カテゴリー: その他の難病

脱毛症①(2歳 女児)

カテゴリ:その他の難病

自己免疫疾患による、脱毛症と診断されました。

どんどん髪が抜け始め、来院時にはあちこちで頭皮が見えている状態でした。

小児鍼灸治療開始から、抜ける量が少なくなってきました

小児鍼灸治療10回目、頭頂部 前頭部 後頭部にうぶ毛が生えてきた

小児鍼灸治療12回目、順調にうぶ毛も増えて、抜けが少なくなっている

小児鍼灸治療9回目、生えてきたうぶ毛がだんだんと濃くなって、あちこちに生えてきている

この調子で継続していきましょう〜

この頃は、大泣きせずに頑張って真頭皮針治療を受けてくれてます

がんばろうね…

真頭皮針・関節「可動域」改善法を併用して・・|チック症状(7才 女児)

カテゴリ:その他の難病

現在、小学校2年生の女の子です。

3年前くらいから、徐々に首を回したり、まばたきがひどくするようになったり…という症状が出始めました。

漢方薬やサプリメント、いろいろと試してみましたが、改善しなかったとの事でした。

当院に来られた時は、ガクンと首が前に落ち込むような「チック症状」で、首が落ち込む度に『ゴキっ!』て音がするので、ご家族の方はとても心配されていました。

緊張しないように、好きな食べ物や学校の話など優しくコミュニケーションをとりながら、鍼治療を開始しました。

治療4回目  首の縦振りがなくなったが、首回しはまだある

治療5回目  首回しもでていない

治療7回目   GWでの旅行中は、全く出ていない

治療8回目   学校が始まり、首回しが1回あったくらいで、他には症状は出ていない

Aちゃんは、2回目の来院時から、鍼灸と関節「可動域」改善法(JO)の治療を併用で受けていただいております。
胸郭の硬さや足首に硬さが見られた為、JOでその部分を改善に導き、真頭皮針で脳神経〜全身の活性化と気血のめぐりを整えています。

この調子で、完治を目指しましょう

 

声がスムーズに出た!|発声障害 (20代 女性)

カテゴリ:その他の難病

1年前に風邪をひいた後から声が出しにくい。
病院でリハビリをしたが改善せず、、、
喉が詰まるような感覚で、朝の挨拶や返事をする時に声がでにくい。

という事でご来院されました。

針治療初診時
初めての針治療という事で、刺激量も調節しながら治療を進めていきます

針治療3回目終了後
症状が少しマシになった。
朝の挨拶の時スムーズに声が出た
との嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

1人で歩きたい!|脳梗塞(92歳 男性)

カテゴリ:その他の難病

我が家に父が来た7ヶ月の記録
父が脳梗塞になったのはH27・1・5です。
後遺症は左半身不随。家での生活は車イスです。
針灸院を紹介して頂き、通院するようになったのは、その年の10月21日。
父が我が家に来たのは、発症から1年近く立った頃です。

89才という高齢でありながら、1人で歩きたいと言う希望が強く、会長、院長先生から歩けるようになるよと云われ、父も私もとてもうれしくその後の励みになりました。

毎日の訓練するうえで、針はかかせない存在でした。
週2回の針と毎日の訓練で少しずつ改善されていく手応えを感じながら、進んで行く一歩一歩…

4ヶ月立った頃には左足にしっかりと力が入って1人で杖を使って歩けるようになり、5ヶ月頃には洗面台で立ってハミガキ、顔を洗うという動作が出来るように、又、トイレに1人で行ってズボンの上げ下ろしも出来るようになりました。

6ヶ月立つと歩幅も広がり、太ももに力が入って持ち上げる、蹴ることも出来、左手も上に上がる等々

本人の気力と努力そして針と家族の協力なくしては、1人で杖を使って歩くことは叶わなかったでしょう。


 

頭のふるえが止まった!|(70代 女性)

カテゴリ:その他の難病

9年前くらいから頭がふるえる、病院で診てもらったが、原因不明。
それに伴い首肩コリがきつくて腰から下もだるい
という事でご来院頂きました。

鍼灸治療3回目の治療後
娘さんに「頭のふるえが少しマシかも?」と言われたとの事!

