カテゴリー: 脊髄小脳変性症

新規患者様からのお問合せ(2021年12月)

カテゴリ:その他の難病

12/1 痙攣性発生障害
12/1 歩行のふらつき、最近では自力での歩行は困難。呂律が回らない等のMSA症状が出ております。
12/3 自閉症
12/3 パーキンソンと思われる症状で、右手が、開きません。何とか、ききてなため、治してあげたいのです。
12/4 逆流性食道炎・生理痛
12/4 脊髄小脳変性症(SCD)ふらつきがあり、受診して検査したところ、小脳に萎縮がみられると言われました。ストレートネックもあると言われました。
12/6 学習障害
12/8 発達おくれ
12/10 発達障害 キーっとなったり、我慢ができない、注意力散漫、時間の感覚に乏しい状況
12/10 特発性全般てんかん服薬治療開始したが、薬の影響?で体調悪化。
12/12 骨盤の歪み
12/13 肩こり
12/13 斜頸斜頸 ジストニア
12/15 言葉おくれ
12/15 チック 寝てるときも首を振ってる
12/15 認知
12/15 パーキンソン病 左の手足に震え 左足の裏側が、痛く床に5分以上同じ姿勢で座れない
12/17 メビウス症候群
12/18 チック 身体が勝手に動く
12/19 首が上がらない 肩が痛い
12/20 斜視
12/20 肩こり・腰痛
12/24 痙性斜頸
12/26 足がつる
12/27 知的障害
12/29 手足震える

※上記は12月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

話が聞き取りやすい|多系統萎縮症(50代/女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

<通院日数>
約1ヶ月

<治療回数>
6回(週1ペース)

<症状>
2年前に多系統萎縮症と診断
ふらつき、ろれつがまわりにくい
排尿障害など

■5回目のペインスケールにて
「進行悪化が防げている」「気持ちが明るい」と仰っていただきました😊

また、ご家族の方からも「話が聞き取りやすい」「以前はゆっくり話してたけど、ろれつがまわるようになったのか、早くなった」などのお言葉もいただきました。

他にも「お通じが良くなった」とのこと😊

当初より表情が明るくなられ、私たちも嬉しく思います😊

なにかお困りごとやご不安なことがありましたら、いつでもご相談ください!しっかりとサポートさせていただきます💪

お通じの滞り|多系統萎縮症(50代/女性/主婦)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

今回の患者様は、3ヵ月程前に多系統萎縮症と診断され、来院されました。

主な症状は
・ふらつき
・呂律うまくまわらない
・便秘が特に気になる
ということで来院されております。

今のところ便秘に関しましては、お薬は処方されていないということで、お薬を飲まないで一週間に1、2回お通じがあれば良いほうだと仰っておられました。

施術メニューは、真頭皮針を受けられています。

2回目の治療後から、お通じの調子が良くなってきたと仰っておられました。

比較的治療後が、でやすくなるそうです。

なるべくいい状態を長く保てるように治療を頑張っていきましょう!

ろれつがまわらない・ふらつく|脊髄小脳変性症(60代/男性/会社員)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

ペインスケールを紹介いたします📝

【症状】

・ろれつがまわらない
ふらつく
書字困難
手足の冷え
お箸が使いにくい 

など脊髄小脳変性症の症状

【通院日数】
3ヶ月

【治療回数】
10回

【通院内容】
鍼灸・真頭皮針治療
関節「可動域」改善法(JO)を受診
進行悪化を防ぐことを目的として治療を行なっております

【ペインスケール】
📝良い
📝気持ちが明るい

初診時は針が怖くて仕方がないご様子でしたが😊今では「がんばります!😂笑」とのことで、がんばって治療受けてくださっています😊✨

そして、奥様と一緒に来られる際は、とにかくおふたり仲が良く、笑いが絶えません😂✨

また、治療に来られてから「より笑顔が増えた」とのことで、嬉しく思います😊

新規患者様からのお問合せ(2021年11月)

