堂島針灸接骨院ブログ

ふくらはぎの痛み(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

歩いていた際に、ジワジワとふくらはぎが痛くなり、ついには歩くのも辛くなり来院されました。

かなり強い痛みがあり、足を引きずりながらでしか歩けない状態で、肉離れかな?とおっしゃっていました。

まずは詳しいお話をお伺いすることにします。

朝から少し違和感があったらしく、その後歩いていると段々と痛みが強くなってきたようでした

それを聞いて、これは肉離れではなさそうだと予想しました。
肉離れの場合、筋肉の急な収縮・伸長によって起こるため、何もしていないのに段々と痛みが出てくることはありません。基本的に負傷の瞬間に痛みが出ます。

そのことから、今回は何らかの神経、もしくは血管の圧迫などが起きていると考えました。

いくつか質問をしていくと、普段から腰に張りを感じており、ゴルフの後数日間は特に気になるということと、来院時、ゴルフのラウンドをした二日後であるということがわかりました。

そこで、まず腰の治療を行うことにします。ふくらはぎの筋肉は腰から始まる神経に支配されており、腰の筋緊張によってそれが圧迫されている可能性があったからです。

その後ふくらはぎ周辺の筋肉も治療すると、大きく痛みが改善し、スムーズに歩けるようになりました

さらに、ふくらはぎの筋肉をサポートするようにテーピングを行い、その日は治療を終えました。

2回目の来院時にはふくらはぎの痛みは取れており、今は腰の状態をさらに改善するため、通院して頂いております

 

急に痛みが出た際など、原因をしっかり把握することが大切です。
痛みが出た際は、まずご相談下さい。

ウエスト症候群(2歳 男児)

十ヶ月の頃から毎日何度もてんかん発作があり、ウエスト症候群と診断。

服薬始めてから発作は無いが、つま先立ちで歩く、言葉の遅れ、かんしゃく、多動といった症状を訴えてご来院されました。

初診時
びっくりした様子で泣いていましたが頑張って受けてくれました

3回目終了後
歩行時、少しではあるが踵が地面に着くようになった。

4回目
発語に関して不明瞭ではあるが、単語が増えてきた。
かんしゃくが減り、落ち着きが出てきている

との嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

脊髄小脳変性症 鍼治療報告(70代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

遠方より電車を2つ乗り継いで来ていただいています。

ふらつき、喋りにくさ、呂律がまわりにくい、・・など 脊髄小脳変性症特有の症状がいくつも出ておられました。

実は、こちらの〇〇様は5年くらい前にも来ていただいたのですが、しばらく来られず「症状が進んできた」ので再来院されたのです。

再来院から治療30回目を迎えましたが、全く症状に進行は見られず、ふらつきながらも一人で遠方より来ていただいています

この状態を保てるよう、一緒に頑張りましょうね

腰痛(30代 女性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

重量物を持ち上げた際に腰を痛めて来院された患者様です。

10年前に出産後腰部にだるさはあったものの、太ったせいかな?とあまり気にはならなかったとの事でした。
体の状態を診た所、右腰部の仙腸関節部に強い圧痛が診られ周辺の筋緊張がきつく骨盤が浮いており、更に下肢長を見ると右下肢が短い状態でした。

筋肉の硬結をとり骨盤の調整をした所、1回の施術で歩行時の痛みが消えました

施術後は楽になるけど、しばらくすると元に戻るという状態が続き、出産後の骨盤のずれがもともとあったのが原因の一つだという事をご説明し、根気よく3ヶ月施術をつづけていただいた結果、骨盤の状態も安定しだるさもなくなり治癒となりました

