患者様の声【症状別】

機能性発声障害(20代 男性)

カテゴリ:その他の難病

今回の患者様の症状は、声を思うようにだすことができない、喉元が締めつけられるような感じ、首肩がとても凝る、不眠があるということでした。

施術メニューは「真頭皮針」を受けて頂いてます。

一回目の治療後、首肩周りが少しラクになったと仰っておりました。

治療間隔は週一のペースで治療しております。

4回目の治療後は、首肩ほぼ前の様な症状はなくラクに過ごせた、喉元の締めつけ感はない、声もだしやすい、そしてぐっすり眠れているということでした。

とても良い流れで症状が改善していってると思います!

この調子で良い状態が定着してくるよう、治療間隔を空けてもう少し、治療を続けていきましょうとお話してます。

PVLの治療風景(5才 男児)

カテゴリ:脳質周囲白質軟化症(PVL)

Kちゃんは PVLの治療で、1才の頃から通院してくれています☺️

最初は体も小さくとても心配しましたが、今では小児鍼灸治療の優等生とも言えるような、真頭皮針の治療をしっかり受けてくれています❣️😉

全身に治療していますが、泣かず動かずいつもニコニコのKちゃんに私達が励まされ、がんばってくれてありがとう❣️です😊

関節「可動域」改善法も併用して受けてくれています👍

今では、短い距離なら1人で歩けるようになりました❣️😍

誰とでもよく喋ってくれて、しっかりしたお兄ちゃんです💕

いつも弟くんとママと一緒に来てくれています(パパは車で待機👍)

治療中、素敵な写真を撮らせてもらいました🤗

優しいKちゃん❣️

これからも一緒に頑張りましょうね〜💕😊

PVL(脳室白質軟化症)(2才 男児)

カテゴリ:脳質周囲白質軟化症(PVL)

足の尖足 (せんそく) があり、 足関節がカチカチになるので、関節「可動域」改善法では足関節を緩め治療を行っております。

(患者様の声)
治療後はいつも足が柔らかくなり、マッサージがしやすいです。

この調子で少しでも良い方向に向かってくれると嬉しいです。

新規患者様からのお問合せ(2021年9月)

カテゴリ:ジストニア

9/1 てんかん 3歳男児の症候性部分てんかん、発達障害
9/1 痙性斜頸 “ペンや箸を使うときに震え、不快感がある。学生時に痙攣性発声障害、現在も声を出しにくく、しんどいです。
9/1 発達遅れ ADHD、ASDの病院で診断を受けています。チックもあります。処方薬を服薬しています。
9/3 喉の痛み “以前、上咽頭炎を患った際の症状であった喉の痛みや鼻づまり、ひどい肩こりが再発。その際にかかっていた鍼灸院では自律神経の不調もありと診られた。
9/4 発生障害 過緊張性発声障害か内転型痙攣性発声障害の疑い
9/5 パーキンソン病(非典型) 震えは無いのですが、筋肉の強張りがあります。
9/8 発達遅れ 発達はズリバイ、一人座りまでで、今後ハイハイやつかまり立ちができるようになってほしいです。もちろん最終的には歩けるようになってほしいです!またバイバイなどの動作もなく、知能面での発達も気になっています。
9/8 発達遅れ 発達障害に理解のある鍼灸を検索し、こちらに辿り着きました。
9/8 肩こり・頭痛
9/10 発達おくれ 現在1歳5ヶ月ですが、ずりばいしかできません。1歳半検診では7ヶ月相当の発達と診断されました。療育やリハビリ訪問を受けていますが今のところ改善が見受けられません。
9/10 脊髄小脳変性症(SCD) ふらつき・めまい(特に歩行時)。現在、兵庫医大に通院・経過観察中です。
9/11 てんかん 20歳頃にわかりましたが、側頭葉複雑部分発作、てんかんがあります。薬で殆ど落ち着いておりますが、現在も月経前になると少し発作がおこります。
9/11 脊髄小脳変性症(SCD) 脊髄小脳変性症の2020年8月に診断。現在の症状 歩きにくい・呂律がまわらない・字が書きにくい・箸が使いにくい等”
9/12 パーキンソン病(PD)
9/12 発達遅れ  語彙力、認識力、会話の成立が難しいところがあります。
9/15 パーキンソン病(PD)
9/17 痙性斜頸 病院(神経内科)で、痙性斜頸と診断されました。ボツリヌス療法(注射)と説明があり、早く症状改善をしたかったので、今年1月と4月に注射を打ちました。あまり改善がなく辛い毎日です。
9/18 脳室周囲白質軟化症(PVL) 30週で産まれ脳質周囲白質軟化症と診断され、色々検索しているときいつもでてくるので気になってます!
9/18 脊髄小脳変性症(SCD) 主人は19年前に脊髄小脳変性症と診断され、ゆっくりと進行してきました。遠方なため、可能ならばその日に2回、お願いできればと思います。
9/22 発語なし
9/24 痙攣性発生障害
9/25 自閉症 ここ2週間ほど、昼夜問わず眠たいようで明らかに今までと違う違和感があります。
9/27 脳室周囲白質軟化症(PVL) PVLからの脳性麻痺。痙性四肢麻痺。低緊張。身体全体のつっぱり
9/27 ジストニア 顎が上に上がり、首が痙攣をしている。
9/29 肩こり デスクワーク仕事、自身の姿勢の悪さからか、肩こり、背中のはりが慢性的にあり、常にしんどいです。少しでも解消できればと思っています。