カテゴリ:ジストニア

11/3 自閉症 てんかんの様な発作があります
11/3 PDの疑い 3年前より文字がスラスラ書きづらくなり、ここ半年は特に書こうと思った字がすぐに紙の上に出てこなくなりました。
11/3 チック 出始めてから1年以上たち慢性しておりますが特にひどくなったのは今年の9月からです。
11/3 脊髄小脳変性症(SCD) の症状
11/5 痙性斜頸 21年ほど前に顎のあたりに違和感があり、14年ほど前に顎関節症と咬筋肥大状と痙性斜頸の診断を受けてボトックス注射の治療を受けています。
11/5 ジストニアで左足、左手が動かしにくい。
11/5 脳室周囲白質軟化症(PVL)
11/6 PD 安静時に左手が震える、左下肢に力が入らない
11/6 書痙 15年以上前より字がうまくかけなくなり、約10年前に書痙と言われ、アーテンを飲んていましたが、仕事で細かい作業をする時に距離感がつかみづらくなり、仕事に支障が出たので内服を中止し症状は変わらない。
11/7 頭蓋内胚細胞腫瘍(再発の疑い)汎下垂体機能低下症
11/7 生まれつき難聴で両耳100dB程度
11/7 ジストニア
11/8 先天性難聴 生後5ヵ月の息子が、右耳の先天性高度難聴(一側聾)
11/8 現在、多系統萎縮症(MSA )と診断されて4年ほどです。進行性の難病ですが、少しでも改善できればと思っています。
11/10 安静時、左手が震える。 パーキンソン病(PD) と診断されました。
11/10 ふらつき 歩行時のふらつき。手の震え。便秘。病院でタルチレン処方されています。
11/10 脳脊髄液漏出症 体育祭の騎馬戦で落下し後頭部、背中を強打、のちに脳脊髄液漏出症と診断され、現在も治療中。
11/10 脊髄小脳変性症(SCD)と診断されました。ふらつき(歩行不安定)、複視が主な症状です。
11/12 5年前に脊髄小脳変性症(SCD)が判明
11/15 脳室周囲白質軟化症(PVL) 3歳5ヶ月の息子。右足首の関節が硬く、踵がつきにくいため、歩行や走ることはできるものの転びやすい。知的面での発達障害はありません。
11/17 脊髄小脳変性症(SCD)
11/19 ふらつき 歩行時にふらつきがあります。歩きにくい、話しにくい等の症状。
11/22 慢性的な肩凝り、眼精疲労、胃炎、耳の違和感
11/24 現在18歳ですが、小学2年時にてんかん発症しました。疲れがあると、発作を起こしてしまいます。
11/24 脳室周囲白質軟化症(PVL) で右足のつっぱりが症状として出てきた気がします。
11/24 チック
11/26 自閉症
11/29 約4年前に パーキンソン病(PD) と診断され、神経内科に通院し、投薬治療を行なっていますが、だんだん動きが鈍くなっています。歩行は一歩目がでなく、歩行器を常用しています。声も滑舌が悪く、出にくくなってきました。

※上記は11月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

多系統萎縮症による歩行困難(70代/男性)

カテゴリ:その他の難病

当院の関節「可動域」改善法と真頭皮針療法を受診されています。

関節「可動域」改善法では、身体の安定感を出す為に、腹部とハムストリングの筋トレを行っております。

そして首、骨盤、股、膝、足首の調整を行い、少しでも日常生活を過ごしやすいようにアプローチをしています。

(患者様の声)
ふらつきはあるが、身体は安定している、夜のおしっこの回数も減って、起きあがった時の転倒も減りました。

ありがとうございます。

小脳萎縮症(68才/女性/主婦)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

68才 女性 主婦

数年前から、ふらつき、喋りにくい、字が書きにくい…などの症状が現れ、検査の結果「小脳が萎縮している」と言われてだそうです。

年々、症状がひどくなってきたとのことで、当院を受診されました。最初は詰めて治療されてましたが、コロナ禍で半年以上治療が空いたにも関わらず、フラつきもほとんど感じず毎日趣味のフラダンスもできているとのことです😊現在、1ヶ月に1回の治療継続中です

新規患者様からのお問合せ(2021年10月)