太ももの痛み (30代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

前屈みの姿勢をとった際に左の大腿後面(太ももの裏)に痛みがあり来院。

特に痛みがあるのは、お尻に近い太ももの付け根のあたりで、歩行などに支障は無く前屈をした際に突っ張るような痛みがあるということでした。

このような症状の出方をする場合、腰やお尻の神経に何らかの問題がある可能性があります。

というのも、前屈みの姿勢をとった際には太ももの裏だけでなく、腰やお尻の筋肉も伸ばされて一時的に緊張状態になるのですが、その際にもし腰やお尻の神経に異常があれば、その先にある太ももや膝の裏などに痛みを出し、今回のような症状が出てしまいます

今の状態を、ご説明させていただきながら、腰部や臀部の筋肉を診てみますと、やはり左の腰臀部には、はっきりとした圧痛ポイントがありましたので、この辺りからよく治療し太ももの痛みも改善していきます。

1回目の治療後、前屈して頂くと痛みが大きく改善されており、驚いていらっしゃいました

ただ、このような筋肉の硬さは戻ってしまうことが多いので、続けて治療していきましょうとお伝えし、週二回ほどのペースで通院して頂きました。

そして、10回ほどの通院後、全体に筋肉の柔軟性が出てきたところで治療終了としました。

 

今回は早めに来院して頂いたので問題なく改善されましたが、そのまま放置していれば、足に痺れなどの神経症状が出ていた可能性もあります。

似たような症状があれば、お早めにご相談ください。

進行性核上性麻痺 (60代 男性)

カテゴリ:その他の難病

三年前から何となく不調があり、一年前からよく転倒する様になった。

現在は、
・歩行時のフラつき
・動作緩慢
・嚥下障害
・寝つきが悪い
等の症状を訴えてご来院されました。

症状の進行悪化を防ぎ、日常生活を少しでも改善できるよう針治療スタートです

初診終了後
足が出やすく歩き易かった。
寝つきも少し良かったとの事。

5回目終了後
ぐっすり眠れるようになった。
歩行時のフラつきは変わりないが、進行もしていない。

10回目
職場の同僚数名の方から、
「最近顔色が良い」「歩き方が違う」と言われました

と嬉しいご報告を頂きました

更なる改善を目指して継続治療中です

眼精ヘッドマッサージ(40代 女性)

カテゴリ:その他の慢性病

会社を営んでおられる 40代の女性患者様

いつも頭の痛み、首肩のコリが辛くて 本当にしんどくてどうにもならない時に「眼精ヘッドケア」を受診されます。

今日も久しぶりに来院されました。
『いろんなところ行ったけど、あまり良くならなくて やっぱりここじゃないとあかんのよねぇ〜』と、言って下さいました

右こめかみの痛みがあり、触診するとかなりの浮腫
首から後頭部にかけて、硬結もあり…肩もかなり凝っておられました

15分の「眼精ヘッドケア」を2回に分けて受けて下さいました

2回目終了したお顔は、血色も良く 目がパッチリ開き…スッキリされたご様子でした

お仕事もお忙しい方ですが、こまめにメンテナンスされる事をお勧めしました

 

難治性の足関節捻挫(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

足関節の捻挫で整形外科を受診され、レントゲン検査では「骨の異常は無し」と診断されたが、靭帯の損傷があったため、約2週間の固定をし、その後の後療で当院を受診された患者様です。

当院での初診時では、関節可動域がやや制限され歩行時痛が強かったため、一定方向だけを制限するテーピングをはり関節の可動域を広げる施術と関節の安定をはかるための筋力トレーニングを施しました。

初めは関節の不安定性が強かったためなかなか腫脹、疼痛が軽減されませんでしたが、根気よく3ヶ月施術する事で治癒となりました。

複視(20代 女性)

カテゴリ:目・耳・鼻・口の症状

2年前に物が二重に見えるようになり、手術をしたけが直ぐに元に戻り治療の手立てがなく当院に来院されました。

症状
●左内斜視
●近くは大丈夫だが遠くを見るとズレる
●疲れると酷くなる

経過
計4回針灸治療を行いました。
初診から調子が良くなり、治療の効果も最初はその日中迄しか持たなかったですが、2診目、3診目と続ける事に持続する様になり、最終的には多少疲れても調子が悪くならなくなりました

