患者様の声【症状別】

首が右へ向く…(50代/男性/会社員)

カテゴリ:ジストニア

首が右へ向くようになりジストニアと診断されて、6年が経っておられます。

その間、ボトックス注射を3ヶ月に1回ずっと打たれており、改善の兆しが見られないので当院に来られました。

首が右へ向くので左手に痺れがあり、日常に支障が出てきておられました。

「真頭皮針」を施し、関節「可動域」改善法の治療も併用して受けていただいています。治療後は首がとても楽になり、数字の1が書けたとのこと❗️(今までは震えて書けなかった)

症状の良い日も変わらない日もありますが、全体的によくなってきておられます😊

いつも楽しいお話をありがとうございます。
この調子で一緒に頑張りましょう〜😉

多系統萎縮症による歩行困難(70代/男性)

カテゴリ:その他の難病

当院の関節「可動域」改善法と真頭皮針療法を受診されています。

関節「可動域」改善法では、身体の安定感を出す為に、腹部とハムストリングの筋トレを行っております。

そして首、骨盤、股、膝、足首の調整を行い、少しでも日常生活を過ごしやすいようにアプローチをしています。

(患者様の声)
ふらつきはあるが、身体は安定している、夜のおしっこの回数も減って、起きあがった時の転倒も減りました。

ありがとうございます。

声の調子が良い(過緊張性発声障害/20代/男性/大学生)

カテゴリ:その他の慢性病

ペインスケールを紹介いたします📝

【症状】
声が出しにくい

【通院内容】
2ヶ月
鍼灸・真頭皮針治療を受けていただいてます

【治療回数】
6

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
とても良い

⚫︎心の状態
気持ちが明るい

初診後はあまり変化を感じなかったとのことですが、治療を続けるうちに「声の調子が良くなってきた」とのこと😊

むしろ「悪くなる前の普通の頃に戻った」と仰っていただきました。

週一回のペースでしたが、月一回に変更し、継続して通院していただく予定です😊

喃語のようなものがでてきた(7才/男児/小学生/自閉症)


ペインスケールを紹介いたします
📝

【症状】
発語なし
こだわりが強い
指示が通じない

など、自閉症の症状でお悩み

【通院内容】
4ヶ月
鍼灸・真頭皮針治療を受けていただいてます

【治療回数】
20

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
良い

⚫︎心の状態
笑顔が増えた!

気持ちが明るい

他にも、親御様より「まだ発語はありませんが、喃語のようなものは増えている」とのこと😊

物をかしてと、口パクをするようになったり、首をコクっと頷き、あいさつをしてくれるようにもなりました😊

治療が始まるときに「○○くん横になってね〜」と話すと、すんなり横になってくれたり、話してることを理解するようにもなりました。

少しずつ良い変化が現れているので、週一回のペースでしたが、二週に一回に変更。

これからも○○くんの成長を願っています😊🌟

一緒にがんばろうね😊

四十肩(40代/女性/主婦)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

今回の患者様は、3か月程前に右腕を挙げようとすると痛みが肩にでて、可動域に制限がかかってしまい、洋服を着たり、髪をくしでといたりする動作に支障があるということでした。

治療メニューは関節可動域改善法(JO)を受けられています。

週2の治療を1ヶ月、週1の治療を1ヶ月、現在2週に1回の治療となっております。

最初の1ヶ月で痛みはほぼ取れました。

可動域に関してはすぐに完全にスムーズに動くようになるというのは難しく、2ヶ月目終わった頃に日常生活ではまったく支障のでない程度になってきました。

3ヶ月目になると肩の可動域制限はほぼなくなってます。

現在3ヶ月目は身体の全体のバランスを整える、身体全体の柔軟性をつけるために2週に1回程度通院していただいてます。

もっと関節の動きを良くして、柔軟性をつけ、再発防止のために、治療を頑張りましょう!