カテゴリ:その他の慢性病

10/1 脊髄小脳変性症と3年前に診断。歩きにくく,話しにくく,文字が書きにくい。失禁も月に2回くらいある。便秘もある。
10/1 SCD診断
10/1 20代でメージュ症候群になり、一時は治っていたのですが、今年6月に再発しました。
10/1 脊髄小脳変性症と診断されている。脚のふらつき、字が書きずらい、呂律が回りにくい
10/3 チック症(首ふり、顔のひきつり)とADHD(落ち着きがなく人の話を聞いてられなく集中力がない、大声)があります。
10/4 夜泣き “夜泣き、かんむし
10/4 口のジストニア
10/4 肩こり 肩凝り 首痛い 背中のはり
10/4 肩凝り、首コリ、目眩、食後に胃が動いてないような時があります
10/4 腰痛
10/4 歩きにくい、呂律がまわらない、字が書きにくい
10/8 広汎性発達障害
10/8 自閉症スペクトラム、構音障害(扁桃腺肥大)があります。
10/8 自閉症 喃語のみで単語がまだ出ない、じっとしているのが苦手、睡眠障害
10/8 肩こりがひどいです
10/9 脳梗塞後遺症
10/11 慢性肩こり・左肩の痛み
10/11 腰の椎間板ヘルニア
10/11 パーキンソン病(PD)
10/13 自閉症スペクトラム(ADHD)、知的障害有り
10/13 PVL・てんかん
10/15 慢性肩こり・左肩の痛み
10/15 右耳あたりから肩腕にかけての痺れ痛み、右腰から脚にかけての痛み
10/15 字を書くときに力が入り過ぎて、上手く書けない。手が強ばり痛い。
10/15 パーキンソン病で、手足の震えは少ないですが、足の張りと腰の曲がり、歩行困難になりつつあります。
10/15 1年前の5月頃から急に左臀部に痛みを感じました。脳神経内科ではパーキンソン症候群の可能性があると言われました。
10/16 橈骨神経麻痺
10/17 吃音
10/18 チック症、かんのむし、神経過敏
10/18 腰痛
10/20 痙性斜頸
10/20 知的障害
10/20 2016年パーキンソン病と診断され、左上下肢のこわばりがあり特に歩行状態が不安定で遅くなっている。
10/20 2019年1月に突然発症した、喉のこわばり、それに伴ってえずいてしまう症状
10/20 脊髄小脳変性症という病気を患い、歩行、言語、日常生活などがやりづらくなりはじめています。
10/20 PD 2年前頃より右指の微かな震えが始まりました。
10/20 自閉症のグレーゾーンと診断。コミュニケーションが苦手
10/20 体がだるく、日常がつらい
10/21 PD
10/21 脊髄小脳変性症
10/23 MSA ふらつき、片足上げが出来ない。多系統と診断されました
10/23 抗体陽性視神経炎
10/23 痙性斜頸
10/24 書痙 右手が10年以上前からペンを握るのに苦慮しています。
10/27 腰椎椎間板症
10/29 PVL
10/29 両肩両腕腰の痛みしびれ
10/29 チック 兄弟・チックと吃音

※上記は10月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

SCD 6型(42才/男性/会社員)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

ふらつく、足が突っ張る、たまにめまい…など、2018年頃から症状がでて、病院で母方の遺伝性のSCD6型と診断。

治療開始から半年が経ちましたが、ふらつくものの大きな進行もなく、どこへでも歩いて行動できお仕事も頑張っておられます。

治療間隔を空けながら、進行しないように継続治療中です。

いつも楽しいお話しをありがとうございます😊

よく走りました!|多系統萎縮症(70代 女性)

カテゴリ:その他の難病

【症状】
多系統萎縮症の症状
ふらつき
腰痛
嚥下
左膝の痛みなど

【通院内容】
約2ヶ月
鍼灸・真頭皮針治療と関節「可動域」改善法を受けていただいてます
進行悪化を防ぐことを目的として治療を行っております。

【治療回数】
10

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
進行悪化が防げている

⚫︎心の状態
笑顔が増えた😊

関節の治療時に靴を変えるよう先生よりお話があり、すぐに買い替え、それ以降膝の調子もよくなったとのこと👟

他にも、先日はご家族で遠方へお出かけされ、よく歩き、よく走られたそうです😊

いつも前向きで明るく笑顔の○○さん!これからも明るく前向きでいてくださるように、精一杯サポートさせていただきます😊💪

新規患者様からのお問合せ(2021年9月)