複視には様々な原因がありますが、寝不足や疲労などの体調不良によって悪化しやすいです。なので鍼治療で体調を整えると症状が改善する事は多いです。体調を整えながら、脳神経を活性化させる二段階の治療で症状を改善していきます

足底の痛み(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

趣味のランニング中に足底に痛みが走り、その後、痛みで走れなくなったと来院されました。

来院時、歩行での痛みはありませんでしたが、足底部には圧痛があり、走ることに対しての不安がある状態でした。

さらに詳しく診ていくと、骨盤のバランスが崩れ足の長さが左右で違っていることがわかりました。

このような状態では、左右にかかる体重のバランスが崩れ、長距離ランニングなどで繰り返しの負荷をかけた際に痛みが出やすくなります

今回は足底に痛みが出ましたが、膝や股関節などへの負担も考えられるので、しっかりと原因を改善するようにしましょうとお伝えし、治療を開始

まず腰まわりの筋肉を緩め、骨盤の動きを出していき、その後骨盤のバランスを整えるようにします。

足底は外側の筋肉に痛みがあったため、その周辺の筋肉を緩め、足関節の位置も調整します。

このような治療を数回行い、骨盤のバランスが整ってきたところで一度軽めにランニングして頂くようにお願いしました。

すると次の来院時には、早速走ってきたとご報告があり、痛みは出なかったと喜んでいただけました

その後は様子を見ながら、走る距離を伸ばして頂き、今は秋の大会に向けて本格的にトレーニングを再開されたそうです。

治りの遅い足の痛みは、思わぬところに原因があるかもしれません。なかなか取れない痛みも、ぜひご相談ください。

てんかん(10歳 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

二歳半の時に発作が起こり、七歳頃までに四回てんかん発作あり。

それ以降、てんかんの発作は無いものの、出来る学習と出来ない学習との差が激しく発達の遅れも気になって、、との事でご来院されました。

先ずは脳波を落ち着かせ、減薬、発作ゼロを目指して針治療スタートです

 

初診時は、初めての事でビックリしたのか針も嫌がっていましたが、二回目からは色々お話しながら上手に受けてくれています!

四回目終了後、はっきりとは分からないが、少し雰囲気が変わってきた気がする!とご両親からのお声をいただきました

十回目、日によって調子の波があるが、少し集中力出てきたとの事。

十一回目、てんかんの検査で脳波に異常なしとの結果が出ました

 

更なる改善を目指して継続治療中です

パーキンソン病 鍼灸治療経過(60代 女性)

カテゴリ:パーキンソン病

症状は動作緩慢、震え、仮面様顔貌…など

パーキンソン病と診断されましたが、お薬がうまく効かず 何か手立てはないものかと 当院を受診されました。

進行悪化を緩やかにし、背中の痛みや不眠など、日常生活にお困りの症状を先ず改善できるよう 新脳針を開始しました。

背中が痛く、夜も眠れない事が多かったのですが、少しずつ痛みのない日も出てきて、表情が少しずつ明るくなってこられました

姿勢もよくなり、震えもありません

この調子で頑張っていきましょう

めまい(40代 女性)

カテゴリ:目・耳・鼻・口の症状

2週間前からめまいがあり、過去にも発症しており病院で良性発作性頭位めまいの診断をされている患者様で、他にも肩凝りが慢性的にあります。

治療方針
お身体を診させて頂いた所、首肩が凄く凝っているのと、2ヶ月前から生理不順でストレスもかなりあるとの事でしたので、

1、首肩の凝りを改善する。
2、ストレスにより、自律神経のバランスが崩れているので調節する。(生理不順もストレスが関係していると思われる)

以上の事をメインに新脳針治療を行いました。

経過
4回の治療でめまいがなくなり首肩の凝りも改善されました
現在も仕事が立て込んだりして調子が悪くなりそうな時に治療に来て頂いて、メンテナンスをしています

頭痛・自閉症・便秘と生理不順【口コミ紹介】針灸治療

カテゴリ:患者様の声 一覧

2018.08.29
6年程前からお世話になっています。
妊娠・出産でしばらく通えず、本日久しぶりに施術していただきました。
夏バテでむくみがひどく、頭と体が重かったのですが、すごく良い感じになりました♪
午後には頭痛も改善されました。ありがとうございました。

次は院長先生と女子トークをしたいなと思っています!