鍼灸治療5回目の治療後
腰と足が、軽くなった!

鍼灸治療9回目
頭のふるえは全く出ていない
との嬉しいご報告をいただきました

更なる改善を目指して継続治療中です

 

薬の量が半分になった!|書痙(20代 女性)

カテゴリ:その他の難病

7年前より
・ペンを持って文字が書きにくい
・書けない
といった症状が出始め、病院でもらった薬も服用。

書く仕事が多い時は薬の量を増やす等していたが、だんだん薬も効かなくなってきた
という事でご来院されました。

鍼灸治療2回目の診療後
「以前はペンを持っただけでダメだと感じていたが、昨日ゆっくりではあるが書く事が出来た」

鍼灸治療5回目終了後
「薬の量を半分に減らしても書けている!」

など嬉しいご報告を頂きました
更なる改善を目指して継続治療中です

 

患者様の治療感想【手書き】|皮質性小脳委縮症(51歳 男性)

カテゴリ:その他の難病

私の病気は小脳がゆっくりと萎縮していく病で治療法はありませんでしたが、針と電圧の印可で、改善効果がみられたとする情報をホームページで見かけ、わらをもつかむ思いで訪れました。

治療を始めた当初、たまたまでしたが通院していた神経内科の方でMRIによる脳の画像検査を受けておりました。
そこで半年後に進行具合を確認すべく、同じく画像検査を受けましたが、 小脳の萎縮はみられず、針治療による進行の抑制効果はあるのかもしれないと期待が持てました。 また半年後にMRI検査を受け、状態を確認したいと思います。

一方、病状である、活舌の悪さなど、病気を熟知したうえで治療にあたって頂けるので、 気遣いなく治療を受けることができます。 病気以外でも体調について気遣って頂いているので安心できます。

通院自体は気晴らしにもなっており、長距離も苦になりません。
今後とも可能な限り治療を受けたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

指先の感覚が戻ってきた! |脳梗塞後遺症(50代 男性)

カテゴリ:その他の難病

脳梗塞後遺症で左上肢の痺れ、スムーズに動かすことができない。
指先の感覚鈍麻、手を使うお仕事をされていて、夕方くらいになると頸が締め付けられる様な感覚になる。

という症状で2年前にご来院されました。

鍼灸治療を開始してから、徐々に左手の動きがスムーズになり、痺れもあまり感じ無くなってきた

との事で現在は月に一度のペースでご来院頂いています。

今回も「すこぶる調子が良い!指先の感覚も戻って来てるし、仕事をしててもあまり首肩が気にならなくなってきた

との嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

嬉しいご報告|多系統萎縮症(60代 女性)

カテゴリ:その他の難病

◆症状
・1年前から脚が重く感じる様になる。
・現在はふらつきによる歩行困難
・喋りにくい
・便秘
といった症状があるとの事でご来院されました。

進行悪化を防ぎ、歩行、便秘等日常生活が少しでも改善できるよう鍼灸治療スタートです

◆治療経過
初診終了後:少し身体が軽くなった様な気がする。
鍼灸治療4回目:昨日ふらつきが少しマシでした!
鍼灸治療6回目:よく眠れるようになりました。
鍼灸治療10回目:調子が良い日、歩きやすい日が出てきています
との嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

 

ウインクできるようになりました!|顔面神経麻痺2(50歳 男性)

カテゴリ:その他の難病

顔面神経麻痺(左顔面ベル麻痺)で通院中の男性 ※12/19のブログをご覧ください。

本日来院された際に、私の顔を見るなり
「先生!ウインクができるようになりました今まで頑張って何回も試していましたが、ダメだったのが、先日からウインクできるようになりました意識して目を閉じるようにしないとまだ完全ではありませんが、できるようになりました

と、うれしいご報告がありました 私もすごくうれしいです!!!

