っていきましょう

呼吸がしやすくなった!|脊髄小脳変性症(50代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

三年前から歩行時のふらつきが出始め、その後も目がしんどく開けてられない、呼吸がしにくい等の症状がある。

病院では脊髄小脳変性症かも?と言われた。

という事でご来院されました。

初診終了後、いつもよりよく眠れた。

3回目終了後、呼吸が以前よりしやすくなった気がする

6回目、足の冷え感がマシになった

7回目、ふらつきは変わらないが、目が少しラクになった

等の嬉しいご報告を頂いております

脊髄小脳変性症症状の進行悪化を防ぐために継続治療中です

脊髄小脳変性症患者様のお声(50代 男性)

カテゴリ:その他の難病

脊髄小脳変性症の患者様からの感想をいただきました

スタッフ様の応対がとても丁寧で、すごくアットホームな感覚をいつも感じます。
地方からの通院ですが、毎回、小旅行の気分で通えています。

だいたい1時間半くらいの施術ですが、施術が終わった後は体が軽く、動きやすくなるような感覚になります。
脊髄小脳変性症ですが、5年以上たった今でも、ほとんど進行らしい進行ははたから見た目ではわからないくらいです。
それはひとえに堂島鍼灸の施術によるものだと思っています。
今後も定期的に通って、行こうと思っています。

コストパフォーマンスとして、ほかがどうなのかはわからないところもありますが、毎回、その時の状態や体の不調を考えて施術してくれているのが伝わります。通り一遍等な施術ではなく、鍼をさす位置や量がその時々の治療で違っているのは、それだけ患者に寄り添ってくれているからだと思っています。

この病気になってから、最初に出会ったのが堂島鍼灸さんで、もしも他の治療院だったら、ここまで通えていないと思いますし今後も定期的に通って、体の健康、心の健康、を続けて行きたいと思います。

脊髄小脳変性症に進行が見られない(40代 男性)

2年前からふらつき、呂律が回りにくくなり喋りづらい 文字が書きにくい…などの症状が現れ、病院にて「脊髄小脳変性症」と診断されました。

今まで勤めていた会社を辞め、職業訓練の学校に通い新しい職を探されていました。

この1年「真頭皮針」治療を受けながら、職業訓練の学校にも通い…ついに、就職が決まり今は元気にお仕事をされています。

SCD特有の症状に進行はなく、むしろ以前よりも体調がいいそうです

この調子でこれからも治療とお仕事を頑張ってくださいね

応援しています

脊髄小脳変性症(70代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

3年前の日から通院されている脊髄小脳変性症の患者様です。

症状

・ふらつき
・呂律が回りにくい
・字が書きにくい

経過

治療を初めて3年が経ちますが、少しの進行はありますが、現在もよく歩かれていますし、夏には水泳を教えています長く維持出来るようしっかり治療していきたいと思います

小脳萎縮によるフラつき(69才 女性)

カテゴリ:その他の難病

フラつき、呂律が回らず喋りにくい、文字が書きにくくなってきた。

病院では小脳に萎縮が見られ、少しずつ症状がひどくなってきた…とのことで、堂島針灸接骨院を受診されました。

当院の真頭皮針治療を開始して、今年で3年目になりますが、フラダンスも継続されて発表会にも出演チームの納会では、100人くらいの人の前で司会も務められ

ご本人は「まだふらついてモタモタしてるんよ」と言われますが、ほとんど進化が見られず、初診時よりもお元気になられてます

現在2週間に1度の治療ですが、この調子で行きましょうね

5年前から脊髄小脳変性症の治療(40代 男性 会社員)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症の患者様で初診は5年前…

福井県から月1回は堂島針灸接骨院に治療に来ていただいてます。

ふらつき、構音障害、書字困難がありますが、現在もほとんど症状の進行もなく、通院していただいてます

「真頭皮針」を中心に、都度お身体の調子をお聞きし、全身に鍼治療をしています。

この調子で、これからも全力でサポートさせていただきます

いつも遠いところ治療に来ていただきまして、ありがとうございます

 

 

歩きやすくなった!|脊髄小脳変性症(20代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

2年前からふらつき、呂律、字が上手く書けないといった症状が出始め、病院にて脊髄小脳変性症と診断。

特に「歩行、呂律の進行を感じる。」「歩行時の腰の痛みが辛い」という事で来院されました。

初診終了後、身体がぽかぽか暖かくなりよく眠れた。

鍼灸治療3回目、腰の痛みが少しマシになった!