小脳萎縮症(68才/女性/主婦)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

68才 女性 主婦

数年前から、ふらつき、喋りにくい、字が書きにくい…などの症状が現れ、検査の結果「小脳が萎縮している」と言われてだそうです。

年々、症状がひどくなってきたとのことで、当院を受診されました。最初は詰めて治療されてましたが、コロナ禍で半年以上治療が空いたにも関わらず、フラつきもほとんど感じず毎日趣味のフラダンスもできているとのことです😊現在、1ヶ月に1回の治療継続中です

腰椎椎間板ヘルニア(50代/女性/会社員)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

10代の時からヘルニアが発症し、現在まで症状は落ち着いていたのですが最近になり痛みがでました。

当院の関節「可動域」改善法を受診されています。

関節「可動域」改善法では、背部の筋肉の緊張を取り除く治療と、関節の可動域を広げ、足首の調整を行なっております。

(患者様の声)

治療後は症状が少し軽減しています。

この調子で通院をして治していきたいと思います。

ありがとうございました

自我がでてきた|発達遅れ(1才/女児)

【症状】
ウエスト症候群による発達おくれ
足をつこうとしない(抱っこのみ)
膝立ち
発語なし×

【通院内容】
約2ヶ月
鍼灸・真頭皮針治療を受けていただいてます

【治療回数】
6

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
とても良い

⚫︎心の状態
笑顔が増えた!

他にも、お顔がしっかりしてきたと感じたり、自我がでてきたとのこと😊

来院時やお帰りの際に「○○ちゃ〜ん😊👋」と呼びかけると、ふにゃっと笑ってくれるようになりました

○○ちゃんのできることが増えて、ご家族の皆さまも幸せでいてくださるよう、しっかりサポートさせていただきます💪☀️

新規患者様からのお問合せ(2021年10月)

カテゴリ:その他の慢性病

10/1 脊髄小脳変性症と3年前に診断。歩きにくく,話しにくく,文字が書きにくい。失禁も月に2回くらいある。便秘もある。
10/1 SCD診断
10/1 20代でメージュ症候群になり、一時は治っていたのですが、今年6月に再発しました。
10/1 脊髄小脳変性症と診断されている。脚のふらつき、字が書きずらい、呂律が回りにくい
10/3 チック症(首ふり、顔のひきつり)とADHD(落ち着きがなく人の話を聞いてられなく集中力がない、大声)があります。
10/4 夜泣き “夜泣き、かんむし
10/4 口のジストニア
10/4 肩こり 肩凝り 首痛い 背中のはり
10/4 肩凝り、首コリ、目眩、食後に胃が動いてないような時があります
10/4 腰痛
10/4 歩きにくい、呂律がまわらない、字が書きにくい
10/8 広汎性発達障害
10/8 自閉症スペクトラム、構音障害(扁桃腺肥大)があります。
10/8 自閉症 喃語のみで単語がまだ出ない、じっとしているのが苦手、睡眠障害
10/8 肩こりがひどいです
10/9 脳梗塞後遺症
10/11 慢性肩こり・左肩の痛み
10/11 腰の椎間板ヘルニア
10/11 パーキンソン病(PD)
10/13 自閉症スペクトラム(ADHD)、知的障害有り
10/13 PVL・てんかん
10/15 慢性肩こり・左肩の痛み
10/15 右耳あたりから肩腕にかけての痺れ痛み、右腰から脚にかけての痛み
10/15 字を書くときに力が入り過ぎて、上手く書けない。手が強ばり痛い。
10/15 パーキンソン病で、手足の震えは少ないですが、足の張りと腰の曲がり、歩行困難になりつつあります。
10/15 1年前の5月頃から急に左臀部に痛みを感じました。脳神経内科ではパーキンソン症候群の可能性があると言われました。
10/16 橈骨神経麻痺
10/17 吃音
10/18 チック症、かんのむし、神経過敏
10/18 腰痛
10/20 痙性斜頸
10/20 知的障害
10/20 2016年パーキンソン病と診断され、左上下肢のこわばりがあり特に歩行状態が不安定で遅くなっている。
10/20 2019年1月に突然発症した、喉のこわばり、それに伴ってえずいてしまう症状
10/20 脊髄小脳変性症という病気を患い、歩行、言語、日常生活などがやりづらくなりはじめています。
10/20 PD 2年前頃より右指の微かな震えが始まりました。
10/20 自閉症のグレーゾーンと診断。コミュニケーションが苦手
10/20 体がだるく、日常がつらい
10/21 PD
10/21 脊髄小脳変性症
10/23 MSA ふらつき、片足上げが出来ない。多系統と診断されました
10/23 抗体陽性視神経炎
10/23 痙性斜頸
10/24 書痙 右手が10年以上前からペンを握るのに苦慮しています。
10/27 腰椎椎間板症
10/29 PVL
10/29 両肩両腕腰の痛みしびれ
10/29 チック 兄弟・チックと吃音