週1回の治療に欠かさず来ていただいています。

ご自分でも 左顔面をホットタオルで温めるようにしたり、お仕事中や外出時にはネックウォーマーをして冷やさないようにしたり気を付けておられます。

この調子で進めていきましょう

もう少し症状が改善してきたら、2週間に1回の治療に間隔を空けていきたいとお話しさせていただいています。

 

目元の歪みも随分マシ|顔面神経麻痺(50歳 男性)

カテゴリ:その他の難病

半年前に「左顔面ベル麻痺」と診断された患者様です。

症状
・左側の目が閉じない
・舌の三分の一がしびれている
・口元の歪み
・左耳が反響する など

患者様のお話では『西洋医学の治療はすべて終了している』とのことで(ご本人の東洋医学での治療も希望もあり)、耳鼻科の先生からのご紹介で来院されました。

—– 診療情報提供書 ————–
<傷病名>左顔面神経麻痺(ベル麻痺)
<既往歴及び家族歴>特になし
<病状経過>
本年6月〇日に左顔面違和感を認め上記と診断され他院でステロイドなど
処方受けましたが改善せず、当科で経過観察中です。貴院の受診希望されています。
ご本人と相談され、一度貴院でご高診いただくよう勧めさせていただきました。
ご多忙の中大変恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
[備考]患側・健側含め電気刺激は避けていただきたいと存じます。

奈良県 〇〇診療所 耳鼻咽喉科 〇〇〇〇〇〇医師
———————————————————————————————-

とのことです。(情報提供書あり)

7月の顔面テスト 10点
8月の顔面テスト 16点
9月の顔面テスト 14点

聞こえは大丈夫だが、鼓膜が反響しつらいとのこと。

鍼灸治療経過
●治療開始4回目:朝起きた時 目が少し閉じていた(夕方疲れてくると目が全く閉じなくなる)

●治療開始5回目:友人から「顔の歪みはマシだね」といわれるが自覚なし。
本日治療中眠っておられましたが、目をしっかり閉じていて隙間なし

●治療開始8回目:久しぶりに会った友人から「目じりの皴は前は縦になっていて下がっていたが、今は皴は横になっている(下がっていないということ)目元の歪みも随分マシになってるよ!」と言われた

顔面テスト:18点 今までで最高得点がでた

●治療開始11回目:顔面テスト22点

週1回の治療で継続中です

この調子で一緒に頑張りましょう

 

症状も落ち着きました|リュウマチ(40代 女性)

カテゴリ:その他の難病

数年前から
手首や肘の痛みを感じ始め

最近になり
朝に強張りを感じるようになり

病院で「リウマチの初期」と診断され当院に鍼治療に来られました。

症状
●手首や肘の痛み。使い過ぎると酷くなる
●全身のダルさ

経過
治療し始めてから、
手首や肘の痛みを意識しなくなり、身体のダルさも減ってきました。
ただ、家事が忙しくなったり、お子様の事で心配になった時は眠りが浅くなり、症状が酷くなるのでその都度治療に来て頂きました。

暫くしてお子様も一緒に治療する様になり、お子様の症状が落ち着いてくると症状も落ち着きました

現在は症状が落ち着いたので一旦治療終了となりました

 

多系統萎縮症 (70代 女性)

カテゴリ:その他の難病

1年前からふくらはぎが重だるくなり、今年に入ってから歩行困難、ふらつき、呂律まわりにくい、書字困難、便秘、寝つきが悪い。

といった症状を訴えてご来院されました。

症状の進行悪化を防ぎ、日常生活を少しでも改善する為に針治療スタートです

針治療開始から3回目
身体が凄くラクになり、歩きやすかったとの事!

針治療5回目
日によって調子の波はあるものの、症状の進行は感じない。

針治療6回目
便が少し出やすくなった。

針治療10回目
最初に比べて、疲れにくくなった。

よく眠れるようになったとの嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

小脳変性症【口コミ紹介】鍼灸治療

カテゴリ:その他の難病

主人が小脳変性症という診断を受けてから、ほぼ毎週治療をしていただいて、もう4年目になります。毎回治療の後は体が軽く、動きやすくなりますので、1週間に1回の治療は欠かせません。有効な治療がない病気ですが、今でもなんとか自分で歩き、仕事も続けられる状態を保てているのは、こちらでの治療のおかげと思っております。