カテゴリ:ジストニア

9/1 てんかん 3歳男児の症候性部分てんかん、発達障害
9/1 痙性斜頸 “ペンや箸を使うときに震え、不快感がある。学生時に痙攣性発声障害、現在も声を出しにくく、しんどいです。
9/1 発達遅れ ADHD、ASDの病院で診断を受けています。チックもあります。処方薬を服薬しています。
9/3 喉の痛み “以前、上咽頭炎を患った際の症状であった喉の痛みや鼻づまり、ひどい肩こりが再発。その際にかかっていた鍼灸院では自律神経の不調もありと診られた。
9/4 発生障害 過緊張性発声障害か内転型痙攣性発声障害の疑い
9/5 パーキンソン病(非典型) 震えは無いのですが、筋肉の強張りがあります。
9/8 発達遅れ 発達はズリバイ、一人座りまでで、今後ハイハイやつかまり立ちができるようになってほしいです。もちろん最終的には歩けるようになってほしいです!またバイバイなどの動作もなく、知能面での発達も気になっています。
9/8 発達遅れ 発達障害に理解のある鍼灸を検索し、こちらに辿り着きました。
9/8 肩こり・頭痛
9/10 発達おくれ 現在1歳5ヶ月ですが、ずりばいしかできません。1歳半検診では7ヶ月相当の発達と診断されました。療育やリハビリ訪問を受けていますが今のところ改善が見受けられません。
9/10 脊髄小脳変性症(SCD) ふらつき・めまい(特に歩行時)。現在、兵庫医大に通院・経過観察中です。
9/11 てんかん 20歳頃にわかりましたが、側頭葉複雑部分発作、てんかんがあります。薬で殆ど落ち着いておりますが、現在も月経前になると少し発作がおこります。
9/11 脊髄小脳変性症(SCD) 脊髄小脳変性症の2020年8月に診断。現在の症状 歩きにくい・呂律がまわらない・字が書きにくい・箸が使いにくい等”
9/12 パーキンソン病(PD)
9/12 発達遅れ  語彙力、認識力、会話の成立が難しいところがあります。
9/15 パーキンソン病(PD)
9/17 痙性斜頸 病院(神経内科)で、痙性斜頸と診断されました。ボツリヌス療法(注射)と説明があり、早く症状改善をしたかったので、今年1月と4月に注射を打ちました。あまり改善がなく辛い毎日です。
9/18 脳室周囲白質軟化症(PVL) 30週で産まれ脳質周囲白質軟化症と診断され、色々検索しているときいつもでてくるので気になってます!
9/18 脊髄小脳変性症(SCD) 主人は19年前に脊髄小脳変性症と診断され、ゆっくりと進行してきました。遠方なため、可能ならばその日に2回、お願いできればと思います。
9/22 発語なし
9/24 痙攣性発生障害
9/25 自閉症 ここ2週間ほど、昼夜問わず眠たいようで明らかに今までと違う違和感があります。
9/27 脳室周囲白質軟化症(PVL) PVLからの脳性麻痺。痙性四肢麻痺。低緊張。身体全体のつっぱり
9/27 ジストニア 顎が上に上がり、首が痙攣をしている。
9/29 肩こり デスクワーク仕事、自身の姿勢の悪さからか、肩こり、背中のはりが慢性的にあり、常にしんどいです。少しでも解消できればと思っています。

※上記は9月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

クイック診断

カテゴリ:その他の慢性病

堂島針灸接骨院ではパーキンソン病・脊髄小脳変性症・多系統萎縮症・ジストニア、肩首腰の痛みやしびれなど、大人の難病や慢性病。

小児の発達障がい・PVL・てんかんやその他の小児症状に対して、「真頭皮針治療」(鍼灸治療)と、関節「可動域」改善法を行っております。

また、交通事故の後遺症、スポー ツで生じた痛みなど、肩こり・腰痛など・・からだの根本的な治療も行っておりますのでお気軽にお問合せ、ご相談ください。

クイック診断はコチラ

遠⾚外線療法(サンビーマー)について

カテゴリ:その他の慢性病

遠⾚外線療法(サンビーマー) は、
当院の鍼灸治療時に使用しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

新規患者様からのお問合せ(2021年8月)

カテゴリ:ジストニア

8/2 MSA 多系統萎縮症(線条体黒質変性症)と診断され3年になり、現在も補助機器(杖なども)も使用せずにスローペースながらも自力で歩けています。
8/4 SCD 脊髄小脳変性症 足のふらつき、手の震え、物が掴みにくい、字が書きにくい、喋りにくい、疲れやすい、忘れやすい
8/4 左足の麻痺 1年前から腰に違和感を感じ、整形外科を受診しましたが異常無しと言われました。この2ヶ月ほどで急に左足が麻痺して爪先歩きのような感じになってきました。
8/4 手の指が動かない
8/6 発達障害・不登校・対人トラブル・コミュニケーション・落ち着きが無い。多動ADHD
8/6 発達遅れ 2歳8ヶ月
8/6 痙攣性発生障害
8/6 認知症で最近は尿失禁や最近はコミュニケーションが取れず、落ち着きがないです。
8/7 パーキンソン病の疑い 多系統萎縮症の可能性が、あります。
8/7 首肩こり・しびれ
8/8 PVL 出産時、早期胎盤剥離が原因で仮死状態で生まれました。
8/11 母がパーキンソン病を発症し、父親が病院等の対応、管理をおこなっていますが、最近ではほぼ言葉が話せなくなり、一人での歩行も困難な状態です。
8/11 パーキンソン病による右側のふるえ
8/11 左腰が痛く、左足にも痛みが出ています。整形外科を受診しましたが、炎症を起こしかばうことにより、背骨が傾いていると言われました。
8/11 言葉おくれ 2語文が出ない、言葉の理解が出来ていない。
8/14 ジストニア 字が書きづらい。ペンを握ると握り締めてしまう。
8/16 MSA 歩くとふわふわした感じがしていてふらつきがでてきた。
8/19 片頭痛、肩、首が
8/25 足首が固い
8/25 首の痛み、腰痛
8/25 痙攣性発生障害
8/27 知的障害 今年の3月ぐらいから時計の針が気になり過ぎて、時刻ばかり見てしまいます
8/27 めまい、倦怠感
8/27 ジストニア(痙性斜頸)
8/28 難病の原発性側索硬化症(PLS)を発症し、舌の右裏奥が硬くなり、構音障害がでて、大変話しづらく聞きづらい状態
8/28 パーキンソン病の疑い