※上記は10月に当院へお問合せ・治療予約を申込された方の症状を一部抜粋して掲載しております。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

症例別治療例ページもご覧ください。

お問い合わせ・ご予約はこちら

舌のジストニア(50代/男性/会社員)

カテゴリ:ジストニア

今回の患者様は、6年程前から喋ると勝手に舌がでてきて、喋りにくいという症状に悩まされているということでした。

診断では「舌のジストニア」といわれているとのことでした。 

治療は、「真頭皮針」を受けられています。

初診で鍼治療を受けられたあと、身体が全体的にラクになり、普段舌が喉に下がって詰まる感じが、治療後あまり感じなくなったということでした。

一回で変化を感じて下さってます。

今回2回目の治療を受けられ、初診時よりも本人さん少し明るくなられたご様子でした。

この調子で症状を少しでも確実に軽減できるよう頑張らせて頂きたいと思います。

SCD 6型(42才/男性/会社員)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

ふらつく、足が突っ張る、たまにめまい…など、2018年頃から症状がでて、病院で母方の遺伝性のSCD6型と診断。

治療開始から半年が経ちましたが、ふらつくものの大きな進行もなく、どこへでも歩いて行動できお仕事も頑張っておられます。

治療間隔を空けながら、進行しないように継続治療中です。

いつも楽しいお話しをありがとうございます😊

上半身の痛み(40代/女性/会社員)

カテゴリ:スタッフからのお知らせ

首肩腕腰の痛みがあり、当院の関節「可動域」改善法を受診されております。

テレワークでキーボード、マウスを使う頻度がかなり増え腕がパンパンになり、肘を伸ばすと痛みがあるそうです。

首肩はパソコン作業が増え運動不足もあり肩コリが悪化し、座ってる時間が長くなった為、腰痛が強く症状として現れてます。

治療としては、肘から腕にかけて可動域を広げ首肩の筋肉を緩め、腰痛に対しては骨盤と足首を調整しております。

(患者様の声)

治療後はビックリするぐらい身体が楽です。

まだまだテレワークも続くのでしっかりメンテナンスしていきます。

ありがとうございます。

治療時の服装について

カテゴリ:スタッフからのお知らせ

「治療のときはどのような格好ですか?」

「着替えなど必要ですか?」

というお問い合わせをいただきます。

治療時の服装は

⚫︎男性
下着1枚(ハーフパンツも履いていただいても問題ありません)

⚫︎女性
キャミソール+ハーフパンツ

という服装で治療を受けていただきます。(症状によりお着替えができない場合などは、臨機応変にご対応いたします)

詳しくはこちらをご覧ください。

基本的には患者様ご自身のお着替えをお持ちいただきたいのですが、お忘れ、もしくはお持ちでない場合は当院でご用意できますので、お気軽にお申し出ください😊

首が右に傾く|痙性斜頸(20代・男性)

カテゴリ:その他の難病


ペインスケールを紹介いたします
📝

【症状】
勝手に首が右に傾く
右肩が上がる
右首に力が入る 
など 痙性斜頸の症状でお困りの患者様

【通院内容】
約2ヶ月
鍼灸・真頭皮針治療を受けていただいてます

【治療回数】
5

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
進行悪化が防げている

⚫︎心の状態
気持ちが明るい!

