カテゴリー: 真頭皮針(しんとうひしん)療法について

両眼複視が…(57才 男性)

カテゴリ:目・耳・鼻・口の症状

会社員の〇〇様、デスクワークがメインでパソコンを一日中使うお仕事をされていました。

なんだか見にくい、ズレて見えるようになる…😞

眼科を受診し、目の前のものが歪んで見える「両眼複視」と 診断されました。

プリズムを調整するメガネを購入されたり、車の運転も出来ず日常生活に支障がでてきました。

医師からは外転神経が動いていないとの診断

真頭皮針」を施し、またデスクワークで凝り固まった首や肩にも、「関節可動域改善法」からアプローチしていきました。

施術1回目の後、「動かなかった目が動きました❗️嬉しかったので、お電話しました❣️」と、わざわざ連絡を下さいました😄👍

その後も良い兆候が次々と現れ…本日9回目の治療日…❗️

「先生…元に戻りました!治りました!車も運転できています!」

と、言っていただき私達も本当に嬉しかったです❗️😭

真頭皮針治療はあと1回で卒業とし、「関節可動域改善法」を継続する事となりました。

短期間で症状が改善できて、本当に嬉しいです😃

「真頭皮針」

「関節可動域改善法」

お通じが良くなった!|パーキンソン病(60代 男性)

カテゴリ:パーキンソン病

一年程前から、足が出にくく歩きにくい。

便秘、頻尿、身体がこわばる。
手が震えるといった症状が出始めパーキンソン病と診断。

日常生活を少しでも改善できれば、、、

という事で当院の鍼灸治療(新頭皮針治療)を受診されました。

📝初診終了後、首肩が軽くなったからか身体全体が少しラクになった様な気がするとの事!

📝3回目終了後、お通じが良くなりました❗️

📝6回目終了後、尿の回数が減った❗️

少しずつ良い変化が出てきています😄

更なる改善を目指して継続治療中です✨

●お知らせ
ただ今、既存患者様限定で電話無料相談を実施しております。
予約方法など詳細はこちらをご覧ください。
尚、初めての方は、お問合せフォームよりご相談やご質問を送信ください。

多系統萎縮症(40代 女性)

カテゴリ:その他の難病

3年位前からバランスが悪くなり、昨年から当院の鍼灸(真頭皮針)治療に来られました。

📖症状

・ふらつき
・呂律が周り辛い
・めまい

📖経過

治療に来られて半年位ですが、初診時から大きな進行はなく歩いて通院されています😊途中頭痛や息苦しさなどの症状が出ましたが、現在は改善されています‼️ 

痺れを感じない日が出てきた!|左半身の痺れ(20代 女性)

カテゴリ:その他の難病

2年前から左半身に痺れが出始め、ここ最近は特に症状がキツい。

マッサージ等受けてみたが改善されない。

という事でご来院されました。

📝初診終了後、身体が軽くなった!

📝2回目鍼灸治療終了後、前よりよく眠れるようになってきた❗️

📝3回目 鍼灸治療 、痺れを感じない日が出てきた❗️

等の嬉しいご報告を頂いております✨

更なる改善を目指して継続治療中です😊

多系統萎縮症、左手の震え(70代 女性)

多系統萎縮症(MSA)と診断

歩行困難、呂律が回りにくい、手足の震え、顔、下肢の浮腫、痛み、便秘…など

たくさんの不調があります。

お一人で自由に体を動かすことが困難で、20メートル先のトイレに行くにも1時間くらいかかるとのこと…

最近は左手の震えが特にキツくなっています。

当院の「真頭皮針(しんとうひしん)」療法を施し、体全体にも鍼治療をさせてもらっています

関節「可動域」改善法も一緒に受けてもらい、出来る限り体を動かすようにしています

治療後は体が動きやすくなり、車椅子の足台に介助なく自分で置くことができるようになられます

進行悪化しないよう、出来る限りの治療で頑張っていきましょう

先天性異常(2才 女児)

先天性異常による発達障害があり、当院の鍼灸治療関節「可動域」改善法を受診されています。

首がまだ据わってなく自由に身体を動かすことが難しいです。

施術としては、首と足首と骨盤の動きと寝返りの練習をしています。

(患者様の声)

堂島針灸接骨院に通ってから10回目です。

笑うよになったり、座ろとしたり、寝返りをするようになって来ました。

この調子で変化して欲しいと思います。

私自身も次回針治療を受ける予定です。

ありがとうございました。

脊髄小脳変性症に進行が見られない(40代 男性)