※上記は8月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

いつもより歩きやすい|脊髄小脳変性症(50代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症の患者様

【通院期間】約3ヶ月(月1、2のペース)

【治療回数】5回目

【特に気になる症状】フラつき、ろれつ、めまい、書字困難、転倒など

「下肢がだるく、外出することに勇気がいる」

と仰っていましたが、前回ご来院時に

「今日はここに来る時間がいつもより早かった気がする。歩きやすかった😃」

と、喜びながらお話ししてくださいました😊

色々なご不安がある中、当院までお越しくださりありがとうございます。お身体の状態が良くなりますよう、スタッフ全員でサポートさせていただきます😊

少しふらつく時もありますが…|SCD(30代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

数年前に脊髄小脳変性症と診断されました。

喋りにくさとふらつきが気になっておられます。
今も少しフラつきが気になるとのことですが、ほとんど進行は見られないと思います。

一日中座りっぱなしのデスクワークなので、適度な運動の必要性をお伝えし、実行していただいています。

現在、2週間に1回の治療継続中です♪

これからもお仕事やお料理に頑張ってください〜😊

進行悪化が防げている|脊髄小脳変性症(50代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症の患者様

通院日数 約6ヶ月

治療回数 19回

<症状>
・歩行困難(足が上がらない、前に進みにくい)
・足の震え、こわばり
この2つが特に気になる症状とのことでした。

遠方からお越しくださり、毎週、鍼灸・真頭皮針治療関節「可動域」改善法(JO)を受診されています。

ペインスケール↓

📝進行悪化が防げている

📝会話が増えた

と、ご感想をいただいております😊

関節「可動域」改善法(JO)では、下肢へのアプローチをメインに、必要に応じて筋力トレーニングも行います💪

関節「可動域」改善法(JO)にて、筋肉の使い方、歩行時のアドバイスなども行なっておりますので、鍼灸治療と併せて受診ご希望の場合はご予約の際にご相談ください😊

※現在、ご予約が大変混み合っているため、ご希望のお日にちに添えない場合がございます。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、なにとぞご了承ください。

進行のことを考えるばかりだったが…(脊髄小脳変性症・40代)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

現在で通院約1ヶ月

6回の治療を受けてくださった患者様😊

鍼灸・真頭皮針治療+関節「可動域」改善法(JO)を受診されています。

歩行の違和感、呂律、不眠などでお困りで、治療法を探していたところ当院を見つけた、とのこと😃

治療5回目のペインスケール↓

📝体の状態
進行悪化が防げている

📝心の状態
気持ちが明るくなった

眠れない日はまだありますが、、
通院前は「進行することばかり考えていたのが、通うようになってからは気持ちが楽になった」と仰っていただき、私たちも嬉しく思います😊

お困りごと、ご不安なことはいつでもご相談ください😄

IMG_4052.jpeg

新規患者様からのお問合せ(2021年7月)

カテゴリ:その他の慢性病

7/3 ADHD 携帯に対して依存が激しく自制心が効かないない。些細なことに対してすぐキレたりイライラしたりすることが多くなっている。
7/3 MSA 昨年11月に多系統萎縮症と言われ、歩くのに不十分を感じており、声が小さく多少呂律が回りにくいです。便秘も出てきています。
7/4 痙攣性発声障害
7/7 SCD 小脳変性症の診断。現在ふらつき、眼振が主な症状です。
7/7 ジストニア “去年の暮れ頃から、腰が反り返り続けてじっとしてることができなくなりました
7/9 PD 2年前に診断
7/9 起立性低血圧 学校に行きづらい・発達遅れもある
7/9 知的障害 発達障害
7/10 MSA ふらつき 便秘 肩こり
7/10 頭鳴り 3年前から頭なりと難聴
7/10 背中のこり 特に左肩甲骨裏の凝りがひどく、腕がしびれる時もある
7/11 自閉症 コミュニケーション障害
7/11 慢性肩こり 首、肩こりが中学生の頃からあります。2日ほど前から頭が痛く薬を飲んでもあまり効かない状態です。
7/12 SCD 現在車イス
7/12 急性腰痛 急激な腰痛に昨日から悩まされています。
7/12 肩こり頭痛・不妊 肩凝りと頭痛が酷く、関節も硬いので悩んでいます。
7/14 PVL 現在6ヶ月半
7/14 てんかん・チック
7/14 喉の違和感 音声外来で内転型痙攣発声障害の疑いと診断
7/14 前立腺炎 色々なところが痛い
7/14 落ち着きがない “落ち着きがなくじっとできない
7/16 MSA
7/16 PVL 早産で産まれました。その後小児科の医師よりPVLの診断を受けました。
7/16 肩こり
7/16 発達おくれ 知能指数が70と低く、グレーゾーンと言われています。
7/17 肩、首、背中の凝りを解消したいです。
7/18 PVL 31週4日の早産で、生後1ヶ月と少しでPVLと診断されました。
7/21 MSA
7/23 SCD 多系統萎縮症の可能性が高い現在、初診日から約5ヶ月経過ふらつきが酷く、一人での歩行が難しい
7/23 交通事故後遺症
7/23 背中のこり 背中のコリ、肩のコリが辛いです。また、円形脱毛症でも悩んでいます。
7/23 本態性振戦 約10年程から両腕の本態性振戦の症状で日常生活に大きな支障で大変困っています。
7/25 腰痛
7/25 自閉症 小学生になった自閉症の子供がいます。知的障害もあります。
7/26 ジストニア
7/28 ジストニア
7/30 広汎性発達障害
7/31 ウエスト症候群 痙攣発作が起きた際は、酸素の数値が下がることが多い。
7/31 低酸素性虚血性脳症