2018.08.28
この夏何度か通わせてもらっています。5才自閉症です。
心配ごとのひとつは、相手の言葉を受けて適切な言葉を返す、ということです。
あえてちんぷんかんぷんにおどけたり、無視で通したり…。
きっと緊張でパニックやフリーズしたためだと思います。
それがこちらに通い始めてからグッと改善されたように感じます。
相手に応じようとする姿勢が見られますし、実際スムーズに会話が成り立つことも増えました。
あと、語彙もグッと増えました。
この子の兄もふと「最近かしこくなったな。」と言っていました。
院長先生もとても優しく親身に話を聞いてくださいます。
これからもよろしくお願いいたします。

2018.08.12
先日も利用させていただきました!
私は便秘と生理不順が悩みでした。
もともと冷え性で、運動もせず、甘いものも大好きです。。
先生に、不調の原因は自ら作っていることを教えていただき
針治療+先生のアドバイス通り、簡単な運動、食生活の改善をしてみたところ
生理が毎月きちんとくるようになり、毎朝お腹の調子もイイです!

女性の院長先生ですので、恥ずかしい悩みも打ち明けられます。なにより、親身になって話を聞いてくださるので、信頼しています!いつもありがとうございます。

 

その他のしんきゅうコンパス口コミはこちら

首の痛み(30代 男性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

数日前、トレーニングジムでバーベルを使いスクワットをした際に『左首から肩にかけて痛みが出た』と来院されました。

痛みが出た当初は、強い痛みがあり、ほとんど首を動かせない状態だったようですが、来院時には痛みは少し軽減していました。

しかし、首を横に倒したり、下を向いたりした際にまだ痛みがあり、トレーニングを再開するのに不安があるとのことで、治療を行うことに

まずは全体に筋肉の状態を診させていただきますと、特に痛みの出る左側の筋肉はやはり硬くなっており、その中でも首を横に倒した際に伸ばされる筋肉が張っていました。

この状態では、関節が動いた際に十分に筋肉が伸びることができない為、可動域も狭くなりますし、何より痛みが出てしまいます

その辺りも説明し、ゆっくりと問題の筋肉を緩め、筋肉の柔軟性が出てきたら、次に頚椎の動きをみていきます。

すると、ここでも動きの引っかかるようなポイントがあったので、周辺を緩め、その上で関節一つ一つを丁寧に動かして引っかかりを取っていくようにします。

そして治療後、確認のために先程痛みのあった動きをしていただくと、痛みがとれており、喜んでいただけました

今回は強い痛みも引いていたので、トレーニングも軽めの負荷から再開していただき、様子を見ながら通院するようにお伝えしました。

かんしゃく(3歳 男児)

こだわりが強く、思い通りにならないと泣き叫ぶ、爪噛みが、ここ半年くらい特に症状がひどいとの事でご来院されました。

最初は様子をみながら、小児はり(刺さない針)のみで治療スタートです

初診終了後、かんしゃくは少しましになったかな?との事でした

その後、5回小児針治療(刺さない針)を行い、かんしゃくは以前より軽くなり、当院にもだいぶ慣れてきたようなので、針治療をスタートしました

初診時はいつもと違うので本人もびっくりして泣いていましたが、

2回目からはおとなしく、上手に受けれました

4回目治療後、だいぶ落ち着きが出てきて、爪噛みも減ってきたとの嬉しいご報告をいただきました。

更なる改善を目指して継続治療中です

耳鳴り・耳痛(24才 看護師)

