カテゴリー: 脊髄小脳変性症

調子が良くなってきている|多系統萎縮症(40代/男性/自営業)

カテゴリ:その他の難病


多系統萎縮症の患者様の治療経過をご紹介いたします。



症状:

バランスがとりづらい

呂律がまわりづらい・話しづらい

体幹が弱い、手の震えなど



治療回数:5回以上



初診後「身体が楽になった」と仰っていただき

また、「調子が良くなってきている。」とのこと。



今以上に進行が悪化しないように、引き続きしっかりサポートさせていただきますので、ご不安なことなどございましたら、ご相談ください(^^)

多系統萎縮症(40代/男性/自営業)

カテゴリ:その他の難病

(症状)
一年程前から「立ち上がったり、方向転換する時にふらつく」、「呂律が回りにくい」、「字がうまく書けない」という症状があり、2カ月程前に多系統萎縮症と診断を受けた。
ここ3カ月ほど、歩行時もふらつきが出始めたため来院されました。

(経過)
施術メニューは、「真頭皮針」を受けられてます。

現在治療7回目ですが、治療を受ける前と比べると、歩行時のふらつきが比較的少なくなり、杖をついて歩行されてたのが、あまり杖を使わずに今現在は歩けているとのことです。

調子が良い日がだいぶ増えているとのこと。

(スタッフコメント)
初診時と比べると現在はとても明るくなられています!

調子が良い日を少しでも増やし、外に出て杖なしで歩いたりできる状態を維持できるように頑張りましょう!!

新規患者様からのお問合せ(2022年7月)

カテゴリ:その他の慢性病

7月も 大阪・兵庫・京都・奈良・愛知・岡山・広島・三重・滋賀・石川・東京・徳島・福岡・佐賀 等、全国からたくさんの方からの新規お問合せ及びご来院がございました。

・脊髄小脳変性症(SCD) ※複数名
・ジストニア  ※複数名
・注意欠如・多動症(ADHD)※複数名
・多系統萎縮症(MSA) ※複数名
・パーキンソン病(PD) ※複数名
・発達おくれ ※複数名
・てんかん ※複数名
・知的障害
・自閉症
・脳室周囲白質軟化症(PVL)
・筋萎縮性側索硬化症(ALS)の疑い
・腰痛 ※複数名
・痙性斜頸
・右手の震え
・チック
・テニス肘
・胃腸の不快感
・顔のこり
・肩の痛み
・五十肩
・首の痛み
・難聴
・認知症
・背中の痛み
・膝裏の痛み
・肘の痛み
・腕の痛み
・痺れ

※上記は7月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。

お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

進行が遅くなっていると信じて通っています|脊髄小脳変性症(10代/男児)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

(症状)
脊髄小脳変性症と診断。

足がつっぱる、ふらつく、転倒しやすい、手や身体のふるえ、などの症状でお困り。

月に1回、遠方から宿泊で通院していただいております。

治療後は「びっくりするぐらいまっすぐ歩く」「タブレットを触る手もふるえていない」など、治療効果を感じているとのこと。

いつも大阪に来られた際はいろんなところを観光し、たくさん歩いて楽しんでいるそうです(*^-^*)

これからも〇〇くんやご家族の皆様のお力になれるようにサポートいたしますので、お困りのことなどございましたらいつでもご相談ください!

【治療のご意見・ご感想】

(親御様より)
進行が遅くなっていると信じて通っています。
脊髄小脳変性症でなやみをきいてくれるので親の私が気持ちが楽になってます。

新規患者様からのお問合せ(2022年6月)

カテゴリ:その他の慢性病

・脳室周囲白質軟化症(PVL) ※複数名
・脊髄小脳変性症(SCD) ※複数名
・自閉スペクトラム症(ASD)
・パーキンソン病(PD) ※複数名
・多系統萎縮症(MSA) ※複数名
・ギックリ腰  ※複数名
・発達おくれ  ※複数名
・ジストニア  ※複数名
・チック
・てんかん  ※複数名
・ろれつが回りにくい
・右足の痛み
・右手の痛み
・右腕のしびれ
・かかとで歩く
・吃音
・肩こり  ※複数名
・肩の痛み  ※複数名
・五十肩
・口を開けにくい
・腰痛  ※複数名
・左腕の痛み
・坐骨神経痛
・視力低下
・耳鳴り・めまい  ※複数名
・自閉症
・首の緊張
・首の痛み
・集中力がない
・書痙
・足首の固さ
・認知症
・慢性肩こり

