患者様の声【症状別】

ジストニア患者様からの…あ〜そこそこ!(40代 女性)

カテゴリ:ジストニア

今日は2週間ぶりの針治療

どえりゃァ凝ってたんだな
ということがよく分かる。

針治療&マサージ後のスッキリ感

今週は確かにずっとツイスト星人だったが
凝ってる自覚はあまり無かったんだけど…

マサージでグイーっと押されると
「あ、そこ凝ってるわ」という箇所だらけ

相変わらずのツイスト星人だが
(外見以外は)随分スッキリした

ありがとうございました

 

すごいです!軽くなりました♪|全身の凝り(20代 女性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

本日初めて当院にご来院いただいた、20代女性(会社員)の方
お仕事はパソコンを扱うお仕事で、一日中座りっぱなしの作業です。

首・肩・目・腰・頭・が、ガンガンに凝り疲れ、目も疲れるとの事

問診のあと、お身体を診せていただくと 首から背中にかけてかなりの凝りがあり・・一番気になったのは「足のむくみ」と「張り」がひどく、足先が氷のように冷たい事・・(;’∀’)

しんどくて、マッサージや整骨院に通っていたそうですが、今回針は初めて(ずっと気になっていたそうです 笑)
思ったより「全然痛くない!」とのことでした

指令をだしている頭に鍼灸治療(新脳針)を施し
首・肩・腰・足・・とほぼ全身に針治療をし
腰と足の裏にお灸をしました
そのあとのマッサージも、ゆっくり丁寧にさせていただき、生活上でのアドバイスなどをお話させていただきながら治療を終えました

受付でお会計をされているお姿を見て 明らかにお顔が明るく、「どうですか?」とおうかがいすると・・

「すごいです!身体が軽くなり、すっきりして なんだかぽかぽかしています♪」と‥

よかったです
一週間に1回の治療を計画させていただきました。

来週のご来院をお待ちしております

数回の治療で痛みが随分楽になり安心しました|ぎっくり腰(50代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

スキー場にて転倒し、しりもちをついた際に「腰の捻挫」を起こした方です。

受傷後24時間ほどたっていたのですが、痛みが徐々に強くなってきて歩行時の痛みもかなりきつい様子でした

痛みは強かったものの、骨に異常は見られなかったため、腰痛体操と患部の周りの筋緊張を和らげました。
約1週間で日常生活の痛みは改善され、初診時より3週間で治癒となりました

このような状態で捻挫とみられる症状については、接骨院で保険取扱いが可能です。

お子様の発達障害で配慮しなければならないこと

子供たちの中には、身体障害や知的発達の遅れの有無とは別に、
落ち着きがなかったり、勉強がある分野だけに極端にできていたり、反対に極端にできていなかったり「こだわり」があったり、お友達と上手に遊べなかったりする子供がいます。

あらわれ方は様々ですが、「発達障害」である可能性があります。

発達障害者支援法では「発達障害は、自閉症・アスペルガー症候群・その他の後半生発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・その他、これに類する脳機能の障害であり、その症状が通常低年齢において発現するもの」と定められています。

発達障害の子供たちに対して、周囲の人たちはその子に合った「配慮」をしなければなりません。
また、障害の早期発見と程度の把握をし、発達を援助する具体的な方法を決めることが重要です。

物事の善悪の基準をはっきり教えていく
指示はわかりやすく・短く・明確に伝える
視覚的な手がかり(図や絵で示す)を使い 予測しやすくする
頭ごなしの説教や体罰は絶対行わない
場合によっては本人に告知し自覚を促す
など・・・。

早期に発見配慮し、お子様が毎日を楽しく過ごせるといいですね‥♪

当院はお子様の治療にも積極的に受け入れ行っております。

ご不安なことがございましたら、ご相談ください

しんきゅうコンパス 堂島針灸接骨院コラムより

 

痛みが出る事は無くなった!|左膝裏の痛み(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

1週間前にスノーボードをした後から左膝の裏辺りや、両臀部に痛みが出始め、特に階段の登り降り、お仕事で自転車に長時間乗られるという事で「なんとか痛みを軽減してほしい!」という事で来院されました。