※上記は7月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

新規患者様からのお問合せ(2021年6月)

カテゴリ:ジストニア

6/2 MSA(2018年から手足のふるえやふらつきを感じ、2019年1月に検査入院で多系統萎縮症と診断)
6/2 肩こり
6/2 歩行困難(歩く時のふらつき)
6/2 PD(パーキンソン病の診断)
6/2 先天性難聴
6/4 PD
6/4 ほうれいせん
6/4 発作(2018年2月に原因不明の脳症にかかりました)
6/4 MSA(接骨受診。脚もまともに動かず非常に歩きづらく、上半身も言うことをきいてくれません)
6/4 ADHD
6/4 字が書けない(字が書けない(タイピング等))
6/4 SCD(脊髄小脳変性症)
6/4 PVL(福岡在住で遠方のため集中治療を希望)
6/4 PVL
6/5 複視
6/6 PD(パーキンソン病の症状、手足の震えは薬が効いてます足が特に横移動ができません)
6/6 SCD
6/7 MSA
6/7 ASD(特性からくる興味関心、学習意欲の偏り、不安症等)
6/9 唇やあごの震え(半年ほど前からクラリネットを吹く時に唇と顎、頬が震えるようになりました)
6/9 てんかん(8年前に側頭葉てんかん単純部分発作を発症)
6/9 言葉おくれ
6/9 痙攣性発声障害
6/9 耳鳴り(鼓動に合わせて高い音で「キーン、キーン」という感じ)
6/11 SCD(遺伝性の脊髄小脳変性症、身障者手帳3級を取得)
6/13 SCD
6/16 SCD(脊髄小脳変性症)
6/16 自閉症
6/16 MSA
6/16 複視
6/16 SCD
6/16 PD(震えの症状は無いが、筋肉の収縮があり、主に左半身の筋肉が硬く
痛みがあります)
6/18 PD(パーキンソン病の疑いがある診断されました)
6/18 ADHD
6/19 PD
6/19 腰椎椎間板症
6/19 PD
6/20 ジストニア(ジストニアによる声のつまり。発声障害。)
6/20 慢性疲労症候群
6/21 ADHD
6/21 結節性硬化症
6/23 慢性首凝り(首が慢性的にずっと痛い。違和感がある。)
6/23 点頭てんかん
6/23 吃音
6/23 発達おくれ
6/25 PSP
6/25 PSP
6/25 PSP
6/25 PVL
6/28 学習障害
6/28 痙性斜頸
6/28 書痙
6/30 MSA(薬や注射をしましたが 状態は変わらずもしくは進行しているような気がします)
6/30 PD(便秘・食欲が出ない・不眠・声が出しづらい・頭がモヤモヤ・筋肉のこわばり・左手の震えなど)

※上記は6月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※ただいま美容鍼の新規の患者様は受けておりません。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

多系統萎縮症(40代 女性)

カテゴリ:その他の難病

◆治療内容
鍼灸・真頭皮針治療関節「可動域」改善法(JO)
関節「可動域」改善法(JO)では体のバランスを確認しながら筋肉をゆるめる治療を行っております。

◆スタッフコメント
通院されて約1年が経ちました。
進行は防げていると思います。
身体のバランスは初診時より良いです。
この調子で治療していきたいと思います。

◆治療のご意見・ご感想

脊髄小脳変性症の疑い(40代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

いつも優しく楽しく話しかけて下さり 月に一回通うのが楽しみです。 

治療のために通っているけれどリラックス&リフレッシュしに通っているんだ~という気持ちになります。

病院で脊髄小脳変性症の疑いがあると言われてから落ち込む日々で、ちょっとした症状にも敏感になっていましたが通い始めてから 気持ちの持ち方や日々のすごし方を的確に教えて下さり、 又、病気の症状も 手の震えなど 気にならなくなるぐらい 軽くなっているかもと思えるぐらいです。