初診の後、1週間ほど首の症状が楽だったとのこと😊現在、治療をはじめて5回目ですが、「鍼灸治療後は首だけでなく、身体全体が楽」だというお話もしていただきました😊

現在の通院ペースは週1回ですが良い状態ですので来月からは2週に1回のペースに間隔を空けていきます😊

○○様のお身体が、良い状態が続くように、また、日常生活が過ごしやすくなるよう、引き続きサポートいたします❗️💪

慢性腰痛(70代 男性)

カテゴリ:その他の慢性病

◆治療内容
鍼灸・真頭皮針治療
長年、慢性的に腰に痛み、両下肢に重だるさ、つっぱり感があるということでした。

◆スタッフコメント
週1回の治療を5回、2週に1回の治療を2回されて腰痛の症状がだいぶ改善されているそうです。

今後は1ヵ月に1回などメンテナンスになっています。

◆治療のご意見・ご感想
親切にやってくれて安心感がありました

「会話」ができています(^^)|発達おくれ(4才 男児)

◆治療内容
小児鍼灸
言葉おくれ・コミュニケーションがとれない・理解力が乏しい・多動などの症状で通院されております。

最初は大泣きで治療していましたが、半年が経ち、自分からベッドに横になり鍼治療を受けてくれるようになりました(^^)

◆スタッフコメント
回数を重ねることに、2語文、数字、ひらがなをどんどん発するようになり、今では「何たべる?」「おすしー!」といった会話ができるようになっています(^^)

◆治療のご意見・ご感想
はじめは鍼治療を怖がっていましたが、院長先生もスタッフの方々も優しくて、息子も次第に安心した様子で 今ではすんなり受け入れています。

最近は気持ちを表現するようになり(アイス食べたい・お出掛けしたい)

息子と話をするのが楽しいです*^o^*

四十肩の痛み(40代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

肩の痛みで当院の関節「可動域」改善法と鍼灸治療を受診されております。

関節「可動域」改善法では、肩の可動域を広げる治療をし、鍼灸治療では、身体の筋肉を緩める治療を行なっております。

(患者様の声)

初診時よりも可動域がかなり広がり、後ろに手が回るようになっております。

この調子で改善していきたいと思います。

治療時の針も別途費用がかかります

カテゴリ:スタッフからのお知らせ

″治療費以外に使用する針にも費用がかかりますか?″

というご質問をいただきます。

当院で使用する針は

⚫︎使い捨て針(一回:1,100円)

⚫︎個人専用針(半年更新:大人8,800円/小児5,400円)

上記どちらかからお選びいただく内容となり、治療費とは別で費用がかかります。

詳細は使用する針についてをご確認お願いいたします。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください😊

よく走りました!|多系統萎縮症(70代 女性)

カテゴリ:その他の難病

【症状】
多系統萎縮症の症状
ふらつき
腰痛
嚥下
左膝の痛みなど

【通院内容】
約2ヶ月
鍼灸・真頭皮針治療と関節「可動域」改善法を受けていただいてます
進行悪化を防ぐことを目的として治療を行っております。

【治療回数】
10

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
進行悪化が防げている

⚫︎心の状態
笑顔が増えた😊

関節の治療時に靴を変えるよう先生よりお話があり、すぐに買い替え、それ以降膝の調子もよくなったとのこと👟

他にも、先日はご家族で遠方へお出かけされ、よく歩き、よく走られたそうです😊

いつも前向きで明るく笑顔の○○さん!これからも明るく前向きでいてくださるように、精一杯サポートさせていただきます😊💪

右肩の痛み(40代 女性)

