患者様の声【症状別】

手をつなぎゆっくり歩くようになりました|歩行困難・ドラベ症候群(2才/男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

歩行困難のお子様の治療経過です。

◆通院日数:5カ月

◆治療回数:14回

 

◆初診時の症状

昨年、RSウイルスにかかり入院→歩行困難に

発熱で発作(ドラベ症候群と診断)

◆現在の状態

親御様と手をつなぎながら待合室から診療室のベッドまでゆっくり歩くようになりました(^^)

(スタッフみんな感動でした!)

発作も今のところ出ていないとのこと。

引き続き〇〇くんのサポートいたしますので、またお困りのこと等ございましたらいつでもご相談くださいませ。

以前より言葉も理解の幅も増えました(7才/男児)

ことばも少なく単語のみ、理解も乏しく中度知的障害と言われ自閉症スペクトラムと診断されています。特別支援学校に入学予定で当院を受診「真頭皮針」を週一回で開始。

怖がらせないように少ない刺激から始めました。少しずつ単語→言葉を発する頻度が多くなり、治療後は「あ、り、が、と、」「だ、い、じ、ょ、う、ぶ」と言ってくれるようになりました。

治療開始から一年が過ぎコミニュケーションもよく取れるようになり調子が良いので治療は一旦終了しました。(^^)

K君のこれからの成長が楽しみです(^^)

 

ギックリ腰|急性腰痛(60代/男性/会社役員)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

靴下を履こうとした時に腰を痛められた患者様です。

当院の関節「可動域」改善法を受診されております。

施術として、超音波、ハイボルテージ、アイスマッサージをしております。

(患者様の声)

施術後痛みも軽減して、普通に歩けます!

ありがとうございます

トコトコ歩くようになった|脳室周囲白質軟化症(PVL)(3才/男児)

カテゴリ:脳質周囲白質軟化症(PVL)

脳室周囲白質軟化症(PVL)お子様の治療経過です。

 

通院日数:

1年以上

 

初診時:

出生時より発達に遅れがあり、PVLと診断
歩行困難・身体が小さい・食欲低下

小児鍼灸・真頭皮針療法と、関節「可動域」改善法(JO)を受診

 

現在:
治療する毎に表情もしっかりしてきて、治療の帰りにデパ地下の鳥おにぎりをぺろっと食べれるほど食欲が増えたとのこと☺️

また、治療5ヶ月目の頃にはトコトコと歩くようになり、「あー」しか出なかった言葉は「おなかすいた」などとしっかり話せるようにもなりました。


「治療をしてから確実に変わってきた!」と、ご両親から喜びのお声をいただきました。


引き続き成長のサポートをいたしますので、お困りのことなどいつでも相談ください。

 

多系統萎縮症|(50代/男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症・多系統萎縮症

多系統萎縮症の症状で来院されている患者様です。

当院で真頭皮針の治療を5回受けられています。

初診の治療後に『他の治療院よりも治療後に身体の動かしやすさを感じた』と仰られていました。

今も身体のだるさや、自律神経失調の症状はありますが、引き続きご来院されています。

お家でも、ご自分で出来る範囲で、リハビリなどもされています。

お辛い症状が、これからも少しでも改善されればと思います!

 

要求を伝えてくれるようになった|自閉症(4才/男児)

自閉症の治療経過です。

◆通院日数:約1年4カ月

◆治療回数:約30回

◆初診時の症状

・癇癪

・言葉遅れ

・コミュニケーションがとれない

◆現在の状態

・要求を伝えてくれるようになった

・会話のキャッチボールができるようになってきた

・理解力がアップしている

引き続きサポートいたしますので、一緒にがんばりましょう!(^^)/

またお困りのこと等ございましたらいつでもご相談くださいませ。

遺伝性の脊髄小脳変性症(50代/女性/看護師)

カテゴリ:脊髄小脳変性症・多系統萎縮症

遺伝性による脊髄小脳変性症と診断

めまいふらつき、眼振、呂律が回りにくい、不眠…などの症状で遠方から来院されています。

「真頭皮針」を開始

治療をしてから調子もよく、「進行悪化している感じはない」と、言っていただいています。夜もよく眠れるようになっているそうです。

現在もお仕事も今まで通り続けているそうです。

遠方から来られる為、ニ〜三ヶ月に一回の治療継続中です

背中の痛み|肩甲骨の痛み(60代/女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

普段から背中が痛みがあり、風邪を引いてからより背中の痛みが強くなった患者様です。

当院の関節「可動域」改善法を受診されています。

施術として、マイクロ波、電気治療を行っております。

(患者様の声)

施術後、背中の痛みがなくなりました!

ありがとうございます

発語が出てきている|言葉おくれ・かんしゃくなど(3才/女児)

言葉おくれのお子様の治療経過です。

◆通院日数:約1カ月
◆治療回数:5回以上

◆初診時の症状
・言葉がでない(発達スケールでは1才2カ月)
・かんしゃく
・目が合いにくい など

◆現在の状態
・ずっと機嫌がいい
・発語が出てきた
・療育の先生からも「今日は〇〇と言ってましたよ」などの報告がある

〇〇ちゃんの成長を引き続きサポートいたしますので、一緒にがんばりましょう!(^^)/
またお困りのこと等ございましたらいつでもご相談くださいませ。

仕事が楽に出来ました!|痺性斜頚(30代/女性)

カテゴリ:ジストニア

当院で初めて真頭皮針治療を受けられた30代の女性の患者様です。

ジストニア・痺性斜頚の症状がずっと続き約10年の間、筋弛緩剤を受け続けられている患者さまです。

仕事中も首が思った様に動かせずお辛いご様子で、色々な治療を求めて当院にご来院されました。

前回の初治療直後にも『首が少し楽になった』と仰られていましたが、1週間後に来院された時には『次の週の仕事が楽に出来た!』
とお喜びのご様子でした。

筋弛緩剤と針治療とあわせて今より良い状態にしたいとの事です。

これからも、出来る限りお仕事時の負担を減らしていける様、お手伝いさせて頂きます。
またのご来院をお待ちしております

▲