※上記は9月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

てんかん発作(20代 男性)

カテゴリ:その他の難病

今回の患者様は、学生時代に頭に強い衝撃が生じ、そこからてんかん発作がでるようになったということでした。

症状は痙攣のような発作ではなく、一時的に記憶がフリーズするような症状がでてしまうということでした。

1日1回は仕事中に必ず起こるということでした。

今現在、約4回程真頭皮針の治療を受けられて、発作の回数が1日1回だったのが1週間に一回の頻度になりだいぶ減っているとのことです😌

この調子で症状出現「0」に向けて治療を頑張っていきましょう!とお話しております。

薬がひとつ減りました(15才 男子)

カテゴリ:その他の慢性病

海綿状血管腫による脳内出血の為、右半身マヒとなった中学三年生男子です。

いつも頭が痛く便秘がちで、自由にならない右半身の為か、ストレスもあり短気?でした。

初診時も鍼治療に対する不安があり、治療を全面拒否で、ようやく3本だけ鍼をする事ができたくらい敏感でした…

治療継続しているうちに、常にあった頭痛がなくなり鍼治療後は快便となり、手足も暖かく柔らかくなってきました❗️

頭痛がなくなったので、ドクターから鎮痛剤の処方が無くなりました😊❣️

治療効果も実感してくれているようで、あんなに嫌がっていた鍼治療もしっかり受けてくれ、いろんな話しをしてくれるようになりました👍

来月は修学旅行とのこと…楽しんで来てくださいね😉

鍼灸治療と関節「可動域」改善法とともに、治療継続中〜

腰痛・左臀部の痛み(60代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

◆治療内容
当院の関節「可動域」改善法(JO)を受診。
背中~臀部の筋肉を緩め、骨盤の調節をし
腰の骨の動きをよくする治療を行いました。

◆スタッフコメント
腰の痛みと、臀部の痛みはなくなりました。
日常生活も今まで通りに過ごすことができています。
またお悩みがありましたら、ご来院お待ちしております(^^)

◆治療のご意見・ご感想
次回もよろしくお願いします。

イライラする…(10代 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

ペインスケールを紹介いたします📝

【症状】
かんしゃく、イライラ、集中力が続かない…

【通院内容】
約3ヶ月
鍼灸・真頭皮針治療を受けていただいてます

【治療回数】
6回

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
とてもいい

⚫︎心の状態
家での集中力はまだ少ないが
治療を受けてから笑顔が増えて
イライラが減った
怒りっぽさもなくなってきた

とのこと😊✨

気持ちが少しでも楽になっていただけて嬉しく思います。これからも○○さんが毎日を過ごしやすいように、スタッフ一同サポートいたします💪

歩き方がしっかりしてきた!|発達遅れ(2才 男児)