カテゴリ:目・耳・鼻・口の症状

普段から首や肩のこりがひどく、お仕事も忙しい日が続いていたそうです。

ある日、右耳がキーンと痛くなりその後、耳鳴りがずっとつづいていたそうです 痛みで夜眠れないこともあり、耳鼻科に行くと「肩こりですね」といわれ痛み止めと湿布が処されたそうです。

薬の効いているときは痛みはないが、薬が切れると「キーン」とした痛みが右耳から頭に走り・・ついには薬を飲みすぎて胃が痛くなったそうです。

1回目治療:首、肩の表面は柔らかいのですが、奥の方にコリがあり、触るだけで「痛い」とのこと。耳周りにも針をし、鍼治療のあと、ゆっくり優しいマッサージをしました。

2回目治療:前回から耳の痛みはずいぶんなくなり、この一週間薬を飲むことなく過ごせたそうです。

前回は触るだけで痛がっておられましたが、肩の凝りはまだありますので、前回と同じく鍼治療のあとマッサージを!普通にマッサージしても大丈夫なくらい回善されていました

お仕事がとてもお忙しい方ですが、継続ご来院いただいています

これからも、サポートしますので元気にお仕事がんばってくださいね

足底筋膜炎(30代 女性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

色々なスポーツが好きな方で、今回はテニスをしている時にボールを拾いに行き踏ん張った際、荷重がかかり足底の土踏まずのかかとよりの所に痛みが走り、特に歩きはじめが痛いとの事で来院されました。

お身体を診た所、患部に僅かな腫れが診られ、最近体重が増えたと仰っておりました。
炎症症状を抑える為に「アイシング」、「電療法」を加え、「土踏まずのアーチを補正する施術」と「テーピング」をさせていただきました。

計5回の施術で腫脹は減少し12回目の施術で痛みは消失しました

坐骨神経痛(40代 男性)~鍼灸治療報告~

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

2年ほど前から来院されている方で、左の坐骨神経痛の鍼灸治療でこられています。

症状
・4年位前から症状が出始めた。
・腰〜お尻、下肢にかけて痺れ、痛み。
・温めると楽になる。

経過
初診から少しずつ症状が改善して、5診目くらいには痺れが無くなりました。15診目くらいには、症状は殆ど落ち着き、趣味の山登りも出来るようになられました

現在は、定期的にメンテナンスとして通院されています

◎首や腰などの痛みの原因は、日頃の疲労や生活習慣によるものが殆どです。強い痛みが無くなっても定期的なメンテナンスをお勧めしています

腰痛(50代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

何年か前から右腰の痛みがあり、今回はゴルフをした後から痛みが憎悪し来院されました。

お話をお伺いすると、ゴルフの他にもマラソンや登山などが趣味であり、体はよく動かしておられるようでした。しかし、登山などの際も腰が気になることはあるとのことでした。

そこからお身体の状態を診させて頂くと、硬さのあるところが色々とありましたが、特に右の骨盤の関節が硬く、動きが悪くなっていました

このような状態だと、運動や腰に負荷がかかる動作をした際に負担が大きくなってしまいます。そしてその負担が蓄積されて痛みが出ていると予想されましたので、その辺りを説明し、さらにいつからこの硬さがあるのかがはっきりとは判断できないため、改善には時間がかかるかもしれないとお伝えし、治療に

治療としては、腰周辺の筋肉をゆっくりと緩め、その上で骨盤の動きを出す施術を行います。

最初はやはり硬さが強く、大きな動きはなかなか出なかったのですが、治療を重ねるうちに動きもだんだんと改善されていきました。

そして、治療開始から2ヶ月ほど経ったある日、ゴルフの練習に行ったそうですが、
「腰の動きが軽く、たくさん打ち込んでも疲れが残らなかった今までこんなことはなかった。」と仰って頂けました