全く立てない状態になってしまった時、こちらでの1回の治療で元の状態に戻していただいたことが2度もありました。

もしこちらでお世話になっていなければ、あのまま車いすでの生活になってしまったかもしれず、とても感謝しています。
先生方、スタッフの方、皆さんとても親身に接してくださることにも感謝です。

往復3時間かかるため1週間に1度しか行くことができませんが、今後も今のペースで治療をお願いして、よい状態を維持していけたらと思っております。

(50代・女性)

起立性調節障害(17歳 男子)

カテゴリ:その他の難病

中学1年生の時から睡眠障害があり、朝が起きれない。
中学三年生の時に「起立性調節障害」と診断。
現在も学校に行けない日が多い。
頭痛、下痢といった症状もあるという事でご来院されました。

3回目治療後
ここ1週間、頭痛がなかった

5回目治療後
頭がスッキリしない感じはあるが、朝起きて学校にもいけた。

10回目治療
ずっと調子良く、朝も起きれていたが、今朝から頭痛が出ているとの事

11回目治療
前回治療後、「頭痛も治り、お腹の調子も良く学校にも行けている」という嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

進行性核上性麻痺 (60代 男性)

カテゴリ:その他の難病

三年前から何となく不調があり、一年前からよく転倒する様になった。

現在は、
・歩行時のフラつき
・動作緩慢
・嚥下障害
・寝つきが悪い
等の症状を訴えてご来院されました。

症状の進行悪化を防ぎ、日常生活を少しでも改善できるよう針治療スタートです

初診終了後
足が出やすく歩き易かった。
寝つきも少し良かったとの事。

5回目終了後
ぐっすり眠れるようになった。
歩行時のフラつきは変わりないが、進行もしていない。

10回目
職場の同僚数名の方から、
「最近顔色が良い」「歩き方が違う」と言われました

と嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

多系統萎縮症/MSA(50代 男性)

カテゴリ:その他の難病

一年前より「喋りづらい」と感じ、病院で検査入院し、MRIを撮ってみたところ小脳の萎縮などが確認され「多系統萎縮症」と診断を受けたとのことでした。

症状としては
・喋りづらい
・歩行バランスが悪い
・字が小さくなり書きづらい
・腰痛

があり、仕事では人前で話す機会も多く、バランスと喋りづらさを何とか維持したいと針灸治療を受診されました!

治療2回目
背中や腰の固さは依然としてあり背中が丸くなるが、右肩に感じていた凝りが軽減され、よく動くようになった!

治療5回目
腰痛が緩和され、歩きやすいです

呂律がまわりにくく、会話していても聞き返されることが多い。

治療16回目
プールの中で歩行練習を行ったりしています。家族に以前より言葉が聞き取りやすいと言ってもらえたとの嬉しい報告!

治療22回目
首まわりの緊張が取れると喋りやすくなり、バランスもいつもより取れる。

 

現在は初診から3年が経過しています。

自力での歩行は難しいものの、杖や補助があると歩行は可能です。

体調は良好に維持されており、仕事はできる範囲で続けながら、進行悪化を防ぎ、遅らせる目的で通院されています。

S様、今後も全力でサポート致しますので宜しくお願いします

 

脳梗塞後遺症(56歳 男性)

カテゴリ:その他の難病

自宅のトイレで立てなくなり、病院を受診し検査すると右側頭部で「脳梗塞」を起こしていると入院し治療を受けたそうですが、左半身麻痺があらわれ、病院でのリハビリテーションを開始。

病院でのリハビリテーションは手先を使う練習と歩行訓練で、介助や装具なしでの自立歩行や衣服の着脱など、日常生活に必要な動作は取れるまでの回復がみられた。

しかし、
・左手の母指と示指の動き
・手足の筋肉の突っ張り

などの運動麻痺に伴う筋緊張がみられ

これらの改善を第一に針灸治療を受けたいと来院されました。

治療2回目
左手がとても軽く動いた。

治療前より歩きやすくもなっている!と言っていただけました。

治療4回目
1日に一万歩以上歩けている。が、翌日疲労が大きい。

治療10回目
「握力が少しずつ増えてきて、親指と人差し指の動きもスムーズさが増しました!」

治療15回目
左の肘や肩が突っ張り、動きに固さが出る。

長く歩いた後の疲労感は改善されてきている。

治療23回目
近ごろは散歩は二万歩も歩いてます!