ペインスケールを紹介いたします📝

【症状】
身体の発育が遅れている
歩行時ふらふらする
座っている時ぐにっと崩れる…など

【通院内容】
遠方からですが、毎週通院していただき
2週に1回は小児鍼灸と併せて関節「可動域」改善法(JO)を受診。

【治療回数】
5回目

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
歩き方がしっかりしてきて
外に行きたがるようになった

⚫︎心の状態
もともと明るく元気で笑顔も多いが
穏やさが増えた

と、お答えくださいました😊

針治療が怖くて泣いちゃうけど、いつもがんばってくれて本当にありがとう😢✨

ご家族の皆さまの笑顔がたくさん増えて、○ちゃんが元気に過ごせるよう、しっかりサポートいたします💪✨


腰痛(50代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

今回の患者様は、3日前くらいに娘さんをおんぶした時に腰がびきっとなり、そこから、腰を曲げ伸ばしもできず、強い痛みがずっとあるということでした。 

施術メニューは鍼治療を受けて頂いてます。

一回目の治療の時は同じ体勢でずっといれない、うつ伏せもできない状態で、とてもしんどそうでした。

一回目の施術は痛みがある方を上にし、横向きで治療しました。

治療後、割りと動きはスムーズになり、痛みも軽減したと仰ってましたが、完全に痛みがなくなってはいないということでした。

4回の治療で今では、すっかりうつ伏せで治療でき、よっぽど無理な体勢を長時間続けない限り、痛みはないと仰っておりました。

ただ、まだ腰殿部、下肢硬くなってるところがありますので、間隔を空けて痛みが再発しないようにメンテナンスをしっかりしていきましょうとお話してます。

吃音(5才 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

3才頃、弟くんが生まれてから少しずつ言葉がどもるようになってきた…

ひきのばしや、ブロック(間があく)、爪噛み、チック症状も少しあり、何か治療はないものかと遠方より来院されました。

真頭皮針治療をした後はしばらく調子が良いものの、また戻る…を繰り返しながら、だんだんと吃音が出ていてもよくお喋りするようになり、少しずつ症状は軽減してきました。

初診から1週間に1回〜の治療から開始し、現在は3週間〜1ヶ月に一回の治療になりました。

吃音やその他の症状はかなり良くなり、吃っていても気にせずどんどんよく喋るようになったと、お母様からもお聞きしています。😊

来年4月には一年生❗✨

大好きなドクターイエロー色のランドセルを注文したそうです😉❤

更に治療頻度をあけていき、就学目指して元気にいきましょう〜🤗

腰痛(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

◆治療内容
当院の関節「可動域」改善法(JO)を受診。
初診時はぎっくり腰でした。
現在、メンテナンスとして2週に1回~1ヵ月に1回来院されています。
骨盤の調節と筋肉を緩める治療を行っております。

◆スタッフコメント
痛みや違和感がなくなったとのことで、良かったです
引き続き、しっかりメンテナンスをいたします。

◆治療のご意見・ご感想
非常に分かり易くていねいに説明していただき
身体も改善できたので感謝しています。

ご予約の取り方について

カテゴリ:スタッフからのお知らせ

メールでのご予約の取り方についてご質問をいただきましたので、改めてご説明いたします。

ご質問内容

「予約メールを送った時点で予約は確定しているのでしょうか?」

メールにてご予約をいただいた場合は、担当より″ご予約の日時のご案内″をお送りさせていただきます。

そしてその内容に″ご返信をいただき次第″ご予約確定となります。

(ご予約メールをお送りいただいた時点ではまだ確定しておりません)

また、期日内にご返信がない場合はご予約が自動的にキャンセル扱いとなります。

ご理解の程、なにとぞよろしくお願いいたします。

チック症(7才 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

5歳になった頃から、パチパチとよく見られるまばたきのチック症が始まりました。

最初は気にしないようにしていましたが、みるみるうちに症状がコロコロと変わっていき、声が出る頃(音声チック)には私も、子供に注意してしまう事もあり、ネット検索の日々でした。

そこで、同じ境遇の方と出会い、こちらの堂島針灸接骨院さんをご紹介頂き、すぐ受診させて頂きました。すごく親身に聞いて下さり、毎日不安でしんどかったのが、少しずつ軽くなっていき、息子と頑張ろう!と強く思ったのを覚えています。

それから週に一度通院し、症状に合わせて、2週に一度だったり、4週に一度だったりと、今も頑張っています。

少し遠いですが、これからも変わらずお世話になりたいです。

スタッフのみな様、、、 いつも本当にありがとうございます。そして、これからもよろしくお願い致します

発声障害(40代 男性)

カテゴリ:その他の慢性病

今回の患者様は、「喋ると声がでにくくなる」、「かすれる」といった症状で来院されました。とくに仕事中に症状が現れやすいとのことでした。

治療は真頭皮針による鍼治療を受けられております。

治療を始めてから経過良好で、6、7回目頃から普段症状がでることはなくなったそうで、仕事の時にも症状がでる頻度が少なくなってきているとのことです😊

もっと軽減できるよう治療を今後も続けていかれることになっております。

眼圧も安定、体調も良い(30代 男性)

カテゴリ:目・耳・鼻・口の症状

初診時は眼圧が高く、首や肩の凝りもキツくてお仕事もお忙しいせいか、疲れやすい…😞などのご症状がありました。

1週間に1回の鍼治療を開始!