現在も通院中ですが、今までデスクワークをしていた際にあった痛みも無くなり、いい状態を維持できているそうです

当院では痛みの原因をしっかりと考えて治療させて頂きます。
なかなか改善しない腰の痛みなども、ぜひご相談下さい。

パーキンソン病 鍼治療報告(50代 男性)

カテゴリ:パーキンソン病

四年前からパーキンソン病の症状が出始め、現在は左股関節の痛み、左足振戦、歩行困難の症状を訴えてご来院されました。

進行悪化を防ぎ、減薬を目標に針治療スタートです

初診終了後
帰り道足が軽くなったとの事

3回目の治療
お仕事等でお忙しく、前回から10日間間隔が空いてのご来院でしたが、脚が軽いのは持続出来ているとの事

4回目の治療
左足の指が開く様になり、歩きやすくなったとの事

更なる改善を目指して継続治療中です

脊髄小脳変性症 鍼治療報告(43才 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

約1ヶ月前から治療を開始してます。

脊髄小脳変性症によるフラつき、歩行困難、構音障害、運動失調による手の不自由さ…などがあり、難病になったことで気分的にも落ち込まれてました

治療開始から 前向きな気持ちになられ、歩行時のバランスもとりやすくなったと喜ばれてました

脊髄小脳変性症は進行性の難病ですが、少しでも進行悪化を防ぎ、改善へと導けるよう 「新脳針」療法で治療させていただきます

現在も週2回で治療継続中です。

急性腰痛(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

季節の変わり目などに体調が付いて行かず、急な痛みを訴え来院する患者様が多くいらっしゃいます。

今回ご紹介する患者様は
猛暑による夏バテ状態で、胃腸の調子が悪く、以前から腰部に違和感を感じていたそうですが、引越しの手伝いをして重量物を持ち上げた際にぎっくり腰を起こしたとの事で来院されました。

お身体を診た所、エアコンが原因で腰部と腹部がとても冷えていた為、ホットパックで良く温め施術を行い約2週間で症状が改善しました

ぎっくり腰の場合、温めずにアイシングをする場合もありますが、今回の場合は最初からよく温めた事により痛みが緩和されたケースでした。

難聴(40代 男性)

カテゴリ:目・耳・鼻・口の症状

乗り物の乗務員をされている方で、19年前に少し聴力が悪くなり、仕事には支障なく過ごせていたのですが、健康診断の聴力検査が不安になり来院されました。

症状
・耳鳴り
・高音域低下
・生活に支障はない

通院ペース
・10回までは出来るだけ毎日
・10回から30回は2.3日に1回
・30回以降は週に1回

経過
・通院当初から治療後は、体が軽くなり、よく眠れる様にたり余り疲れなくなったと仰っていました
・その後も経過は良く、仕事での聴力レベルをクリアする事が出来ました
・運転士になる事も希望されていて、その為に必要な聴力検査もクリア出来て試験も合格されました

現在は、メンテナンスとして定期的に治療に来られています。

首 肩の痛み(40代 女性)

カテゴリ:首・肩・背中・上肢の症状

3週間前から右肩が上がらなくなり、じっとしてても痛みがあるとの事

四十肩かも…?
普段から首や肩の強度の凝りがあり、めまいや頭痛も頻繁に起こっていたとの事でした。

右肩を動かしてもらい、痛みの出るところや硬結のある所に鍼をし、また カチカチになっておられた 首や肩、肩甲骨周辺にも鍼をしました。

鍼をして12分置き、そのあと軽くマッサージをしました。

治療終了後、なんと上がらなかった右肩が スーッと上に上がりました

痛みもないそうです
良かったです

ただ、慢性的な首肩の凝りがある方でしたので、定期的なメンテナンスをお勧めしました

脊髄小脳変性症 鍼治療報告(50代 男性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

二年前から歩行時のふらつきが始まり、以前からあった睡眠障害によるものかと思っていたが、病院にて検査を受けたところ、脊髄小脳変性症と診断。

ふらつきの他にも、書字困難、呂律が回らない、そして睡眠障害と言った症状で来院されました。

先ずは症状の進行悪化を防ぎ、日常生活を少しでも改善できるよう針治療スタートです

3回目治療後
少し寝言が減ったと奥様にも言われるようになったとの事。

5回目治療後
片足立ちが出来るようになった。
3日おき位に深い眠りに入れるようになった!