これからもよろしくお願いします

新規患者様からのお問合せ(2021年5月)

カテゴリ:ジストニア

5/1 ジストニア 字が書きにくい
5/2 ジストニア 音楽家ジストニアの疑い
5/2 美容鍼
5/2 交通事故による体の歪み、偏頭痛や目の周辺の痛み
5/3 難聴 左耳が聞こえづらい
5/4 のむくみ
5/4 痙攣性発生障害 シンガーソングライター
5/5 眼精疲労・顔のはり
5/5 物忘れ
5/6 首筋の痛み
5/6 パーキンソン病
5/6 SCD 脳神経内科を受診して脊髄小脳変性症と診断されました。
5/7 言葉遅れ
5/7 発達おくれ
5/7 SCD 脊髄小脳変性症6型
5/7 肌荒れ
5/8 SCD 遺伝性の脊髄小脳変性症
5/8 SCD 医者に「どうしようもない」と言われている。希望がほしい。治療内容について聞きたい
5/10 SCD 病気の進行が感じられるので治療を受けたい
5/14 目の症状 詳細はコメント
5/14 幼いころにPVL・肩凝りと歩きにくさ
5/14 字が書きにくい
5/14 球脊髄性筋萎縮症
5/16 肩こり
5/17 チック 首を動かす・目をきょろきょろ
5/17 ずっと喉に違和感があり、気持ち悪い状態
5/18 肩こり、マスク着用部分(口回り)が急に乾燥カサカサ 美容鍼
5/18 首・肩凝り・巻き肩
5/19 脳梗塞、顔面麻痺
5/19 まだ確定診断ではないのですがSCDではないかと思う
5/19 目の下のシミ・シワ・たるみ、ほうれい線も気になってきたので美容鍼を一度試してみたい
5/21 へそ下のしびれ
5/21 起立性低血圧
5/22 お知り合いの方がSCD
5/22 のむくみ
5/22 手のつっぱり パソコンのタイピングがやりにくかったり、手を挙げるとつっぱって力が長くもたない
5/25 肩を痛めた
5/25 ウエスト症候群 生後5ヶ月に入る手前でウエスト症候群を発症
5/25 半年ほど前から書痙
5/25 顔のくすみ
5/25 レット症候群
5/26 痙性斜頸
5/26 自閉症 発語なし、多動、癇癪、目が合いにくい,クレーン現象、ものを並べる(積む)1人遊びが多い、つま先歩き、偏食,呼びかけはほぼ無視、じっとできない
5/28 パーキンソン病で歩行時の前屈がひどいです。
5/28 ハイリーセンシティブチャイルドHSCの疑いがある
5/28 首、肩、腰のだるさが取れない、昼過ぎごろからの頭痛に悩んでいます
5/29 腰痛 昨日腰を痛めた
5/29 SCD 脊髄小脳変性症を発症して25年たち、歩行困難、構音障害、書字困難、食事時の嚥下障害などの症状が進行している
5/29 てんかん発作1度起きました。
5/31 脳出血後遺症・右片麻痺(視覚障害)
5/31 頬の赤み、たるみ、毛穴の目立ち、左右非対称

※上記は5月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※ただいま美容鍼の新規の患者様は受けておりません。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

新規患者様からのお問合せ(2021年4月)

カテゴリ:その他の難病

4/2 家族がPDのような症状があるので治療できますか?
4/5 お母様がMSAで資料請求
4/6 複視
4/7 肩こり・左腕のしびれ
4/9 くま・ニキビ跡
4/9 にきび・むくみ
4/9 自閉症
4/9 てんかん
4/9 ジストニアで親指が勝手に曲がる
4/10 顔の赤み、乾燥肌、冷え性、肩こり
4/10 声が出しにくい、慢性上咽頭炎、アトピー性皮膚炎
4/10 奥様がパーキンソン病
4/12 頸部ジストニア
4/12 早産児で脳室周囲白質軟化症と診断されました。
4/12 ジストニア
4/13 自閉スペクトラム症(ADHD)
4/13 結婚式があるため、美容鍼をやってみたい
4/13 発声障害に効果はあるのかというご質問
4/13 吃音
4/15 ジストニア
4/15 発達おくれ
4/15 吃音
4/16 てんかん
4/17 ADHD
4/17 頬のたるみ
4/19 肩こり・頭痛
4/20 MSA
4/23 PD
4/23 こめかみ付近で脳鳴りが止まない、音と臭い過敏、不眠気味
4/23 歪み・クマ
4/23 顔のたるみ
4/23 診断されてないが、ジストニアだと思う
4/23 SCD
4/23 脳室周囲白質軟化症、ハイハイ・座位ができない
4/27 発達障害
4/30 下顎のジストニア
4/30 泣き止まない
4/30 ADHD・花粉・ハウスダストなどのアレルギー