お身体を診させて頂くと、やはり両臀部や左下肢に筋肉の緊張がみられます。

針治療を受けられるのは初めてという事で、刺激量も調節しながら治療を進めていきます

鍼灸治療直後は「臀部、左足が軽くなった」との事でした

鍼灸治療2回目、初診から1週間が経過していましたがその間、「階段の登り降り時や仕事中も痛みが出る事は無くなった」との嬉しいご報告を頂きました

今後も再発予防の為、定期的に治療をさせて頂きます

 

 

先生の指が合っているの♪|慢性コリ、目の疲れ(40代 女性)

カテゴリ:その他の慢性病

代表取締役の女性 Mさま・・(小声で40代・・)

いつもお忙しくされていて、首のこりや頭のむくみ、痛み、目の疲れ・・・等があり
もちろん、首や肩の凝りもMAXでご来院されます・・・(;’∀’)

本日は「眼精ヘッドマッサージ」と、「美顔リンパマッサージ」の2メニューをお受けいただきました。

がちがちになっている「首」をゆっくり・・ゆっくり・・もみほぐしていきます
(胸鎖乳突筋という首の大きな筋肉がほぐれると、首や肩・背中への血流がよくなります)

首から頭→目の周り→こめかみ→
左右10本の指を使い、円を描くように優しくまたは、しっかりとツボをとらえる!

その方の一番つらいところ、反応のあるところ、「ここだ!」という経験のもと・・・探りながら、じわじわ ゆっくり攻めていきます・・笑

他院でのマッサージも受けておられますが「先生の指が私に合ってるのよね~!♪」と言ってくださいました

こめかみの浮腫も見受けられ、お仕事お忙しさが指を通してわかります・・・

月に1回~来てくださいますが、施術後はお顔や目がすっきりした感じでお帰りいただいています

お仕事のお忙しさを陰ながら応援させていただき、これからもしっかりサポートさせていただきます

 

腫れも引き、動きも改善されました|足首の捻挫(30代 女性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

マラソン大会で集団の中バランスを崩した際に足首をくじいた方です。

初診時、外くるぶしに腫れが見られましたが骨折の症状は見られなかったため当院にて施術を開始しました。

初め1週間は安静にしてもらい、ホワイトテープにて圧迫固定を施し、その後は関節の可動域を広げる為の後療を施しました。

初診時より約3週間で腫れも引き、動きも改善されたため治癒となりました

このような症状で捻挫とみられる症状については、接骨院で保険取扱いが可能です。

進行が凄く緩やかになっています!|脊髄小脳変性症(50代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

4年前から、遠方よりお越しいただいている患者様で、病名診断された年から新脳針治療を受けていただいています。

症状
●歩行時のフラつき
●呂律が回りにくい
●首肩こり、たまに頭痛
●右膝痛

経過
不調が出始めてから6年位経ちますが、歩行時のフラつきは、症状当時とほぼ変わらず維持出来ています
最初あった右膝の痛みや肩凝り、頭痛も現在は症状を訴えられなくなりました
遠方なので年に数回の治療ペースですが、進行が凄く緩やかになっています

今後も継続して治療させていただきたいと思います

 

今日初めて杖無しで歩けました!|脊髄小脳変性症(40代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

1年半前ぐらいから「喋りにくさ」、「歩行時のふらつき」が出始め、よくこけるようになり、病院で検査をし『脊髄小脳変性症』と診断。
現在病院では二ヶ月に一回変化確認のみの診察。という事でご来院されました。

当院の鍼灸治療5回治療を終えた頃から徐々に効果が見られるようになります。

「身体が、軽くなってきた」
「今日初めて杖無しで歩けました!」
等、嬉しいご報告を頂きました

その後も毎週治療に通って頂いていますが、定期的に通っているほうが歩き易く、身体全体調子が良いとの事です

更なる改善を目指して継続治療中です

 