2年前からふらつき、呂律が回りにくくなり喋りづらい 文字が書きにくい…などの症状が現れ、病院にて「脊髄小脳変性症」と診断されました。

今まで勤めていた会社を辞め、職業訓練の学校に通い新しい職を探されていました。

この1年「真頭皮針」治療を受けながら、職業訓練の学校にも通い…ついに、就職が決まり今は元気にお仕事をされています。

SCD特有の症状に進行はなく、むしろ以前よりも体調がいいそうです

この調子でこれからも治療とお仕事を頑張ってくださいね

応援しています

左肩関節の痛み(90代 男性)

自転車で転倒してから左肩の痛みが取れない…

運動痛もあり、生活に支障が出ておられました。

鍼(真頭皮針)治療と、関節「可動域」改善法の両メニューを受けていただいています

現在、10→2レベルまで痛みがなくなりました。

これからもスタッフ一同、しっかりサポートさせていただきます

複視とギランバレー症候群の麻痺(75歳 男性)

カテゴリ:その他の難病

70歳になるまでこれと言った病気もせず来られたのですが、急に物が二重に見える『複視』と言う病を発症し、病院で20日間入院してステロイド治療後、藁をも掴む思いで未完治の状態で堂島鍼灸接骨院の真頭皮針治療を受け始めました。その結果1週間程で急速に回復に向かい、1ヶ月程で完治できました。

その後 自分の免疫が自分の神経細胞を攻撃して筋肉が動かなくなる難病『ギランバレー症候群』を発症し、再び2ヶ月間入院し、薬剤投与とリハビリで歩けるようになると、眼と口の麻痺が残ったまま病院治療が終了し退院しました。そこで再び前田院長先生の真頭皮針治療を受け始め、現在では麻痺の症状が判らない位に回復しました。

治療中、私に「必ず治ります。一緒に頑張りましょう!」と院長先生から優しい励ましを頂き挫折する事なく2年半の治療を続けることが出来たと思っています。またスタッフの皆様から明るい対応と治療をして頂き安心して治療が出来たことに感謝しております。有難うございました。

 

PVLのお子様(2才 男児)

PVLと診断され、当院を受診されています。

言葉おくれ、歩行困難、下肢の緊張があります。

在位(お座り)はできるのですが、ハイハイしないでお尻でズリズリと移動してしまいます。

真頭皮針関節「可動域」改善法の両方を、週に一回受けて頂いてます。

前回、パパ、ママ、アンパン…などの言葉がはっきり出るようになりました

四つ這いにさせるとすごく嫌がっていたのが、手を前に出し少しずつハイハイするようになってきました

真頭皮針では、腰回りも意識してアプローチしています

この調子で頑張っていきましょう〜

 

脳室周囲白質軟化症PVLの経過(2才 男児)

脳室周囲白質軟化症(PVL)と診断され早めの治療をと、当院を受診されました。

症状は、言葉おくれ、下肢の硬さ、立位困難、お尻で移動します。

「真頭皮針」「関節可動域改善治療」との併用で治療継続中です。

先日、なんとハイハイしました

また、「パパ」「ママ」などの単語がでて、喃語もどんどん増えてます

最近すごい成長を見せてくれてます

治療開始は泣きますが、治療中はおとなしく受けてくれてます

この調子で頑張って行きましょう

治療の度に臭いがわかる…(60代 女性)

カテゴリ:その他の難病

1ヶ月前から、治療に来ていただいてます。

主訴は別にあるのですが、「もう何年も前から臭いがわからないのです」と、訴えられました。

「真頭皮針」を中心に、嗅覚に関係する治療も追加しています。

前回は…

何となく「お灸」の臭いがわかる…

と、言っていただき、本日は「お札」の臭いがわかる気がしましたとのこと…

少しずつですが、確実に良くなっておられます

主訴の症状も私の見立てでは、とても良くなっておられると思います

この調子で一緒に頑張りましょう〜

20年以上来ていただいてます|発達遅滞

発達遅滞の為、5歳の時から通院し現在も「真頭皮針」を受けていただいてます

当時は、多動、ことば遅れの為 単語しか話せなかったとのこと…

1年に1回くらい、感情のコントロールが乱れる時はありますが、精神的にも安定した毎日を過ごしていてくれてます

コミュニケーションもしっかりとれ、女子の会話を一緒にできるので、私達もとても楽しく治療ができています!