※上記は4月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。
詳しくはこちら

1年前にふらつきや呂律が回りにくい…と症状|脊髄小脳変性症(60代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

1年前にふらつきや呂律が回りにくい…と症状が出てきて、脊髄小脳変性症(SCD)と診断されました。

1年前と比べると、症状は進行しているとご本人は言われます。

「まず進行を防ぎ、現在の状態を保つ事。そして、少しでも症状が改善できるようにしていきましょう」と、お話しさせていただき「真頭皮針」を開始しました。

「治療後、とても身体が軽くなり背中がスッキリした様な感じがします! 他に治療法もないので、しばらく通ってみようかと思います」と、

メールをいただきました(^^)

まだ一回しか治療できていませんが、進行させないように、今の生活を変わらず続けていける様にどうぞご来院下さい(^。^)

スタッフ一同で、サポートしていきます(^o^)

脊髄小脳変性症(60代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

6年程前からふらつきとしゃべりにくさを自覚するようになり、
2年位前に脊髄小脳変性症と診断されました。

その後体力的にきつくなり孫の保育園入園に合わせて仕事を辞めました。

神経内科の先生からは治療法がなく定期的に経過観察を繰り返すのみだと言われ、半ば諦めて毎日を過ごしていた時にインターネットで堂島針灸接骨院さんを見つけ治療を受けてみる事にしました。

遠方から通う為一度に鍼灸・真頭皮針治療2回+関節「可動域」改善法をお願いしています。

鍼も整体も初めてで少し不安でしたがスタッフの皆様がやさしく親切に接して下さり痛みや違和感なくスムーズに治療して頂きました。

3回目位から帰る時には足が軽く歩き易くなっているのが感じられています。月に一度の通院ですが、6回目が過ぎた頃病院の定期経過観察で診察室へ歩いて入った時に担当の先生から「普通の人の歩き方やね。全然普通の人と変わらんよ。」と嬉しい言葉をかけて頂き効果が出てきているのだと感謝しています。

まだ日によって調子のいい日と悪い日があるのですが、何とか家事や孫のご飯も毎日こなしています。

これからも月に一度ですが治療を続けていきたいと思っています。

よろしくお願い致します。

脊髄小脳変性症|転倒しなくなった(40代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

◆治療内容
真頭皮針関節「可動域」改善法
週1のペースでご来院されています
転倒しやすいとのことで、関節「可動域」改善法も開始しました

◆スタッフコメント
進行悪化をふせげるよう、これからも気持ちを前向きに一緒に頑張りましょう!
関節「可動域」改善法を併せて受診してから、転倒していないという事をお聞きして安心しております(^^

◆治療のご意見・ご感想
いつもスタッフ皆さんの対応に感謝しています
今後も宜しくお願いします

SCDの疑い(30代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

◆治療内容
真頭皮針治療(月2回の通院ペース)
ふらつきがまだ少しあるが、治療することでふるえや歩きにくさが少しマシになるとのことです。

◆スタッフコメント
根本的な治療はもちろんですが、その症状に伴う頚肩の症状などもしっかり改善できるよう、一緒にがんばりましょう!

◆治療のご意見・ご感想
症状にあった、じゅうなんな治療をしてもらえるので
まだ未病ですが続けて通っておこうと思います。

多系統萎縮症(60代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

◆治療内容
毎週土曜日にご来院いただいてます。
真頭皮針治療+関節「可動域」改善法を併用で受けてくださり
進行悪化を防ぐ治療を行っております。

◆スタッフコメント
目が開きにくいという症状が出てきているのですが、
治療後はいつもお目目がパッチリとなります。
この調子で、進行悪化を防いでいきましょう!がんばりましょう!

◆治療のご意見・ご感想
(※患者様の奥様が代筆)
週1回の通院のおかげで、今でも「なんとか歩くことができています。
病気の症状の進行をおさえることができ、感謝しております
調子の悪い所にすぐに対処していただけて、助かります。

自分にあった治療は?30秒でわかります!

カテゴリ:その他の慢性病

堂島針灸接骨院ではパーキンソン病・脊髄小脳変性症・多系統萎縮症・ジストニア、肩首腰の痛みやしびれなど、大人の難病や慢性病。

小児の発達障がい・PVL・てんかんやその他の小児症状に対して、「真頭皮針治療」(鍼灸治療)と、関節「可動域」改善法を行っております。

また、交通事故の後遺症、スポー ツで生じた痛みなど、肩こり・腰痛など・・からだの根本的な治療も行っておりますのでお気軽にお問合せ、ご相談ください。

▲