治療25回目
日により調子の良し悪し波はありますが、全体的には動きもスムーズさが増している。

日常生活もよりしっかりと自分の力でこなせています!

最近では、旅行に行ったりと以前にも増してアクティブに過ごされているようです

現在も針灸治療以外にリハビリも取り組みながら、更なる改善を目指し治療継続中です。

進行性核上性麻痺(60代 男性)

カテゴリ:その他の難病

3年前くらいから、よくつまずく様になり、1年前から歩行困難、書字困難、しゃべりにくさ、便秘、不眠といった症状も出始めて検査した所、「進行性核上性麻痺」と診断。

当院へ来院されました。
進行を遅らせ、日常生活を少しでも改善する目的で針治療スタート

初診終了後
いつもより良く寝れました。

2回目
頭のモヤモヤした感じがとれスッキリした。

4回目
今日来る時スタスタと歩けました!

など、嬉しいご報告を頂いています

今後は便通、さらなる歩行改善に向けて継続治療中です

急性小脳失調症(10歳 男児)臨床報告

カテゴリ:その他の難病

「急性小脳失調症」は小児に好発する、
・ふらつき
・めまい
・頭痛 など

小脳症状を呈し、比較的予後は良好な疾患のようです。

今回、来院された患者様は、【歩行のふらつき】があり、発症から1ヶ月経過した状態で、小学校の登下校も車椅子で行い、人の支えや歩行器がないとバランスが取れない状態でした。

初診の針灸治療では
新脳針」で小脳エリアへの施術を行いました。

また、置き針を使い体のバランスが取りやすいよう調整したところ。。。
来院時は、手で支えたり物につかまらなければ歩けなかったのですが、一人で歩ける状態に

治療2回目には
「翌日からは更に長く歩け、自転車にも乗れるほどに回復しました」と嬉しいお言葉をいただきました。

その後も、2回ほど治療を受けていただき、歩行はもちろん、運動も問題なく行えるレベルとなりました(^-^)v

状態も安定していたので、治療は卒業となり今ではサッカーやテニスをして元気に走り回っているそうです

経過観察を行い、特別に治療をすることがなくても予後は良好な疾患ではありますが、針灸治療を行うことで、早期回復のきっかけ作りが出来ました

患者様より治療の感想をいただきました

てんかん(27歳 男性)治療経過報告

カテゴリ:その他の難病

20歳位の時に、クラブの練習中に発作を発症。

脳波の検査で、てんかん波が見られた為、薬の服用を開始。その後1年位飲み続けて脳波が安定したので薬の服用をやめていましたが、2週間前に自宅で2年振りに発作を発症し、薬を再開されました。

発症の原因として、クラブの練習が毎日ハードなのに加えて、大学3回生で就活の忙しさが重なり「てんかん」の再発にいたたったのではないかと考えられますが、今後も卒業まではクラブを続けて行きたいので、発作を安定させる為に当院の新脳針治療を開始しました。

発作は、意識が無くなり10分くらい痙攣(けいれん)する様な症状です。

新脳針治療12回目の頃から脳波が安定し始め治療開始から現在まで発作は、一度も出ていません(5年間)薬も、1錠だけになりました。

現在は、社会人になり定期的な身体のメンテナンスと薬を無くす事を目指して継続治療中です

多系統萎縮症(50代 男性)

カテゴリ:その他の難病

一年前から歩行時のふらつき、喋りにくい等の症状が出始め、病院で検査した所「多系統萎縮症」と診断。

今年から服薬開始されたそうですが、今の所症状に変化が無くて、、と言うことで、当院に来院されました。

遠方からの来院ですので「1日2回治療、週2回」のペースで治療開始

初診終了後、『ふらつきがいつもよりマシになった!』『声が良く出て喋りやすくなった』との嬉しいご報告を頂きました

その後も、『針を受けた後は身体が軽くなり、調子も良くなる』と効果を実感して頂いています

今後も症状の進行悪化を防ぎ、少しでも改善へと導く為に継続治療中です

 