耳鳴りも落ち着いてます|パーキンソン病の方の耳鳴り(70歳 女性)

カテゴリ:パーキンソン病

当院に3年前から通院されてる、現在70歳のパーキンソン病と診断された患者様です。

動作緩慢、歩行しにくい、足の重さ…など、初診当初とほとんどパーキンソン病としての症状は進行されていません

でも、昨年から時々耳鳴りがするようになり、とても気にされていました

新脳針(鍼治療)をし、耳鳴りのしている左耳にも治療を始めました。

新脳針治療後、当院に設置してる「鼓膜マッサージ」を約5分受けていただいてます。

左耳の治療をした後は、1週間くらい耳鳴りが止まっているそうです

パーキンソン病の症状も進行せず、出現した耳鳴りも落ち着いてます

現在、週に1回の治療をずっと継続されてます。

この調子でこれからも、継続治療していきましょう

 

1週間の施術で痛みが解消|首の捻挫(60代 男性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

孫と遊んでいて、後ろから背中に飛びつかれた際に「ガクッ」となり、その後首が回らなくなった患者様です

首の骨は7つあるのですが、その1番下の所で圧痛が強く関節の可動域も制限されており、筋緊張も強く見られました。

筋緊張が強かったため、それを和らげ少しずつ可動域を広げる様に施術を行った所、1回の施術後半分程度の痛みに軽減し、その後1週間の施術で痛みが解消されました

このような症状で捻挫とみられる症状については、接骨院で保険取扱いが可能です。

毎日楽しく学校に通えています|軽度の発達の遅れ(5歳 男児)

2年ほど前から通院されている、現在は小学生(男の子)の患者さまです。

症状
●周りの子と比べると遅れている気がする。
●指示が聞きもれている事がある。
●身体が小さい。
●便秘

症状の変化
●便秘が改善した
●食欲が出てきた
●集中力がついてきた
●集団の中でも先生の指示を聞けるようになった

現在は、小学生になり毎日楽しく学校に通えているようです

まだ、難しい内容や自己表現が苦手で、稀に便秘が続く事があるそうなので調子が悪い時に小児鍼灸治療に来られています。

 

「症状の進行が非常にゆっくりです」と言われました!|脊髄小脳変性症(50代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

2年ほど前から、歩行時のふらつき、喋りにくさを感じる様になり、去年(2018年)脊髄小脳変性症と診断。

そして今回「以前よりもふらつきがきつくなってきている。」という事でご来院されました。

症状の進行を抑え、日常生活を少しでも改善できるよう鍼治療をスタートしました

初診終了後、少し身体が軽くなった!
鍼灸治療4回目、寝つきが良くなった!

その後も週一回のペースで通院して頂き、日によって波はあるものの、ご本人も症状の進行はあまり感じないとの事でした

そして初診から三ヶ月を過ぎた先日、病院でドクターが「症状の進行が非常にゆっくりです」と言っていたと嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

 

ギックリ腰が針灸で改善!|急性腰痛(20代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

ギックリ腰は急性腰痛と言い、不意な動作から腰に痛みが走り 全く動けなるくらいひどい痛みに襲われる人もいます。一瞬の動作で起こるので 欧米では、「魔女の一撃」と言うのだそうです

その「魔女の一撃」をくらった男性が遠方より2回目の治療に来られました。

重い荷物を持ったわけでもなく、屈んだわけでもなく…ただ、椅子から立ち上がった時に 腰にピキッと、走ったそうです

針治療の経験はおありでしたが、腰部の痛みがひどく、歩行もゆっくりゆっくりでした。

まず、痛みの司令を出している脳(頭部)に針を打ち、腰部〜背中、首 にも施術し、腰からの緊張が出ている 下肢にもアプローチしました。

まだ腰部に炎症がありましたのでお灸や吸玉はなし、腰部のマッサージは極軽く、背中や足を念入りにマッサージしました。

パイオ、キネシオテープを貼り治療が終わりました

その後は、
↓のような口コミを書いていただきました

ぎっくり腰で通院しました。
2度目の通院ですが、行きは痛くて辛かったけど帰りは自分でもびっくりするほど楽で普通に歩いて新幹線も普通に座って帰ることができるようになりました。
今までは1週間以内でここまで良くなったことはなかったので驚いています!
父親も歩くのが困難な程の腰痛で悩んでいましたがここに通院してすっかり良くなって今ではとても元気になりました。
皆さん親切でとても良い環境です。
また行かせていただきます。  (しんきゅうコンパスより)