これからもたくさんお話ししましょうね

 

 

 

 

チック症 鼻ならし(小学4年生 女児)

カテゴリ:小児の難病・その他

鼻をならしたり、咳ばらいをしたりする「音声チック」がでていました。

まわりの環境の変化に、小さな子供ながらストレスもあったのではないかと、推測し…

「真頭皮針(しんとうひしん)」治療を開始…

針に対する不安感を少しでも軽減させるように、初診時は軽めの刺激から、徐々に鍼の本数も増やし、今は大人と同じくらいの鍼数で治療できています。

鼻ならしや咳ばらいのチック症状もほとんど気にならなくなり、元気に学校へ通っているそうです

現在も、1ヶ月に3回〜4回の治療継続中です

 

 

治療後からよく眠れるようになった(79歳  会社役員)

カテゴリ:その他の慢性病

毎日お忙しい日々をお過ごしのM様

最近、3時間毎に目が覚めて 眠れない…と、ご相談があり 鍼治療をお勧めしました。

実は、M様…鍼治療がずっと怖くて、興味はあったけど受ける勇気がなかったとの事…

お身体を拝見すると、首や肩が硬く 腰まで筋肉の緊張があります。

真頭皮針を、頭から施し 全体に優しい刺激量で施術しました。

「真頭皮針」は、自律神経を安定させ 身体全体の血の巡りを良くしていきます。

鍼の後は、ゆっくり身体を揉みほぐします。

ドキドキされていた鍼治療でしたが、「とても気持ちよかった…!」と笑顔になっていただけました

初めての鍼治療後から、よく眠れているとの事

よかったです…

会社の重要なポストにおられるので、いろいろストレスもお有りかと思いますが、私達に出来ることを精一杯、サポートさせていただきます

お子様の発達障害で配慮しなければならないこと

子供たちの中には、身体障害や知的発達の遅れの有無とは別に、
落ち着きがなかったり、勉強がある分野だけに極端にできていたり、反対に極端にできていなかったり「こだわり」があったり、お友達と上手に遊べなかったりする子供がいます。

あらわれ方は様々ですが、「発達障害」である可能性があります。

発達障害者支援法では「発達障害は、自閉症・アスペルガー症候群・その他の後半生発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・その他、これに類する脳機能の障害であり、その症状が通常低年齢において発現するもの」と定められています。

発達障害の子供たちに対して、周囲の人たちはその子に合った「配慮」をしなければなりません。
また、障害の早期発見と程度の把握をし、発達を援助する具体的な方法を決めることが重要です。

物事の善悪の基準をはっきり教えていく
指示はわかりやすく・短く・明確に伝える
視覚的な手がかり(図や絵で示す)を使い 予測しやすくする
頭ごなしの説教や体罰は絶対行わない
場合によっては本人に告知し自覚を促す
など・・・。

早期に発見配慮し、お子様が毎日を楽しく過ごせるといいですね‥♪

当院はお子様の治療にも積極的に受け入れ行っております。

ご不安なことがございましたら、ご相談ください

しんきゅうコンパス 堂島針灸接骨院コラムより

 

「新脳針」は司令塔

新脳針」は頭に針を刺し、微弱電流を流して脳に刺激を与えることで、脳細胞を活性化します。

これによつて神経細胞が修復されたり、再生されるということが起こります。

脳から脊髄へ伝わって、全身の内臓や神経や血管といった患部に働きかけるのです。

坐骨神経痛(鍼灸治療)

腰からお尻、足の後ろ側に伸びている神経が圧迫されたり、刺激をうけることにより表れる痛みやしびれや麻痺などの症状の事を「坐骨神経痛」と言います。

坐骨神経痛は、病名ではなく症状を表わす言葉です。

坐骨神経痛を引き起こす原因疾患の主なものとして

① 腰部脊柱管狭窄…中高年に多く見られ脊柱管が老化や骨粗しょう症などが原因で狭くなり神経が圧迫されて痛みやしびれが起こる

② 腰椎椎間板ヘルニア…脊椎を構成している椎体と椎体の間のクッションの役割をしている椎間板の中の髄核が飛び出して神経を圧迫して痛みやしびれが起こる

などがあります。

坐骨神経痛の予防には
・正しい姿勢を意識する
・冷やさないようにする
・肥満に注意する
・適度に運動する
が大切です。

新脳針 鍼灸治療は、脳〜脊髄を刺激することにより痛みの伝達を取り除くのを目的とし、筋肉の緊張を和らげ血流を改善するので、とても効果的です。

坐骨神経痛でお困りの方…ぜひご相談下さい
http://www.dojima-hari.com/reserve/

 

「新脳針」とは・・・どんな治療法?

「新脳針」とは、頭部(脳)と全身の必要なツボ(核点と患部)に針を刺して、0.7mmAの微弱電流を注入し刺激を与え、脳神経細胞を活性化させるという当院が発見開発した独自の治療法です。

当院は大正14年創業からの歴史の中で、あらゆる難病治療に対する研究を重ねてまいりました。そこで頭部(脳)と全身の必要なツボ(核点と患部)に針を刺して、0.7mmAの微弱電流を注入し、脳神経細胞を活性化させる療法「新脳針」を施し数多くの患者様の治療をしてきました。 90年以上となる歴史と治療カルテが証明する「新脳針療法」により、全国から数多くの患者様が来院されています。

詳しくはこちらをご覧ください

▲