多系統委縮症(兵庫県 61歳 男性)ご感想

カテゴリ:その他の難病

多系統委縮症の診断を受け2015年の10月からお世話になっています。

歩きにくい、話しにくい、ふらつくなどの症状が進行するため、病院での投薬やリハビリも受けていますがこちらでの治療が一番効果が見えます。
治療していただいた後、明らかに歩きやすくなります。
1週間に1度の治療のおかげで何とか状態を維持できているのだと思います。
今後も治療を継続して頂き、できるだけ症状の進行を抑えられたらと思っています。

多系統萎縮症(60代 男性)

カテゴリ:その他の難病

多系統萎症で治療中のS様
3年前から当院で治療を開始されています。

歩きにくい、話しにくい、ふらつく・・などの症状が進行し 病院では投薬やリハビリが中心となっています。

当院での治療後、明らかに来院時と違い歩きやすくなると嬉しいお声

今は、1週間に1回の治療ですが、なんとか今の状態を保てるよう、多系統萎縮症の進行を遅らせれるよう・・治療していきます

転倒にはくれぐれもお気をつけくださり、これからも一緒に頑張っていきましょう

 

うつ症状(40代 女性)

カテゴリ:その他の難病

・人と上手くコミュニケーションが取れない
・気分の落ち込み
・感情がコントロール出来ない
このような、うつ症状でお悩みの患者様が来院されました。

詳しくお話しをお伺いさせて頂くと、食べ過ぎなど、食生活の乱れ、便秘もあるとの事でした。

腸は「第二の脳」とも言われ、
身体のバランスを保つ為に重要な役割を持っています。
新脳針治療を基本とし、お腹を整える針、お灸も使いながら治療スタート

3回目の治療後、
「以前より気持ちが落ち着いています」と嬉しいご報告を頂きました

治療に慣れてきた事もあり、リラックスしたご様子で色々お話しもして下さいます

まだ気分に波はあありますが、以前より安定しているとの事で、さらなる改善を目指して継続治療中です

進行性核上性麻痺(50代 男性)

カテゴリ:その他の難病

症状「ふらつきがあり歩きにくく、よく転倒するようになった。」

病院で検査を受けたところ『進行性核上性麻痺の疑い』と言われ、薬を服用するも変化なし腰椎すべり症で慢性的な腰痛もあり、という患者様が来院されました。

初診終了後(新脳針療法)、
「疲れもなく少し歩きやすくなった気がする」とのご報告

その後も、腰が軽くなった、治療後は声が出やすくなる等、嬉しい変化が出てきました。転倒する事も無くなったとの事

現在はご自宅から近くに当グループ院がございますので、そちらの前田針灸接骨院にて継続治療中!
経過も良好との事です

「新脳針」とは・・・
頭部(脳)と全身の必要なツボ(核点と患部)に針を刺して、0.7mmAの微弱電流を注入し刺激を与え、脳神経細胞を活性化させるという当院が発見開発した独自の治療法です。

当院は大正14年創業からの歴史の中で、あらゆる難病治療に対する研究を重ねてまいりました。そこで頭部(脳)と全身の必要なツボ(核点と患部)に針を刺して、0.7mmAの微弱電流を注入し、脳神経細胞を活性化させる療法「新脳針」を施し数多くの患者様の治療をしてきました。 90年以上となる歴史と治療カルテが証明する「新脳針療法」により、全国から数多くの患者様が来院されています。

詳しくはこちらをご覧ください

アルツハイマー型認知症

カテゴリ:その他の難病

73歳女性
某医大病院にて、アルツハイマー型認知症、パーキンソン症状ありと診断されました。

来院当時は、
・仮面様顔貌で表情も乏しく
・足のだるさ
・体全体の硬さ
・常に眠い眠い
という症状があり、何よりも「認知症状がどんどん進行している」とのことでした。