よかったです

今はゴルフにも元気に行けています!|股関節捻挫(60代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

ゴルフ場の傾斜がある所で、無理な体制でスイングした際に股関節に痛みがはしり、その後普通に歩けていたそうですが、段々と歩くのがつらくなり終わる頃には痛くて歩けないとの事で来院されました。

股関節の徒手検査した所、股関節が開きにくくなっておりました。
痛みが強かったため、1週間の運動制限と通院をして頂き歩行時の痛みは改善されました。
その後2週間通院して頂き、痛みも消失しゴルフにも元気に行けてるとの事です

このような症状で捻挫とみられる症状については、接骨院で保険取扱いが可能です。

月に2〜3回のゴルフを続けられています|脊柱管狭窄症(60代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

かれこれ、11年位治療に来られている患者様で、最初は「ギックリ腰」で来院されました。その後は、ゴルフを続ける為にメンテナンスで定期的に治療に来られています。

症状
・脊柱管狭窄症による、膝裏の痺れ
・腰痛
・首肩凝り

経過
脊柱管狭窄症があるので、完治するのは難しいですが、10数年間、月に2〜3回のゴルフを続けられています(大会で優勝する位本気でされています)治療後は筋肉の緊張が緩み身体が軽くなり動かし易くなる様です

運動器の症状は、1度痛めてしまうと後から再発したり、無理をすると症状が出てくる事がよくありますので、症状が出現する前の違和感位での定期的なメンテナンスをお勧めしています

最近落ち着きが出てきていると言われました!|発達遅滞(5歳 男児)

去年(2018年)の5月頃から
・言葉が減り
・コミュニケーションの低下
・トイレは促さないと行けない
・感覚過敏
・落ち着きのなさ
といった症状が急に出てきた。という事でご来院されました。

小児鍼灸初診時
とても嫌がり泣いていましたが頑張って受けてくれました

小児鍼灸2回目
良く眠る様になった。

小児鍼灸3回目
泣かずに出来る様になりました。
幼稚園でも最近落ち着きが出てきていると言われたとの嬉しいご報告を頂きました

小児鍼灸4回目
トイレに自主的に行ってくれる様になり、お漏らしすることが無くなった
言葉の面は促さないと話してくれない、独り言が多い等、まだまだ改善に向けて継続治療中です

 

抗てんかん薬がなくなりました|右半身に後遺症(40代 女性)