カテゴリ:関節「可動域」改善法(JO)

今回の患者様は、目の前のものをとっさに取ろうとした時に右の肩を痛めて、そこから段々肩の関節の動きが悪くなり、腕をあげたり、後ろに動かしたりがスムーズにできなくなってしまったということでした。

痛めてから1ヶ月以上経過している状態で来院されました。 

施術メニューは「関節可動域改善法(JO)」を受けられています。

1週間に一回の治療を始めて1ヶ月たった頃は、痛みはなくなり、可動域も上がってきてるが、まだ怖さがあるのとたまに急な動作をした時に痛くなりそうになる状態でした。

2ヶ月目、2週に一回の治療で、とっさの動きの痛みはなくなり、怖さもなくなったということでした。

現在3か月目、2週に一回の治療後、可動域はほぼほぼ正常に近くなり、痛みは完全に消失、本人さんも大分ラクになってるということでした。

引き続き今度は1ヶ月に一回の治療で、しっかりまた硬くならないように関節の動きをつけていく治療をしましょうとお話してます😌

修学旅行に行きます(^^)|喉の違和感・食欲不振(10代 男児)

カテゴリ:小児の難病・その他

◆治療内容
鍼灸・真頭皮針治療
喉の違和感・食欲不振・お腹の痛みで来院されました

一番辛い症状は
「喉になにか詰まっている」ようで食欲も、元気もありませんでした。

治療3回目から「喉の違和感」はすっかりなくなり
その後、お腹の痛みの治療を行いました。

◆スタッフコメント
注射が大嫌いで、とにかく「針」に対する恐怖からの治療スタート(;^_^
「痛い!痛い!」と言いながらも、がんばってくれました。

お灸もしながら、少しずつお腹の痛みのない日も出てきたりご飯も食べれるように!

修学旅行にも行くとのこと(^^)

◆治療のご意見・ご感想
針がいたい。(ご本人様)
少しずつですが、トイレの回数も減っていて良くなっています。
ありがとうございました(お母様)

頭痛(70代 女性)

カテゴリ:その他の慢性病

頭痛の為、当院の関節「可動域」改善法と鍼灸治療を受診されております。

鍼灸治療では、自律神経を整えるツボと血流の循環を良くする為にお灸の治療を行っております。

関節「可動域」改善法では首と肩甲骨の動きを良くするようにアプローチしております。

(患者様の声)

季節の変わりで体調を壊しやすかったですけど、ここ最近はかなり体調がいいです。

薬も飲まないで生活できております。

ありがとうございます。

球脊髄性筋萎縮症(40代 男性)

カテゴリ:その他の難病

ペインスケールを紹介いたします📝

【症状】
球脊髄性筋萎縮症
歩きにくい
力が入らない
こむら返り など

【通院内容】
約半年
鍼灸・真頭皮針治療を受けていただいてます

【治療回数】
17

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
6回目進行悪化を防げている
11回目良い
16回目進行悪化が防げている

⚫︎心の状態
6回目会話が増えた
11回目気持ちが明るい
16回目気持ちが明るい

また、他にも「少し歩きやすさも感じる」とのこと😊

元々明るく気さくな○○様でしたが、さらに明るくなられたように思います😊

○○様がこれからも毎日明るく前向きに笑顔で過ごせますよう、引き続きサポートいたします💪✨

生後何才から治療可能でしょうか?