鍼灸治療4回目、腰が更に楽になった。

鍼灸治療5回目、最初に比べると少し歩きやすくなった気がする

との嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

脊髄小脳変性症(SCD)|症状の進行はみられない(50歳代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

5年前から歩きにくさを感じ、病院にて脊髄小脳変性症と診断

病院から処方された薬を飲んでいても 改善に変化はなく、いろんな治療を試されましたが、最終的に鍼灸治療がいいのでは?とのことで堂島針灸接骨院に来院。

発症から少しずつ症状は進行していたが、針治療(真頭皮針)を受けてから、「症状の進行はみられない」との事。

症状に変化はないものの、脊髄小脳変性症の症状進行もしていない

この調子で針灸治療(真頭皮針)を継続していきましょう

 

以前より歩きやすい!|脊髄小脳変性症(60代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

4年前から歩行時のふらつき、喋りにくさが出始め、小脳変性症と診断。以来当院での針治療(真頭皮針治療)を継続して受けて頂いています。

針を受けた後は身体全体が軽くなる。

その後徐々に戻っていく感覚はあるものの、当初より歩きやすいように感じるとの事!

先日病院で検査を受けたが、病状の進行はあまりみられないと言われたの事でした

更なる改善を目指して継続治療中です

脊髄小脳変性症の治療(70代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

大阪府河内長野からお越しの、70代のYさまです。

片道1時間半くらいかけて大阪市北区堂島まで来てくださいます。

小脳が萎縮してきてフラつき、運動面や会話がしにくくなってくる 進行性の難病(脊髄小脳変性症)です。

Y様が当院に治療に来られたのは今から7年くらい前です。

経過が良く、長い間治療をお休みされていたのですが、3年くらい前に フラつきが大きくなってきたので再度来院されました。

7年前と比べると、進行したと思う感じでしたが、治療を再開してからは、ほとんど進化悪化が見られず、今もお一人で通院していただいてます。

進行性の難病は、経過が良くても 治療継続される事をお勧めします。

 

歩きやすかった!|脊髄小脳変性症(50代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

四年前から歩きにくさ、喋りにくさ、便秘といった症状が少しずつ出始め、脊髄小脳変性症と診断。

最近になり「急に進行を感じる。」という事でご来院されました。

初診終了後
すぐに便がありました!

真頭皮針治療2回目終了後
少し身体が軽くなった!

真頭皮針治療3回目
治療後二日間は歩きやすかった!

との嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

 

走れた!|SCD(40代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

4年前から通院されている脊髄小脳変性症(SCD)の患者様です。

症状
・フラつき
・歩行困難
・眼振

経過
脊髄小脳変性症(SCD)を発症して6年程経っているので、初診の頃に比べると、若干の不安定さはありますが、現在も1人で電車に乗って通院されています先日のお盆も歩く練習をしていて、ふと思い立って走ったら走れたとのことでした

現在は、月1回のペースで進行を防ぐ為に真頭皮針治療をしています

 

歩行が以前よりラクになった!|脊髄小脳変性症(50代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

一年前から歩行時のフラツキ、喋りにくさといった脊髄小脳変性症の症状が出始め、それに伴い腰痛、首肩のコリなども気になりはじめた。という事でご来院されました。

初診終了後
少し身体が軽くなった感じがするとの事!

鍼灸治療5回目
首肩がだいぶ楽になってきた!

鍼灸治療10回目
腰痛がマシになり歩行が以前よりラクになった!

その後もフラツキはあるものの、病状の進行を感じる事はないとの事

更なる改善を目指して継続治療中です

 

治療後は2回くらい排便|脊髄小脳変性症(55歳 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

滋賀県よりお越しの〇〇様

脊髄小脳変性症と診断されて3年が経ち、当初はフラつきながらでも歩行できておられたそうですが、現在は歩行器を押してやっと歩ける感じで、聞き取れますが構音障害もあります。

残念ながらこの病気は完治できません。

発症当時よりかなり進行されているので、まずは 今以上に進行しないように、少しでも症状が改善できるようお話しさせていただき真頭皮針治療を開始しました。

仰向けで、「真頭皮針(しんとうひしん)」を施し 首や下半身を入念にマッサージしました。

今日は2回目の治療です

初診治療後どうでしたか?とお伺いすると、「お腹がずっと温かくなっている」との事です

ひどい便秘でしたが、治療後は2回くらい排便があるとの事です

普段、全く運動やリハビリをされてないとのこともあり、JO(関節可動域改善法)もお勧めしました。

まずは、身体の動いていない色々な部分から正常な変化へと導き、少しでも改善していくように…

これからですよ一緒に頑張りましょう

 

 

動きがスムーズになってきた!|脊髄小脳変性症(50代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

一年前から歩行時のふらつき、喋りにくさ、便秘、腰痛といった症状が出始め、脊髄小脳変性症と診断。

当院へ来院されました。

2回目の鍼灸治療後

腰が軽くなった!