カテゴリ:脳血管障害 後遺症

当院に治療に来ていただき、約5年が過ぎました。

〇〇さんは40代の主婦ですが、買い物中に、気分が悪くなり倒れてしまい 脳内出血をおこし、右半身に後遺症が残りました

てんかんもあり、薬が手放せない状態となられました。

当時から右半身は、痺れと感覚マヒ…何とか動くものの、日常生活も不便な日々が続いていたようです。

ダメージを受けた左脳を中心に「新脳針(しんのうしん)」を開始しました

麻痺のある右半身に鍼灸治療と、右手足が極度の冷えがあるので、お灸でしっかり温めて血流をよくします。

新脳針、鍼灸治療のあとは、吸玉療法と、マッサージをします。

このような流れで、週一回の治療を約4年くらい続け、現在は、二週間に一回の治療となっています。

とても寒い日以外は、右半身の痺れもかなり軽減し、抗てんかん薬も徐々に減っていきました

そして、検査の結果では・・・

なんと
医師から「抗てんかん薬、もうやめても大丈夫でしょう」と、言われたそうです

ずっと担当させていただいている私も、すごくすごく嬉しかったです

抗てんかん薬を辞めて半年が過ぎた現在でも、体調も良く、今年のお正月は実家に帰省しお料理やお掃除に忙しかったそうです

もうしばらく、この調子で治療を続け、更に少しずつ治療間隔を空けて行こうと計画しています

痛みもなくなり治癒|手関節捻挫(30代 男性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

スノーボードに行き転倒した際に手をつき手首を痛めた患者様です。

初診時、腫れは診られなかったですが「手首を動かすと、とても痛い」との事でした。
受傷部を見た所、骨折の所見は無かったため手関節捻挫と判断し、1週間テーピング固定を施し、その後約2週間後療を施した所、動かしたときの痛みもなくなり治癒となりました

今の時期、スノーボートで転倒した際に捻挫して来院される方が多くなっております。捻挫に関しては接骨院で保険取扱いが可能です。

嬉しいご報告|多系統萎縮症(60代 女性)

カテゴリ:その他の難病

◆症状
・1年前から脚が重く感じる様になる。
・現在はふらつきによる歩行困難
・喋りにくい
・便秘
といった症状があるとの事でご来院されました。

進行悪化を防ぎ、歩行、便秘等日常生活が少しでも改善できるよう鍼灸治療スタートです

◆治療経過
初診終了後:少し身体が軽くなった様な気がする。
鍼灸治療4回目:昨日ふらつきが少しマシでした!
鍼灸治療6回目:よく眠れるようになりました。
鍼灸治療10回目:調子が良い日、歩きやすい日が出てきています
との嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

 

身体が楽だった!とてもすっきり|体の不調(41歳 女性)

カテゴリ:その他の慢性病

1年前から
・体の冷え
・疲れやすく疲れが取れない
・胃の胸焼け(匂いだけで胸焼けしたり、起床時や食後、入浴中にも胸焼け)がひどく、食欲不振、呼吸がしにくい日もあり・・辛くて辛くて当院を受診されました。

首や肩の凝りも強く、不眠気味、便秘あり
全体的な調整と胃、消化器系を意識して治療を開始しました。

鍼灸治療後3日くらいだるさ(瞑眩)が残ったが、睡眠の質もよくなりすっきりしていた

鍼灸治療開始4回:食欲が出てきた 胃のむかつきも落ち着いてきている

鍼灸治療開始11回:生理中にもむかつきがあり不安になる

鍼灸治療開始19回:鍼治療後、大量に排便あり!その後身体全体がすっきりする、胃のむかつきなし!

鍼灸治療開始23回:治療するたびに身体は楽になり、胃のむかつきは全くないです。

鍼灸治療開始24回:治療後1週間くらい身体が楽だった!とてもすっきりして今までこんな感じはなかった!

お顔色もよくなり、食欲も出ているそうです

現在も1週間に1回の治療継続中です

 

2回の施術で症状は改善|肉離れ(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

子どもと遊んでいてジャンプした際に、ふくらはぎ部分に激痛が走り歩行困難となった患者様です。

このような症状の場合は、
ふくらはぎの肉離れと腰部からくる「神経痛」が考えられます。

こちらの患者様は肉離れの状態であったため、患部の施術とテーピングを施すことにより2回の施術で症状は改善されました。

肉離れの場合でも重症の場合、完治まで6ヵ月を要する場合もあります。
このような症状でお困りの方は当院にご相談下さい
肉離れ(筋挫傷)については接骨院で保険取扱いが可能です

授業も楽しく受けられています|発達遅滞(6歳 男児)

「言葉の遅れ」と「コミュニケーション能力」を気にされて小児鍼灸治療に来られました。(2年前から当院に来られているお子様)

症状
・言葉の遅れ(単語は出る)
・コミュニケーションが取りにくい

経過
初診の頃は、こちらが質問しても殆ど反応する事がない状態で、返事もしてくれませんでした。言葉も一方的に単語を話すだけでコミュニケーションはなかなか取りづらかったです。