よく転倒されており、顔面やおでこにひどい内出血で来院される事もありました

治療開始から来院当時と比べ徐々に良くなり、
治療7回目では、こちらの問いかけに ニコッと笑顔が出ました
今まで、何をお話ししても無表情だったので、とても嬉しかったです

治療中ご自身で鍼を抜いてしまう事があったり、動かれたりしてしまうので目が離せず、足のだるさがあったり、すぐにトイレに行きたくなってしまったり、何を質問しても「わからない」としか返答がなかったのですが、ご主人からは『 少しずつよく喋るようになってきた』と、ご報告をいただきました。

現在、月1〜3回の治療で1年が過ぎました。

ご主人からは、『この頃よく文句を言うようになってきて、嫌なことを嫌だとはっきり言うようになってきたので、困ったよ…』と、笑顔でお話をしていただきました。

来院時も、ご自分から「こんにちは」と、元気よく入ってきて下さる日もあったり、他の患者様のお子様を見て「可愛いねぇ〜」と話しかけられる様子を見て、ご主人は「変わった前と全然違う」と、喜んでおられます(来院当時の〇〇様では考えられないくらいで、私たちも本当に嬉しいです)

今後も月1〜2回のペースで通院予定です。
患者様に寄り添い、患者様や支えるご家族の方にも笑顔になっていただけることを一つでも多くしたいと思っております。

治療について詳しくはこちらをご覧ください

 

書痙(30代 男性)

カテゴリ:その他の難病

20年前急に字が思うように書けなくなり、力が入らずペンを持つ事も出来なくなり、精神科で薬を出してもらうも効果なし。という患者様が来院されました。

お身体を診させて頂くと、首肩のコリがきつく、手足や腹部の冷えもありました。

初診は食事面、出来るだけ冷たい物は控えてもらう等、日常生活のアドバイスもお話しさせて頂きながら針治療スタート

初診終了後は首肩が楽になり、足の冷えも以前よりマシになりました

そして6回目の治療後、身体全身が軽くなり、まだスラスラと書くまではいきませんが、右手に力が入る様になり、ペンを持てるようになりましたとの嬉しいご報告を受けました

完治を目指して現在治療継続中です

 

脳梗塞後遺症 左半身(50代 男性)臨床経過報告

カテゴリ:その他の難病

1年位前に、左腕の痺れが気になり病院を受診し「脳梗塞」が分かったそうです。

症状は、
◯左腕の痺れ・麻痺(スムーズに動かせない、力が弱い)
◯首・肩の張り(仕事をすると酷くなってきて、顔に違和感が出てくる)

当院の「新脳針療法」を開始
初診〜10回の治療(2日に1回)で首・肩の張り感が改善し、仕事中も悪化する事がなくなりました。
11回〜20回の治療(3日に1回)で、左腕の動かせる可動域が広がりました。
21回〜30回の治療で、左腕の動きが大分改善し、咄嗟の時に左腕を出せるようにまでなりました。

現在も発症以前の状態に近づける様に継続治療中です

脳梗塞の後遺症は、発症の度合いにより程度が様々で、治療の目標も個々により異なります。
・軽度の方→完治する事が目標
・重度の方→少しでも動かせるようにする事や、麻痺による肩や腰にかかる負担を取り除く事が必要になります

当院では、新脳針療法により一人一人に合った治療計画を立てて、後遺症を改善し日常生活で困る事を少しでも減らせる様に治療させて頂きます。

ご来院・施術の流れはこちらをご覧ください

 

てんかん発作(20代 男性)治療経過報告

カテゴリ:その他の難病

スポーツ時に度々吐き気、頭痛、めまい、痙攣、失神。
病院で検査しても原因が分からず・・・
と言う事で一年前に来院されました。

三回目の治療後、頭痛が無くなり、1週間発作も起きていないとのご報告を受けました

その後も週1回のペースで1年間継続治療させて頂きましたが、発作もなく、体調も大分良い
との事で一旦治療を終了させて頂きました!

てんかんの治療例を一部掲載しておりますのでこちらをご覧ください
当院の「新脳針療法」はこちらをご覧ください

▲