3回目の鍼灸治療後

毎日便が出るようになった!

6回目の鍼灸治療後

動作が少しずつスムーズになってきた!

との嬉しいご報告をいただきました

更なる改善を目指して継続治療中です

脊椎小脳変性症(55歳 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

症状 (歩行時にふら付く等)
ご職業(専業主婦)

数年前から歩行時に少し違和感を感じ、徐々にふら付く様になりました。
2018年始に検査をと思い脳神経内科を受診。

MRI検査等の結果、脊椎小脳変性症と診断。
その後通院するもののこれといった治療法もなく薬を服用するだけで特になにもする事もなく1年が過ぎました。
何か他に治療法がないものかと調べる内に当院の事を知りました。

昨年末に受診させて頂き新脳針治療法を10回の集中施術を勧めて頂き通院させて頂きました。
結果、歩行時の違和感、ふら付き等は特に変化はないのですが各動作スピードが速くなった様に感じます。
明らかに変化を感じる事は、以前より便通が良くなり血行も良くなってきた事です。

また、歩行時のふら付き等に変化が無い事は何より良い結果だと感じております。

 

症状の進行悪化は見られません|家族性 脊髄小脳変性症(71歳 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

当院への初診は、平成24年6月

フラつき、構音障害、書字困難…など、脊髄小脳変性症の症状で来院されました。

2ヶ月間治療しましたが、夏の暑さにより通院しにくいとのことで、一時治療はお休みとなり…それから6年が経ち、「脊髄小脳変性症の症状が進んできた」とのことで、再度治療を開始しました。

遺伝性の脊髄小脳変性症(SCD)ですので進行は緩やかと思われますが、確かに、初診時よりもフラつきが大きくなり、喋り方も ゆっくりで呂律がまわらないような症状がみられました。

週に1回の「真頭皮針(しんとうひしん)」療法を開始

現在は2週間に1回の治療を継続しておりますが、全く脊髄小脳変性症による症状の進行悪化は見られません
大阪、梅田の堂島針灸接骨院まで2時間かけての通院ですが、歩行も安定しておられます。このまま、進行悪化しませんように

以前は畑をされていたので、農作物の話しを教えて下さいます
これからも精一杯の治療をしていきますので、このまま進行悪化しないように、頑張っていきましょう〜

時々は走る事も出来ている!|脊髄小脳変性症(40歳 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

当院へは8年前くらいから通院していただいてる、脊髄小脳変性症と診断された女性の方です。

電車で1時間半くらいかけて、堂島針灸接骨院に来てくださってます。

フラつき、呂律のまわりにくさ、めまい…があります。

当初は週に1回の治療を継続的に受けていただいてました。
現在は、月に1回の治療ですが、多少フラつきはあるものの、ほとんど症状の進行悪化もなく、時々は走る事も出来ているとの事です

めまいについては、生理前が特にひどいとのことでしたが、今は、たまにあるくらいで、安定されてます。

この調子で、治療継続していきましょう

症状の進行を感じない!|脊髄小脳変性症(70代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

五年前に脊髄小脳変性症と診断。

歩行時のふらつき、喋りくさといった症状が以前より進行している。

という事でご来院頂きました。

初診後、身体が軽くなり歩行が少し楽に感じるとの事

その後も定期的な治療を続けて、初診から一年が経った現在も「症状の進行をほとんど感じる事はない」との嬉しいご報告を頂いております

今後も更なる改善を目指して継続治療中です

症状の進行が見られない!|脊髄小脳変性症(60代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

一年ほど前から歩行時のふらつき、喋りにくさ、便秘といった症状が出始め、脊髄小脳変性症と診断。

少しでも症状が軽くなれば、、という事でご来院されました。

3回目の治療後
身体が軽くなった!

10回目の治療後
量は少ないが、毎日便が出ている!