治療を始めて2年、現在は、簡単な質問であれば返してくれますし、「はい」と返事もしてくれます言葉も単語だけではなく二語文、三語文と出ています昨年から小学生1年生になり授業も楽しく受けられている様です

 

パーキンソン病|患者様の声

カテゴリ:パーキンソン病

主人は72才頃から腰痛と足の痛みで悩まされ好きなゴルフも満足に出来なくなり、ストレスがたまる一方、近くの治療院に通っていたのですが、なかなか良くならず思いきって病院で検査を受けたところ、パーキンソン病がみつかりました。

私達は先の事を考えると不安でいっぱいの時に「前田先生の本」を目にして思い切ってお伺いする事になりました。
通いはじめて1年3ヶ月 不自然な歩き方をしたり、精神的肉体的にもまいっていましたが、今は杖をつきながら 歩く時間も増え、近所の方からは随分良くなったねぇと言っていただき顔の表情も変わってきました。

毎日の習慣でストレッチ、ウォーキングを頑張っています。
先生方は主人の良くなりたい思いにしっかり応えて下さり、感謝しております。
付き添いで来ていた私も足指のマッサージの治療を受ける様になり、最初は痛い感覚が次からは痛気持ちよくなり。
治療を受けた後はポカポカと本当に気持ちよくなります。
先生方には夫婦共々感謝の気持ちでいっぱいです。

私は堂島鍼灸接骨院の雰囲気が大好きです。
治療を受けた後、帰りには元気をいっぱいもらって帰っております。
先生方のやさしい接し方には感謝です。
そして受付の方の電話応対には気分がほっこりします。

 

 

ウインクできるようになりました!|顔面神経麻痺2(50歳 男性)

カテゴリ:その他の難病

顔面神経麻痺(左顔面ベル麻痺)で通院中の男性 ※12/19のブログをご覧ください。

本日来院された際に、私の顔を見るなり
「先生!ウインクができるようになりました今まで頑張って何回も試していましたが、ダメだったのが、先日からウインクできるようになりました意識して目を閉じるようにしないとまだ完全ではありませんが、できるようになりました

と、うれしいご報告がありました 私もすごくうれしいです!!!

週1回の治療に欠かさず来ていただいています。

ご自分でも 左顔面をホットタオルで温めるようにしたり、お仕事中や外出時にはネックウォーマーをして冷やさないようにしたり気を付けておられます。

この調子で進めていきましょう

もう少し症状が改善してきたら、2週間に1回の治療に間隔を空けていきたいとお話しさせていただいています。

 

首の動きも良好で治癒|頸部捻挫(30代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

忘年会の帰り道で「ふらつき転倒」した際に、手をつき首がガックッとなり痛められた患者様です。

転倒時は痛くなかったけど、翌朝目が覚めると首~肘にかけて痛みが強く首はほとんど動かせない状態でした。

上肢にも痛みがあったため、頸部の椎間板の症状も考えられましたが、約3回の施術で上肢の症状は改善しました
その後、10回の施術で首の動きも良好で治癒となりました

頸部はとても繊細な所で、完全によくなるまでは施術をした方が良いかと思われます。

 

歩行時の違和感も大きく軽減!|股関節周囲の痛み(50代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

仕事中に座っている際、右のお尻が痛くなってくると来院された患者様です。

歩行時に右だけ股関節の外側から前にかけて突っ張る感じがするようでした。

詳しいお話をお伺いした後、お身体の状態を診させて頂くと、右臀部は強く張っていましたが、右腰部にも筋肉の緊張がありました。

お尻と腰の筋肉は深い関係にあり、このような状態ではお互いに引っ張り合い、お尻の張りがあることで腰に悪影響を与え、その逆もあるので悪循環に陥ってしまいます

このような場合、腰の筋肉、お尻の筋肉両方をしっかりと緩めることが大切です

治療としては、お尻の筋肉は大きく、また筋繊維の方向も様々なので体勢を変えつつ効果的な方法で緩めるようにしました。

また、歩行時の股関節の突っ張りは中臀筋、大腿筋膜張筋という股関節外側で体重を支える筋肉の硬さによるものであると予想されたのでその辺りもしっかりと治療しました。

治療後はお尻の痛みも和らぎ、股関節の可動域も広がったため、歩行時の違和感も大きく軽減したようでした

股関節の硬さは自然に改善されることが少なく、歩行などにも影響を及ぼすことが多いので、もし股関節が気になる際は、お早めにご相談ください

 

