患者様の声【症状別】

脊髄小脳変性症(60代 女性)

カテゴリ:脊髄小脳変性症

6年程前からふらつきとしゃべりにくさを自覚するようになり、
2年位前に脊髄小脳変性症と診断されました。

その後体力的にきつくなり孫の保育園入園に合わせて仕事を辞めました。

神経内科の先生からは治療法がなく定期的に経過観察を繰り返すのみだと言われ、半ば諦めて毎日を過ごしていた時にインターネットで堂島針灸接骨院さんを見つけ治療を受けてみる事にしました。

遠方から通う為一度に鍼灸・真頭皮針治療2回+関節「可動域」改善法をお願いしています。

鍼も整体も初めてで少し不安でしたがスタッフの皆様がやさしく親切に接して下さり痛みや違和感なくスムーズに治療して頂きました。

3回目位から帰る時には足が軽く歩き易くなっているのが感じられています。月に一度の通院ですが、6回目が過ぎた頃病院の定期経過観察で診察室へ歩いて入った時に担当の先生から「普通の人の歩き方やね。全然普通の人と変わらんよ。」と嬉しい言葉をかけて頂き効果が出てきているのだと感謝しています。

まだ日によって調子のいい日と悪い日があるのですが、何とか家事や孫のご飯も毎日こなしています。

これからも月に一度ですが治療を続けていきたいと思っています。

よろしくお願い致します。

▲