初診から半年が経ちましたが、ドクターからも「症状の進行はあまり見られない。」と言われたそうです

更なる改善を目指して継続治療中です

食欲が戻ってきた! |脊髄小脳変性症(60代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

三年前から喋り辛さを感じ始め、徐々にフラつき、便秘、不眠、食欲低下という症状が出始めという事でご来院されました。

治療を開始したその次の日から、「食欲が少しずつ戻ってきた」

3回目の治療後、「便通が良くなってきた」

4回目の治療に来て頂いた時には「夕べは良く眠れました」

等の嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

 

勇気をもらいました!|脊髄小脳変性症(50代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症」は、小脳の萎縮により、歩行・バランス・書字・呂律などに障害が出て、運動失調を主な症状とする進行性の難病です。

新脳針治療や足指マッサージして、頑張って続けようと実感してます。
針の方は初めは正直効くのかは解らないながら最初は10回毎日通いました。
その後、週3で今通ってます。

私は、難病の脊椎小脳変性症です。
脳神経内科の担当医からは、治療方法がなく定期的な診察を繰り返すのみで2ヶ月に1回診察で以前との変化確認のみの診察だけです。
でも、堂島鍼灸院さんに通い出してからは、気分的に頑張れるようにもなりました。
色々な病気が有るとは思いますが、気持だけでも勇気を頂ける堂島鍼灸院さんです。
院長先生スタッフに皆様有難う御座います。
感謝してます。      (エキテン口コミより)

 

症状の進行がみられない!|脊髄小脳変性症(60代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

三年ほど前から歩行時のふらつき、呂律が回りにくいといった症状があり、脊髄小脳変性症と診断。

2年前より治療を開始、現在は2週間に一度のペースで通院されています。

現在までに症状の進行を感じる事もあまり無く、調子の波はあるものの、調子の良い日はふらつきが少ないとの事です

今後も症状の進行悪化を防ぐために継続治療中です

進行が凄く緩やかになっています!|脊髄小脳変性症(50代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

4年前から、遠方よりお越しいただいている患者様で、病名診断された年から新脳針治療を受けていただいています。

症状
●歩行時のフラつき
●呂律が回りにくい
●首肩こり、たまに頭痛
●右膝痛

経過
不調が出始めてから6年位経ちますが、歩行時のフラつきは、症状当時とほぼ変わらず維持出来ています
最初あった右膝の痛みや肩凝り、頭痛も現在は症状を訴えられなくなりました
遠方なので年に数回の治療ペースですが、進行が凄く緩やかになっています

今後も継続して治療させていただきたいと思います

 

今日初めて杖無しで歩けました!|脊髄小脳変性症(40代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

1年半前ぐらいから「喋りにくさ」、「歩行時のふらつき」が出始め、よくこけるようになり、病院で検査をし『脊髄小脳変性症』と診断。
現在病院では二ヶ月に一回変化確認のみの診察。という事でご来院されました。

当院の鍼灸治療5回治療を終えた頃から徐々に効果が見られるようになります。

「身体が、軽くなってきた」
「今日初めて杖無しで歩けました!」
等、嬉しいご報告を頂きました

その後も毎週治療に通って頂いていますが、定期的に通っているほうが歩き易く、身体全体調子が良いとの事です

更なる改善を目指して継続治療中です

 

「症状の進行が非常にゆっくりです」と言われました!|脊髄小脳変性症(50代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

2年ほど前から、歩行時のふらつき、喋りにくさを感じる様になり、去年(2018年)脊髄小脳変性症と診断。

そして今回「以前よりもふらつきがきつくなってきている。」という事でご来院されました。

症状の進行を抑え、日常生活を少しでも改善できるよう鍼治療をスタートしました

初診終了後、少し身体が軽くなった!
鍼灸治療4回目、寝つきが良くなった!

その後も週一回のペースで通院して頂き、日によって波はあるものの、ご本人も症状の進行はあまり感じないとの事でした

そして初診から三ヶ月を過ぎた先日、病院でドクターが「症状の進行が非常にゆっくりです」と言っていたと嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

 

症状の進行を感じる事は無い!|脊髄小脳変性症(50代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

2年前より歩行時のふらつきを感じる様になり、脊髄小脳変性症と診断。

今年に入り
・呂律が回らない
・喋りにくい
・夜中によく目が覚める
などの症状も出てきたという事でご来院されました。

脊髄小脳変性症による症状の進行悪化を防ぎ、日常生活を少しでも改善できるよう鍼治療スタート

初診終了後
夜中に目覚める事無く、朝までぐっすり眠れたとの事!

鍼治療5回目
身体全体が少し軽くなった。

鍼治療8回目
日によって調子の良い日が出てきた。

鍼治療13回目
仕事後は疲れが出てきてフラつくが、今朝は今までにないくらい調子が良かった!

その後も調子の波はあるものの、症状の進行を感じる事は無いとの事です

更なる改善を目指して継続治療中です

 

▲