少しずつ眼圧も下がり、忙しい日が続いても、以前のように体調を崩される事なく、毎日お元気との事😀

現在は、3週間に1回の治療になりましたが、変わらず眼圧も体調も良いとの事👍

この調子でお仕事やプライベートも頑張ってください(^。^)

肩、首の痛み(20代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

日頃からパソコン作業などで同じ姿勢を取る事が多い患者様です。

当院の関節「可動域」改善法を受診されております。

施術は徒手療法と電気治療を行なっております。

(患者様の声)

肩、首の痛みが軽減しました!

教わった体操をしっかりやって予防したいと思います!

ありがとうございます。

腰痛・首肩こり(47歳 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

当初は、接骨治療のみ受けておりましたが(※現在接骨治療は休業しております)今は鍼灸治療も受けています。

コロナの影響でテレワークがメインとなり腰、肩が以前に比べてきつくなりましたが定期的に治療を受けることでかなり改善されキープできていると思います。

体のコンディションを保つためにも これからも定期的に通院しようと思っています。

クイック診断

カテゴリ:その他の慢性病

堂島針灸接骨院ではパーキンソン病・脊髄小脳変性症・多系統萎縮症・ジストニア、肩首腰の痛みやしびれなど、大人の難病や慢性病。

小児の発達障がい・PVL・てんかんやその他の小児症状に対して、「真頭皮針治療」(鍼灸治療)と、関節「可動域」改善法を行っております。

また、交通事故の後遺症、スポー ツで生じた痛みなど、肩こり・腰痛など・・からだの根本的な治療も行っておりますのでお気軽にお問合せ、ご相談ください。

クイック診断はコチラ

左股関節の痛み(50代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

今回の患者様は、股関節につよい痛みが生じるということでした。

普段は別の治療で来院されているのですが、座った姿勢から立ち上がるとき、長時間歩いたりすると股関節がかなり痛いということでした。

整形で診てもらうと、股関節自体に水が溜まってしまって、つよい痛みになっていると言われたそうです。

ですので、鍼治療(真頭皮針) + 関節可動域改善法(JO)でしっかりケアしていきました。

現在、以前より大分痛みは緩和されているそうで、
可動域が制限されたままなので、今後は可動域をだしつつ、しっかり痛みをとるまで鍼治療+関節可動域改善法(JO)を続けていきましょう!とお話してます。

一緒に頑張りましょう!😌

頭痛 首肩凝り(50代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

普段は立ちっぱなしのお仕事だそうですが、慣れないパソコンでの事務作業もあり、眼精疲労からの頭痛や、首肩凝りもひどく、ついには耳鳴りもされるとのことで、鍼灸しかない❗️と、当院を受診されました。

治療後はずいぶん軽くなったとの事ですが、定期的に治療されることをお勧めしています👍

膝の痛み(70代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

バドミントンをしている時に痛めた患者様です。

当院の関節「可動域」改善法針治療を受診されています。

関節「可動域」改善法では、膝周囲の腫れを取り除く治療で、電気療法と超音波療法を行っております。

(患者様の声)

違和感はありますが、痛みはほとんどなくなりました。
ありがとうございます。

吸い玉療法について

カテゴリ:その他の慢性病

当院の吸い玉療法はこちらをご覧ください。

遠⾚外線療法(サンビーマー)について

カテゴリ:その他の慢性病

遠⾚外線療法(サンビーマー) は、
当院の鍼灸治療時に使用しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

坐骨神経痛(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

今回の患者様は、腰痛とひどい時には下肢に痺れがでるということでした。

施術メニューは真頭皮針を受けられています。

初診時は、立ち座りもやっとな状態で腰にずっと手を添えてる形でした。

施術後は、スムーズに立ち座りできるようにはなっていましたが、まだ異和感が残っているということでしたので、4回定期的に来院され、ほぼ痛みも痺れもない状態です😊

あとはメンテナンス、良い状態を保てるよう引き続き治療をしていく予定です。

親子で治療〜😊(6才 男児)

コミニュケーションが取りにくい、思ったことを上手く言葉に表現できない…などが気になり通院されてます。

H君、治療中は一人で大人しくいつも眠ってしまうので、肩こりや腰痛がお有りのお母様も一緒に治療させていただいています😊

予約状況により、親子で隣同士のベットにご案内することもできます🤗

首の痛み(30代 男性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

◆治療内容
関節「可動域」改善法(JO)
朝起きたら首が回らないくらい痛みがあったとのこと。
首の筋肉を緩める+関節の動きを良くする治療を行いました。

◆スタッフコメント
首の痛みはほとんどゼロになりました
痛みがなくなって良かったです
また痛みがでた際はいつでもご来院お待ちしております(^^)

◆治療のご意見・ご感想
ありがとうございます。

コミュニケーションがよくなった|自閉症(7才 男児)