大阪・兵庫・和歌山・愛知・佐賀・神奈川等、全国からたくさんの方からの新規お問合せ及びご来院がございました。

※上記は6月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

治療後は調子がいい|脊髄小脳変性症(40代/男性/会社員)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症の患者様のお声です📝

治療回数:13回

通院日数:約2ヶ月

症状:歩行困難、頻尿などの症状が特に困っている。

今はまだ大きな変化というものは感じないし、症状が良くなったり戻ったりもあるが、治療後は調子が良いい。

とのこと。

初診時と比べると表情が明るく、笑顔もお見受けするようになりました😊

症状に波がありますが、進行悪化をしないようにこれからもサポートさせていただきますので、お困りのことがございましたらいつでもご相談ください😊

治療後は調子がいい|脊髄小脳変性症(40代/男性/会社員)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

堂島針灸接骨院です。

脊髄小脳変性症の患者様のお声を紹介します!

治療日数:約2ヶ月

治療回数:5回

症状:ふらつき、ろれつがまわりにくい

歩きにくくて、話しにくいことがお困りです。

治療後は歩きやすさを感じていただいたり、前回は「え…話しやすい!なにこれ、話しやすすぎて、気持ち悪い(笑)」と、治療前との違いに驚かれていたご様子でした。

日が経てば状態は元に戻ってしまうのですが、良い状態が続くよう、進行悪化しないよう、しっかりサポートさせていただきます。

お困りのことがございましたら、いつでもご相談ください😊

脊髄小脳変性症(40代/男性/会社員)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

(症状)

一年程前から、ふらつきを感じるようになり、歩行に違和感を感じ、病院で検査をした結果脊髄小脳変性症と診断される。

現在の主な症状は、歩行時のふらつき、呂律が回りにくい、手を使う細かい動作がうまくできない。

(経過)

施術メニューは真頭皮針を受けられてます。

鍼治療を受けた後は、身体が軽くなり、動きやすくなる。

一時だが、フラツキも少し落ち着く。

通院ペースは、現在は週一回のペースで来院されています。

(スタッフコメント)

少しでも日常生活がスムーズにできるよう、今の良い状態を維持できるように治療とご自宅での運動、ストレッチを頑張りましょう!!

手すりを持たずに階段を降りることができた!|脊髄小脳変性症(50代/男性/整備士)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

【症状】
・ふらつき
・排尿障害
・書字困難

など、脊髄小脳変性症の症状

【治療内容】
鍼灸・真頭皮針治療+関節「可動域」改善法(JO)
遠方より宿泊でお越しいただき、3日連続で受診。

【スタッフコメント】
「普段、階段を降りる際、手すりを持ちながらゆっくり降りるのですが、1回目の治療後、何も持たずに降りることができた!」とのこと(^^)

久しぶりの大阪、いろんな場所をまわって、気が付いたら2万歩も歩いていたそうです。普段はこんなに歩くこともないと、仰っていました。

遠方にお住まいですので、月1回のペースをご提案。

またのお越しをお待ちしております(^^)

【治療のご意見・ご感想】
明るくて良いフンイキ またきたい
良くなると思える感じ

新規患者様からのお問合せ(2022年4月)

カテゴリ:その他の難病

・ パーキンソン病(PD) ※複数名
・ 脳室周囲白質軟化症(PVL) ※複数名
・ 脊髄小脳変性症(SCD) ※複数名
・ ジストニア ※複数名
・ てんかん ※複数名
・ 多系統萎縮症(MSA) ※複数名
・ 言葉おくれ
・ 五十肩
・ 更年期障害
・ 自閉症 ※複数名
・ ウエスト症候群
・ ギックリ腰
・ 花粉症
・ 肩こり腰痛 ※複数名
・ 首の痛み
・ 上肢症状
・ 足のむくみ
・ 突発性難聴
・ 脳梗塞後遺症
・ 脳性麻痺・加齢による不調
・ 発達おくれ ※複数名
・ 痙性斜頸

など

大阪・兵庫・京都・奈良・愛知・岡山・岐阜・三重・静岡・石川・長崎・福井・北海道 など全国からたくさんの方からの新規お問合せ及びご来院がございました。

※上記は4月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

▲