7回目治療
少し滑舌が良くなった気がする。

9回目治療
睡眠が毎日よく取れるようになりました!との嬉しいご報告を頂きました

その後もふらつき、書字困難はあるものの、ご本人も症状の進行を感じる事は無いとの事

更なる改善を目指して継続治療中です

院長不在のお知らせ

カテゴリ:スタッフからのお知らせ

8月25日(土)~27日(月)

学会出席の為 院長不在となります。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

「新脳針」は司令塔

カテゴリ:新脳針(しんのうしん)療法について

新脳針」は頭に針を刺し、微弱電流を流して脳に刺激を与えることで、脳細胞を活性化します。

これによつて神経細胞が修復されたり、再生されるということが起こります。

脳から脊髄へ伝わって、全身の内臓や神経や血管といった患部に働きかけるのです。

腰痛(40代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

1ヶ月ほど前から右腰部に痛みと違和感があり、それがなかなか治らないと来院されました。

まずお話をお伺いすると、最近まで入院しており、ベッド上での生活が1ヶ月程続いたそうで、その後退院してから調子が良くないようでした。

そこで入院時のことをもう少し詳しくお伺いすると、テレビがベッドの右側に置いてあり、それを見るために右を下にして横向きになっている時間が長かったそうでした。

その辺りも踏まえ腰のバランスを見ていくと、やはり骨盤の歪みがあり、脊柱の彎曲も乱れた状態で、脚の長さも左右で違っていました

このような状態では、日常生活においても腰に負担がかかりやすく、痛みも出やすいです。

状態を説明し、身体の歪みがあるとお伝えすると、患者様も「やっぱり」といった様子で納得されたようでした。

治療としては、骨盤・脊柱の歪みを整え、さらに筋肉の張りもアンバランスな状態なので、その辺りも考えて行います。そうすることで整えた骨盤などのバランスが崩れにくくなります。

1度目の治療後、動いた際の違和感が大きく軽減し喜んで頂けました

その後も状態を見ながら通院して頂き、痛みも無くなり、趣味のトレーニングもバリバリと行えるようになったところで治療終了としました

 

骨盤の歪みなどがあると、腰痛は自然と改善していかず、長引いてしまうことが多いです。

なかなか治らない腰痛なども、ぜひご相談下さい。

 

パーキンソン病 鍼治療報告(50代 女性)

カテゴリ:パーキンソン病

三年前、左手を伸ばして物を取ろうとした時に震えが出始め、車を運転中にも左足に緊張が入るようになり、病院で検査を受けたらパーキンソン病と診断。

左手足のこわばり、歩きにくさ、便秘を訴えて来院されました。

初診終了後
帰宅後身体がだるくなり、夜まで横になっていたとの事。
※こういった反応はめんげんと言い、初めて治療を受けられる方にこういった反応が出る事があります。
これは身体が新しい刺激、環境に対して適用しようと動き出している、好転反応なのです。

一日ゆっくり休めば翌日にはスッキリしている事がほとんどですので、大丈夫ですよ

二回目治療後
治療前と比べてこわばりがラク。調子悪いのを忘れている時が出てきました!

三回目治療後
治療に来る時、誰にも追い越される事なくスイスイ歩けました!今までこんな事はなかった!

との嬉しいご報告を頂いています

更なる改善を目指して継続治療中です

▲