自閉症のお子様のペインスケールをご紹介。

【通院日数】約2ヶ月

【治療回数】10回

【症状】発語なし、落ち着きがない、コミュニケーションがうまく取れず、友達と遊べない、偏食。など

【治療目的】発語を促す

【ペインスケール】

●治療回数5回目

📝身体の状態
変わらない

📝心の状態
泣くことが多くなった(感情を表現するようになった)

● 治療回数6回目

「な、な、」など、喃語の始まりのような言葉を発するようになった。

●治療回数10回目

📝身体の状態
とても良い

📝心の状態
笑顔が増えた

お母様より、他にも「指示が通じるようになった」「学校の給食を完食した」「冗談に笑うようになった」などのお声をいただいております😊

少しずつですが、変化があり、私たちも嬉しく思います。

最初はかなり嫌がりながら針治療を受けていましたが😂今ではすんなりと受けてくれています😊がんばってくれてありがとうね☀️🌈

これからは少しずつ言葉が増えるように、たくさんお話ししようね😊🌈

新規患者様からのお問合せ(2021年8月)

カテゴリ:ジストニア

8/2 MSA 多系統萎縮症(線条体黒質変性症)と診断され3年になり、現在も補助機器(杖なども)も使用せずにスローペースながらも自力で歩けています。
8/4 SCD 脊髄小脳変性症 足のふらつき、手の震え、物が掴みにくい、字が書きにくい、喋りにくい、疲れやすい、忘れやすい
8/4 左足の麻痺 1年前から腰に違和感を感じ、整形外科を受診しましたが異常無しと言われました。この2ヶ月ほどで急に左足が麻痺して爪先歩きのような感じになってきました。
8/4 手の指が動かない
8/6 発達障害・不登校・対人トラブル・コミュニケーション・落ち着きが無い。多動ADHD
8/6 発達遅れ 2歳8ヶ月
8/6 痙攣性発生障害
8/6 認知症で最近は尿失禁や最近はコミュニケーションが取れず、落ち着きがないです。
8/7 パーキンソン病の疑い 多系統萎縮症の可能性が、あります。
8/7 首肩こり・しびれ
8/8 PVL 出産時、早期胎盤剥離が原因で仮死状態で生まれました。
8/11 母がパーキンソン病を発症し、父親が病院等の対応、管理をおこなっていますが、最近ではほぼ言葉が話せなくなり、一人での歩行も困難な状態です。
8/11 パーキンソン病による右側のふるえ
8/11 左腰が痛く、左足にも痛みが出ています。整形外科を受診しましたが、炎症を起こしかばうことにより、背骨が傾いていると言われました。
8/11 言葉おくれ 2語文が出ない、言葉の理解が出来ていない。
8/14 ジストニア 字が書きづらい。ペンを握ると握り締めてしまう。
8/16 MSA 歩くとふわふわした感じがしていてふらつきがでてきた。
8/19 片頭痛、肩、首が
8/25 足首が固い
8/25 首の痛み、腰痛
8/25 痙攣性発生障害
8/27 知的障害 今年の3月ぐらいから時計の針が気になり過ぎて、時刻ばかり見てしまいます
8/27 めまい、倦怠感
8/27 ジストニア(痙性斜頸)
8/28 難病の原発性側索硬化症(PLS)を発症し、舌の右裏奥が硬くなり、構音障害がでて、大変話しづらく聞きづらい状態
8/28 パーキンソン病の疑い

※上記は8月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

右手小指の痺れ(40代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

今回の患者様は、「最近デスクワークでの仕事がとても忙しくなり、それから右手の小指背面側にシビレがある💦」ということでした。

治療メニューは関節可動域改善法(JO)を受けられています。

元々肩こりなど自覚症状はないとのことでしたが、実際触ってみると肩から胸部までガチガチに凝り固まっており、姿勢も少し前傾姿勢がつよく、筋肉が固まりやすい状態でした。

右腕も全体的に筋肉がパンパンに張っておりました。

一通り簡単な検査をし、頚や手首などの問題ではなさそうな結果だったので、ガチガチに固まってる筋肉をしっかり緩め、ストレッチもさせて頂きました😊

治療後は、だいぶ軽くなった!と喜ばれていました。

2回目来院された時に状態をお聞きすると、前回の治療後3日、4日は痺れもなかったそうですが、週末になってくるとまた少し痺れが気になってきたということでした。

何回か間隔を空けすぎずに、治療して筋肉が緩まるのがある程度定着すればラクになると思いますので、身体が良い状態が定着するまでは治療を頑張りましょう👍

▲