症状の進行を感じる事は無い!|脊髄小脳変性症(50代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

2年前より歩行時のふらつきを感じる様になり、脊髄小脳変性症と診断。

今年に入り
・呂律が回らない
・喋りにくい
・夜中によく目が覚める
などの症状も出てきたという事でご来院されました。

脊髄小脳変性症による症状の進行悪化を防ぎ、日常生活を少しでも改善できるよう鍼治療スタート

初診終了後
夜中に目覚める事無く、朝までぐっすり眠れたとの事!

鍼治療5回目
身体全体が少し軽くなった。

鍼治療8回目
日によって調子の良い日が出てきた。

鍼治療13回目
仕事後は疲れが出てきてフラつくが、今朝は今までにないくらい調子が良かった!

その後も調子の波はあるものの、症状の進行を感じる事は無いとの事です

更なる改善を目指して継続治療中です

 

目元の歪みも随分マシ|顔面神経麻痺(50歳 男性)

カテゴリ:その他の難病

半年前に「左顔面ベル麻痺」と診断された患者様です。

症状
・左側の目が閉じない
・舌の三分の一がしびれている
・口元の歪み
・左耳が反響する など

患者様のお話では『西洋医学の治療はすべて終了している』とのことで(ご本人の東洋医学での治療も希望もあり)、耳鼻科の先生からのご紹介で来院されました。

—– 診療情報提供書 ————–
<傷病名>左顔面神経麻痺(ベル麻痺)
<既往歴及び家族歴>特になし
<病状経過>
本年6月〇日に左顔面違和感を認め上記と診断され他院でステロイドなど
処方受けましたが改善せず、当科で経過観察中です。貴院の受診希望されています。
ご本人と相談され、一度貴院でご高診いただくよう勧めさせていただきました。
ご多忙の中大変恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
[備考]患側・健側含め電気刺激は避けていただきたいと存じます。

奈良県 〇〇診療所 耳鼻咽喉科 〇〇〇〇〇〇医師
———————————————————————————————-

とのことです。(情報提供書あり)

7月の顔面テスト 10点
8月の顔面テスト 16点
9月の顔面テスト 14点

聞こえは大丈夫だが、鼓膜が反響しつらいとのこと。

鍼灸治療経過
●治療開始4回目:朝起きた時 目が少し閉じていた(夕方疲れてくると目が全く閉じなくなる)

●治療開始5回目:友人から「顔の歪みはマシだね」といわれるが自覚なし。
本日治療中眠っておられましたが、目をしっかり閉じていて隙間なし

●治療開始8回目:久しぶりに会った友人から「目じりの皴は前は縦になっていて下がっていたが、今は皴は横になっている(下がっていないということ)目元の歪みも随分マシになってるよ!」と言われた

顔面テスト:18点 今までで最高得点がでた

●治療開始11回目:顔面テスト22点

週1回の治療で継続中です

この調子で一緒に頑張りましょう

 

育児中に痛みが|手関節捻挫(30代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

出産後、6ヵ月のお子さまを育児中で何かと手を良く使うため、少し違和感があったそうですが、子どもを抱き上げた際に母指のつけ根の手首の所に痛みがはしり、腫れて来たため来院された患者様です。

腫れが強い時には、あまり患部は触らずに手関節に関連する肘関節周囲の部分から施術を行うのと患部のテーピングを貼ることにより患部の腫れと圧痛が引き、可動域も改善してきました

痛みは改善してきたものの手を使わないわけにいかず使いながら施術をしていくような形で継続療養中です。

▲