カテゴリ:小児の難病・その他

小児疾患でのお問い合わせの際

「生後何才から治療可能でしょうか?」

というご質問を多くいただきます。

当院では、生後40日から治療可能です😊

最初のうちは刺さない針治療「小児はり」から開始し、1才をめどに、徐々に刺す針治療「小児鍼灸」に移行していきます。

お身体の状態や症状によっては、内容が異なる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

皮質性小脳萎縮症(30代 男性)

カテゴリ:その他の難病

2ヶ月程前に皮質性小脳萎縮症と診断されたということで来院されました。

本人様が一番気になるのが、歩行時の「ふらつき」を一番感じる。ということで真頭皮針を受けられています。

現在5回目の針治療を受けられていますが、初回治療時に比べると「ふらつき」が軽くなっているということです。

少しでも良い状態を長く維持できるよう、頑張らせて頂きたいと思っております。

一緒に頑張りましょう。

パーキンソン病(70才 男性)

カテゴリ:パーキンソン病

パーキンソン病と診断されました。

両手の震えと歩行時にフラつく…また、うつ症状もあり全てに落ち込んでおられました。

「真頭皮針」を施し、気持ちが前向きになっていただけるように、いろんなお話をさせていただいてます。

治療開始から3ヶ月が過ぎましたが、表情がとてもよくなられ、すぐに横になりたくなっていたのが現在は、外に出てよく歩かれているそうです😊

「また車を運転できるようになれればいいですね…」と、今日はお出かけされた時のお話しをお聞きしていました😊

現在は2週間に一度の治療ですが、症状が進行しないように、もう少しこの調子で治療を進めていきましょう

お尻の痛み(80代 男性)

カテゴリ:腰・臀部・膝・下肢の症状

当院の鍼灸治療と関節「可動域」改善法を受診されております。

左のお尻から足にかけて痛みがあり、足を引きずって歩行しております。

関節「可動域」改善法での施術は、腰から下肢にかけてゆっくりマッサージをして骨盤を調整しております。

(患者様の声)

痛みはまだまだ残っておりますが、治療後は身体軽く歩行しやすいです。

この調子で通いたいと思います。

最短でのご予約について

カテゴリ:スタッフからのお知らせ

「予約がだいぶ先しか取れないようなのですが、最短で空いてないですか?」

というお問い合わせを多くいただきます。

現在、新規のご予約に関しては

受付時間カレンダー 通りとなっているため

大変恐れ入りますが、「予約空き✖️」となっているところは、ご連絡いただいてもご希望に添うことが致しかねます。

ただ、「キャンセル待ち」でお取りいただくことは可能ですので、ご予約の際に備考欄にご記入ください。

(キャンセルがあり、空きが出た場合は当院からご連絡いたします)

ご理解の程、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

新規のご予約資料請求・お問い合わせ

声が出しづらい(40代 男性)

カテゴリ:ジストニア

【症状】
痙攣性発生障害
声が出しづらい
のどの締め付け感がある

【通院内容】
3ヶ月
鍼灸・真頭皮針治療を受けていただいてます

【治療回数】
11

【ペインスケール】
⚫︎身体の状態
喋るときにのどを締め付けられる感じはまだあるが、喋らないときに締め付けられてた感じは少しずつなくなってきた

他にも腰痛があったが、それは調子が良い

⚫︎心の状態
気持ちが明るい

とのこと😊

少しずつではありますが、良い変化があり私たちも嬉しく思います。
○○様の状態がもっと良くなるよう、引き続きサポートいたします😊✨

機能性発声障害(20代 男性)

カテゴリ:その他の難病

今回の患者様の症状は、声を思うようにだすことができない、喉元が締めつけられるような感じ、首肩がとても凝る、不眠があるということでした。

施術メニューは「真頭皮針」を受けて頂いてます。

一回目の治療後、首肩周りが少しラクになったと仰っておりました。

治療間隔は週一のペースで治療しております。

4回目の治療後は、首肩ほぼ前の様な症状はなくラクに過ごせた、喉元の締めつけ感はない、声もだしやすい、そしてぐっすり眠れているということでした。

とても良い流れで症状が改善していってると思います!

この調子で良い状態が定着してくるよう、治療間隔を空けてもう少し、治療を続けていきましょうとお話してます。

▲